GMOとくとくBB WIMAX

GMOとくとくBBでWiMAXを再契約(2回目)する場合、キャッシュバックをもらうことができる?

投稿日:

GMOとくとくBBでは再契約時のキャッシュバックが無いので月額割引がおすすめ

どこでもインターネットに接続ができるようになるモバイル通信はとても便利です。
スマホなどで使っている人は多いと思います。

でもモバイル通信の場合、パケット通信容量の制限などもあり単体で使い続けるのは
ちょっと難しいところがあります。

そこで注目されたのがモバイルルーターです。
特にWiMAXは月間通信容量無制限というサービスが有り、とても人気がありました。

今では後継のWiMAX2+という回線になっていますが、こちらでも月間データ通信容量
上限なしというサービスは続けられています。

しかもWiMAX2+では新規加入者に向けて多くのプロバイダがキャッシュバックの
キャンペーン展開をしていたこともあって、とても注目されていました。

ではこのキャンペーン、一度解約をしてから再度、新規加入をしてももらうことが
できるのでしょうか?

特に大きなキャッシュバックキャンペーンを今でも展開しているプロバイダの
GMOとくとくBBで再度加入できたらとても嬉しいところですが・・・

調べてみると一度キャッシュバックを受け取った人は再契約した場合には
キャッシュバック特典を利用することが出来ません。

ただ同じくGMOとくとくBBで行っている月額割引というキャンペーンは
再契約者でも問題なく利用できるとのこと。

つまり再契約をした場合は月額割引を使ったほうが良い、ということのようです。

GMOとくとくBBで行っているキャンペーンの種類

では現在GMOとくとくBBで新規加入キャンペーンとして展開している特典には
どんな物があるのか確認してみます。

・ キャッシュバックキャンペーン
・ 月額割引キャンペーン
・ 「得の極み」月額割引キャンペーン

この3種類の新規加入キャンペーンが展開されていました。
特にキャッシュバックキャンペーンはかなり高額の特典が利用できると人気があります。

それぞれのキャンペーン特典の内容を更に詳しく確認してみることにしましょう。

キャッシュバックは端末の種類によって金額が変わる

まずは大人気のキャッシュバックキャンペーンから。
宣伝でもわかるように最大42,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

注意点としてはこのキャッシュバック金額は「最大」であること。
どんな人でもこの金額を受け取ることができるわけではありません。

GMOとくとくBBのキャッシュバック金額は契約した時に購入する端末の種類で
変わっていました。

まあ購入と言っても本体価格0円購入なので料金の支払いはありません。
そして最新端末が一番高額のキャッシュバック対象商品になっています。

現在GMOとくとくBBで購入できる端末は4種類。
新規契約でそれぞれの端末を購入した場合のキャッシュバック金額は以下のとおりです。

・ W05 2年契約32,500円 3年契約42,000円
・ WX04 3年契約41,000円
・ W04 2年契約34,000円 3年契約42,000円
・ HOME L01s 2年契約32,500円 3年契約34,500円

