Broad WiMAX

Broad WiMAXで申し込みをする場合に口座振替は使える?

投稿日:

Broad WiMAXで口座振替の支払いは安くないのでおすすめしない

最近ではかなりユーザーも増えてきたのがモバイルルーターです。
利用可能地域も広くなり、かなり多くのプロバイダでサービス提供されています。

一般的になってきたのと引き換えにサービス提供の便利さから支払い方法に
口座振替が選べるプロバイダが少なくなってしまいました。

理由としてはモバイルルーターは回線工事が必要なく、契約後すぐにインターネットに
接続できるというメリットがあります。

それを最大限に活かすためには契約手続き後すぐに端末発送をすることが必要で
そのためには支払い方法の確定がすぐにできるクレジットカード支払いが便利です。

契約後すぐにインターネット接続ができるという特徴を活かすために多くのプロバイダで
契約申し込みにクレジットカードが必須、という状況になりました。

特にサービス提供しているプロバイダの多いWiMAX2+では、口座振替ができる
プロバイダがとても少なくなってしまいました。

そんなWiMAX2+提供プロバイダで今でも口座振替が使えるのがBroad WiMAXです。
クレジットカードを使いたくないと言うならとても便利なのですが・・・

私個人としては口座振替でWiMAX2+を使う場合にBroad WiMAXはおすすめしません。
理由はあまり安くならないから。

口座振替でもお得に使えるプロバイダは、まだまだ探せば見つかります。
Broad WiMAXをおすすめしない理由を説明したいと思います。

口座振替だと初期費用18,857円が高い

Broad WiMAXの特徴としては月額料金がとても安く、業界最安値クラスという
宣伝もされているほど魅力的な月額料金です。

それはたしかに魅力的なのですが、月額料金以外に何故か初期費用という料金が
必要になります。

他のプロバイダでも回線契約なので事務手数料は必要になります。
これはどこでも3,000円かかるのですが・・・

Broad WiMAXの場合はこの事務手数料の他に初期費用18,857円が必要です。
プロバイダの説明では回線契約に必要な費用ということですが。

一応Broad WiMAXではこの初期費用の料金を割引するキャンペーンも
展開されているのですが、その条件としてクレジットカード支払いがあります。

つまり口座振替で申し込みをすると事務手数料や消費税を含めて2万円以上の
料金がいきなり必要になるということです。

端末発送が代引きで手数料がかかる

Broad WiMAXで口座振替の申込みをした場合にお得にならないのが端末の
発送が代金引換になり、その手数料がかかること。

しかも端末の本体価格自体は0円なのに、この代引きの配送で初期費用と
事務手数料の支払いが必要になることです。

クレジットカードでの申込みなら初期費用はなし、事務手数料も最初の
月額料金引き落としと同時に支払いが可能です。

端末も代引きではないので代引き手数料がかかりません。
口座振替では端末到着と同時にかなり多くの出費があるのです。

支払いが必要という理由のわからない初期費用に加えて代引き手数料までかかる。
かなり理不尽な感じのする口座振替です。

端末の即日発送はクレジットカード申込みのみ

Broad WiMAXの特徴として端末の即日発送ができる、というのがあります。
申し込み当日に端末の発送手続きができるというものです。

WiMAX2+回線は端末が届けばすぐにでもインターネット接続ができるので
端末発送が早ければそれだけ魅力的です。

でも口座振替の場合は口座の審査があるので当然契約した当日に端末発送が
出来ないのです。

つまりBroad WiMAXに限らず即日発送のサービスはすぐに支払い方法の確定が
できるクレジットカード申込みのみです。

まあ口座振替でも完全に支払い方法の確定ができるまで端末発送をしない
というところは少ないので、1週間程度で手元に届く場合は多いです。

Broad WiMAXでもそれくらいの時間がかかると思いますが・・・
即日発送のサービスはクレジットカードでの申込みのときのみのサービスです。

実際に口座振替では他のプロバイダよりお得にならない

一応理由としてはいろいろと考えられるのですが、正直に言うと普通にお得にならない
という理由がとても大きいです。

Broad WiMAXの魅力としては月額料金が安く、お得に使えるというのが契約するときの
大きな理由になるはず。

そのお得になるという理由が口座振替ではなくなってしまうのがかなり大きなダメージで
口座振替のプロバイダとしてBroad WiMAXを選びたくない理由です。

確かに口座振替でも月額料金が変わらず、一見するとお得に使えるように思えます。
でも色々なコストがかかって、実際にお得にならないのです。

では口座振替でBroad WiMAXに加入した場合の支払総額を確認してみます。

口座振替対応は月額最安ギガ放題プランのみ

口座振替に対応しているプランは月額最安ギガ放題プランです。
一応月額最安ライトプランでも対応していますが、今回はギガ放題プランで計算します。

Broad WiMAXでは月額最安ギガ放題プラン以外にもauスマホ割プランの提供が
行われていますが、口座振替に対応しているのはコチラだけです。

契約期間は3年間限定、月額料金も少し変わってきます。
実際に3年間に支払う金額を確認してみましょう。

まず月額料金は端末配送月が最初の1ヶ月目の料金の日割り計算。
2ヶ月目までは月額料金が2,762円です。

その後3ヶ月目から24ヶ月目までは3,411円、25ヶ月目から36ヶ月目までは4,011円
という月額料金になります。

これを計算すると5,524円+75,042円+48,132円の合計128,698円です。
3年間の月額料金だけを考えるとこの料金はかなり安いと思います。

ただしここに口座振替の場合は初期費用18,857円に事務手数料3,000円が加わります。
これが加算されるだけでも150,555円とあまり安くなくなります。

更に口座振替の場合は口座振替の手数料が毎月200円必要です。
これが36ヶ月で7,200円、合計すると157,755円まで上がります。

これに端末の代引き手数料と消費税、それに端末配送月の日割り計算の利用料金も
必要になります。

単純にこの金額の月平均の金額を出してみると約4,382円という計算になります。
他のプロバイダで加入してもこれほどの月額料金にはなりません。

これを考えるとかなり高くなってしまうので、私としては口座振替でのBroad WiMAXへ
加入申し込みをすることにあまり賛成出来ないのです。

口座振替対応のプロバイダが少ないのも事実

ただ現状としてWiMAX2+提供プロバイダに口座振替を行っているところが少ない
という事実もあります。

口座振替を使いたい時に選ぶことができるプロバイダが限られてしまうこと。
その中で月額料金を考えるとBroad WiMAXという選択肢になる人も多いのかと。

実際に大手プロバイダでも口座振替に対応しているところは少なくなっています。
特にWiMAX2+回線の支払いはクレジットカード必須というプロバイダもあります。

大手プロバイダになるとWiMAX2+以外にもインターネット回線接続サービスを
提供しているところは多くあります。

フレッツ光などの提供をしているプロバイダがWiMAX2+も提供しているという
場合も多いのですが、このフレッツ光は口座振替可能という場合も多いです。

最近までWiMAX2+でも口座振替を行っていた@niftyはフレッツ光の提供も
行われていますが、光回線の支払い方法には口座振替を選ぶことが出来ます。

でもWiMAX2+は2017年で口座振替の対応を終了しています。
現在は@niftyでWiMAX2+に加入する場合はクレジットカードが必須です。

今後もこのようなプロバイダが増えることは予想できるので、今でも口座振替に
対応しているBroad WiMAXは実はとても貴重なのかもしれません。

UQ WiMAXの口座振替での月額料金を確認してみる

今でも口座振替に対応しているプロバイダの月額