WX04には2年契約でのキャッシュバック特典がありません。
それとW05、WX04、W04はクレードルセットになると金額が3,000円少なくなります。

以前はこのような高額キャッシュバックを行っているプロバイダも多かったのですが
最近ではかなり少なくなっています。

その中でこれだけの端末でキャッシュバックを展開しているGMOとくとくBBには
注目が集まるというのもうなずけます。

月額割引は申込みをせずに使える

もう一つのキャンペーン特典、月額割引は何も申し込みをしなくても自動的に適応される
GMOとくとくBBのお得なキャンペーンです。

名前の鳥に月額料金の割引が行われるキャンペーンで、契約期間の月額料金が通常より
かなり安くなっています。

GMOとくとくBBにはギガ放題プランとライトプランの2種類があり、ギガ放題プラン
というのは月間データ通信容量の上限がないプランです。

こちらを選んだ場合、通常4,263円の月額料金なのですがキャンペーン適応されると
最初の2ヶ月間は月額2,590円で使えるようになります。

3ヶ月目からも月額3,344円と安くなるのでかなりお得な印象です。
これは2年契約の場合なので24ヶ月目まではこの金額で使うことが出来ます。

注意点としては契約更新をした場合に適応されないので、25ヶ月目からは通常料金の
月額4,263円になること。

ちなみに3年契約の場合は更に割引が高く、最初の2ヶ月間は月額2,170円です。
その後36ヶ月目までは3,260円とこちらも安くなっています。

契約プラン、年数によって割引が変わりますが端末では変わらないので最新端末でも
安心して契約できるキャンペーンになっています。

「得の極み」キャンペーンは初月の割引に特化したキャンペーン

「得の極み」キャンペーンは月額割引キャンペーンのひとつなのですが、特に
初月の割引に特化したタイプのキャンペーン特典です。

対象となる端末が決まっていて「得の極み」極みコースがW05とHOME L01s
「得の極み」お得コースがW04のみとなっています。

それぞれのコースによってちょっと割引内容が変わっています。
「得の極み」極みコースの場合は特に初月のみに特化しています。

最初の1ヶ月目の月額料金が800円。
2ヶ月目から24ヶ月目までは3,480円というのがギガ放題プランの料金です。

ライトプランの場合は最初の1ヶ月間800円で、2ヶ月目から24ヶ月目までの
月額料金が2,900円になります。

まあ通常料金よりも安いのですが月額割引のほうがちょっとお得という感じも。
では「得の極み」お得コースについても確認してみましょう。

こちらは2ヶ月目までの割引がとても大きくなっていました。
2ヶ月目までは月額800円、3ヶ月目から24ヶ月目までは3,344円です。

やはりギガ放題プランの場合がこの料金ですが、最初が安くなる分だけ月額割引より
トータルコストが安くなります。

ライトプランでも最初の2ヶ月が800円で残りは2,670円とこちらも月額割引より
お得になっていました。

端末がW04限定、2年契約のみのキャンペーンですがかなりお得な印象です。

GMOとくとくBBで再契約はOK

ではキャッシュバック特典を再契約で受け取ることができるかについても
ちゃんと調べてみましょう。

まずGMOとくとくBBでは一度解約して再び同じ人が契約する、再契約については
認められています。

過去にGMOとくとくBBを利用していたユーザーが解約して、再契約することには
問題がありません。

問題になるのは、その再契約時に新規加入者と同じ特典の利用ができるか?
ということです。

基本的に上記のキャンペーンは新規加入者を対象にしています。
つまり再契約(2回目)というユーザーに適応されるのでしょうか?

キャッシュバックは新規加入者のみの特典

キャッシュバックの場合は新規加入者のみのキャンペーン特典です。
つまり再契約者には適応することが出来ません。

再契約をした場合にキャッシュバック特典を受けるためには別の人の名前で
新規加入をする必要があるということです。

例えば家族の名前、結婚しているなら奥さんの名前で加入するという必要があります。
まあその場合はユーザー登録もその人になるのでちょっと問題もありそうですが・・・

GMOとくとくBBの場合はユーザーを契約者名で管理しているので、一度契約をした
という記録がユーザー名で残されているようです。

つまり同じ名前で同じ住所という人が再び新規加入者としてキャッシュバックを
受けることが出来ないということです。

ID管理のプロバイダではできる場合も

ちなみにGMOとくとくBBでは加入者のID管理ではないのですが、他のプロバイダは
新規加入の判断をID管理で行っている場合もあります。

加入者にはプロバイダIDが決められますが、新規加入の判断をIDで行っている場合
完全退会してIDを新しくするとキャッシュバックを受けることができるという状態に。

まあBIGLOBEや@niftyなど他にも多くのサービス提供をしている場合、完全に
退会してIDを新しくすることが難しいということもありますが。

例えば@niftyの場合、WiMAX2+だけサービス停止をして同じ@niftyのIDで
他のサービスを続けて使うということもできます。

この場合にまたWiMAX2+のサービスを始めると新規加入扱いにならないということに。
当然キャッシュバックを受けることが出来ません。

GMOとくとくBBでは新規加入の判断をユーザーIDで行っていないのでこの方法を
使うことは出来ません。

月額割引は再契約の場合でも適応可能

キャッシュバックの注意事項を見てみるとちゃんと「過去に本キャンペーンを受けた方は
対象外」と明記してあります。

更に「過去にGMOとくとくBBと契約され、現在退会済みの方は対象外となります」
という注意事項もあります。

つまり新規加入者でもキャッシュバック利用者でもキャッシュバック特典を受けることは
できなくなるということです。

でももう一つの月額割引にはこのような注意事項の表記があります。
「過去にGMOとくとくBBに入会されていても本キャンペーンはお申込みいただけます」

こちらのキャンペーンでは過去に入会した人が退会して再契約した場合でも特典の
利用ができるのです。

まあ一応過去に未払いなどがないか確認をするので事前にサービスセンターなどに
確認を取るほうが良いと思いますが。

特典の利用条件としては過去に加入していた人でも使えるということです。
つまり再契約の時にはこちらを利用するのがおすすめなのです。

「得の極み」キャンペーンも再契約で使える

ではもう一つの月額割引、「得の極み」キャンペーンはどうなのでしょうか。
こちらも注意事項を確認してみると再契約でも使えるようです。

注意事項には「過去にGMOとくとくBBにご入会されていても本キャンペーンは
お申込みいただけます」とやはり明記されています。

こちらも再契約をした場合でも適応させることができるキャンペーンでした。
でも同じ様に一応サポートダイヤルに電話確認を、とも記載がありました。

普通に使っていたユーザーなら問題はないと思いますが。
再契約の場合は一応確認をしてみることをおすすめします。

月額割引と「得の極み」はどちらがお得になるのか

再契約するときのおすすめは月額割引ということがわかりました。
ではその月額割引の2種類はどちらのほうがお得になるのでしょうか。

一応「得の極み」キャンペーンは月額割引の一つとなっているようで。
確かにどちらも月額料金の割引が一定期間続くというキャンペーンです。

この2つのキャンペーンはどちらを使うほうが良いのでしょうか?
よりお得に使えるのはどちらの特典かを調べてみることにしましょう。

月額割引は端末や契約期間に関係なく使えるキャンペーン

まず普通の月額割引を調べてみることにします。
こちらは契約期間や端末など何も関係なく利用できるキャンペーン特典です。

2年契約の場合は24ヶ月目までの月額料金の割引、3年契約の場合は36ヶ月目まで
割引期間がちゃんとあります。

ギガ放題プラン、ライトプランのどちらでも使えますし端末はどれを選んでも
適応することができます。

割引金額だけを考えると3年契約をしたほうが月額料金の割引額も大きくなります。
当然割引される期間も長いのでお得になる、ということなのですが・・・

3年間の継続契約をすることに対するデメリットはなにもないのでしょうか。
GMOとくとくBBの3年契約についてちょっと調べてみましょう。

GMOとくとくBBの3年契約はお得になるか

GMOとくとくBBで3年契約をした場合、特典としてLTEオプションが
無料になるというメリットがあります。

LTEオプションとはWiMAX2+の端末でau回線のLTEを使った場合に必要な
オプション料金のことです。

WiMAX2+とauは親会社が同じKDDIなので、色々な提携を行っています。
その一つがWiMAX2+端末でauのLTE回線に接続ができることです。

WiMAX2+は山間部や地下街など一部地域で電波状況が悪くなりやすいです。
そんな時にauのLTE回線を使えば安定したネット接続ができるようになります。

ただしこのauのLTE回線を使う場合、申込みなどはいらないのですが
使った月には一律1,005円のオプション料金の支払いが必要になります。

使ったデータ容量ではなく、一度でも接続したら1,005円です。
しかもau回線はギガ放題プランでも上限7GBなので、速度制限がかかります。

更にau回線で速度制限がかかった場合にはWiMAX2+回線も速度制限されます。
ちょっとリスクがありますが、サブ回線としてはかなり優秀だと思います。

そしてこのLTEオプション料金がGMOとくとくBBで3年契約をした場合には
無料になるのです。

7GBという上限に気をつければ優秀なサブ回線を無料で使えるというのはちょっと
魅力的な条件だと思いました。

GMOとくとくBBのデメリットは違約金の高さ

とても魅力的なLTEオプション無料ですが、デメリットとしては違約金が高い
という大きな問題点があります。

3年契約をした場合、最初の1年で解約したら解約違約金が18,000円必要です。
他のWiMAX2+プロバイダに比べてもGMOとくとくBBは高いと思います。

更に2年目の解約違約金も14,000円とそれなりに高額です。
3年目の契約更新月までに解約すると9,500円と普通の金額になります。

つまり長期契約をした場合の途中解約のデメリットがとても高いのです。
まあ基本的にWiMAX2+は全国で使えるので引っ越しでも解約の必要がないのですが。

もう一つのデメリットとして端末の交換時期があります。
WiMAX2+のモバイルルーターは大体2年で新しい端末が発表されます。

3年契約をするとルーターの交換時期がちょっとずれてしまうのです。
しかも最新端末はかなり性能が高くなるのが今までのパターンです。

現在のモバイルルーターも最新端末は最初から下り758Mbpsという高速通信に
対応している商品でした。

それまでの下り最高速度が440Mbpsだったのを考えるとかなりの性能アップです。
まあ以前の端末でもファームウェアの更新で高速通信に対応できる端末もあるのですが。

この様に契約期間が長くなることのデメリットもあるので、契約は慎重に
考えることをおすすめします。

「得の極み」キャンペーンはお得になるのか

ではもう一つの「得の極み」キャンペーンについても確認してみることにしましょう。
こちらは特に契約した初月の割引に特化したタイプのキャンペーン特典です。

特徴として契約期間は2年間限定。
3年契約で適応させることが出来ません。

それにコースが2種類あって、それぞれのコースは適応できる端末が決まっています。
端末を選ぶとそのままコースを選ぶことになります。

最新端末のW05とホームタイプのHOME L01sは「得の極み」極みコース。
W04を選んだ場合には「得の極み」お得コースになります。

それぞれのコースでちょっとずつ月額料金や割引金額なども変わるので、それぞれの
コースの特徴を改めて確認してみることにしましょう。

「得の極み」極みコースの内容

「得の極み」極みコースは特に契約初月の割引に特化したタイプの月額割引です。
1ヶ月目の月額料金だけ800円というかなりの低価格で利用することが出来ます。

通常のGMOとくとくBBのWiMAX2+の月額料金は4,263円なのでその割引率を
考えるとかなりお得になっています。

ただし2ヶ月目以降はギガ放題プランの場合は月額3,480円、ライトプランの場合は
月額2,900円になります。

通常の月額割引のギガ放題プランは月額料金が3,344円なので、それよりも月額料金は
高いということに。

1ヶ月目だけの割引に特化しているので実は2年間の総支払額も月額割引よりも
高いという結果になります。

まあ最初の支払いがとても安い、ということで導入のハードルが下がるという
メリットは有ると思いますが・・・

ちなみにGMOとくとくBBは申込みをしてから端末発送の月では支払いが
日割り計算になります。

そして日割り計算に利用されるのは契約したプランの初月の料金です。
つまり「得の極み」キャンペーンの場合は800円で日割り計算されます。

月の頭に端末発送してもらって日割り計算の月を多く使えるならもう少しお得になる
という感じでしょうか。

「得の極み」お得コースの内容

次に「得の極み」お得コースについても詳しく確認してみることにしましょう。
こちらは端末が一つ前の型、W04限定のコースです。

最新端末ではないのですが、ファームウェアのアップデートで高速通信に対応できる
中々使いやすい端末です。

キャンペーン特典の内容としても割引金額などかなりお得になっているので
使いやすいキャンペーンだと思います。

こちらは同じく月800円になるキャンペーンなのですが、適応期間が2ヶ月目まで。
つまり2ヶ月間800円で使うことができるのです。

更に3ヶ月目以降の月額料金も3,344円と通常の月額割引と同じ金額です。
2ヶ月目までの料金がとても安くなる分だけこちらの方がお得です。

当然端末発送の月にも月額800円の日割り計算なので実質3ヶ月分の月額料金が
かなりお得になっています。

デメリットしては端末が最新型ではないこと。
やはり一つ前の端末だと総合的な性能は大きく変わってきてしまいます。

ただ2年間限定でお得に使うならこちらのコースもおすすめできます。

GMOとくとくBBは最短即日発送可能

「得の極み」キャンペーンをおすすめする理由の一つにはGMOとくとくBBの
端末発送の速さもあります。

普通のプロバイダでは契約申し込みをしてから支払方法の確認をして、支払い方法が
確定した翌営業日に端末発送の手続きをするというのが一般的です。

つまり契約申し込みをしてから発送までに少し時間がかかり、最短でも3日間くらい
長い場合は1週間程度の期間が必要になります。

でもGMOとくとくBBの場合はこの発送までの期間がとても短く、最短即日発送も
可能ということです。

まあ即日発送には条件があり、申し込み時間が遅い場合には翌日の発送になります。
翌日発送でも十分に早いと思うのですが。

そして早く手元に届けばそれだけお得に使えるようになります。
GMOとくとくBBでは端末発送した月は初月利用料金の日割り計算になります。

「得の極み」キャンペーンならこの端末発送の月の月額料金も初月同様に800円での
日割り計算なのでとてもお得になります。

契約するタイミングを考えれば「得の極み」キャンペーンはとてもお得だと思います。

GMOとくとくBBの継続契約はおすすめしない

再契約で利用できるキャンペーンがある、という理由もあるのですが基本的に
GMOとくとくBBの継続契約はおすすめしません。

2年や3年契約をした場合、契約更新月に解約手続きをしなければそのまま継続契約で
更に2年間や3年間の契約が続行されます。

でもGMOとくとくBBでは継続契約では月額料金の割引が継続されません。
普通の月額料金での利用になります。

つまり月額割引でも「得の極み」キャンペーンでも特典の利用期間が終了したら
月額料金は4,263円になるのです。

キャンペーンがどの様になっているのか、3年後はわかりませんがどっちにしても
通常料金での支払いは高いと思います。

現状、月額割引が再契約でも利用できることを考えると継続契約をする意味は
ほとんど無いと思います。

契約更新月を忘れないようにして、必ず一度解約することをおすすめします。

端末も無料なので解約後の再契約がおすすめ

もう一つ、再契約をおすすめする理由として端末料金0円という理由があります。
GMOとくとくBBでは端末代金が0円購入可能です。

新規契約の場合、端末代金の割引による実質無料ではなく端末代金0円購入での
完全無料の端末購入が可能です。

つまり解約して再契約すると端末も最新端末を0円購入できるのです。
端末買い替えなどの手間や余計なコストが必要ないのです。

まあWiMAX2+は多くのプロバイダで端末0円購入が可能なので、これは
GMOとくとくBBに限ったことではないのですが。

お得に契約するためにも端末に余計なコストをかけずに入手できる再契約を
おすすめしたいと思います。

基本的に再契約ではキャッシュバックの利用ができない

知恵袋などの質問サイトでもキャッシュバックと再契約に関する質問が見られました。
やはり解約再契約でキャッシュバックが受け取れるかは気になるところのようで。

基本的には再契約をしても一度キャッシュバックを受け取っている場合には
キャンペーン自体に参加ができなくなっています。

GMOとくとくBBに限らずキャッシュバック特典の注意事項はキチンと読みましょう。
ただしちょっとした例外も。

結婚をして名字と住所が変わった女性が同じプロバイダのキャッシュバックを
利用することが出来たという報告がありました。

まあGMOとくとくBBのようにプロバイダIDではなく名前と住所で新規加入者の
管理をしている場合でもこれは新規加入者になるかと。

プロバイダで戸籍を調べれば同一人物だとわかるのですが、そこまで調べて
キャッシュバックを適応させるプロバイダはいないと思います。

こんな方法が使える人は少ないと思うので、基本的にはキャッシュバックを
利用できるのは一度限りだと思います。

再契約でも利用できる月額割引を使うほうがGMOとくとくBBの場合はおすすめです。
ただし契約期間と更新月には十分に注意しましょう。

-GMOとくとくBB WIMAX

Copyright© WIMAXキャッシュバックのオキテ , 2018 All Rights Reserved.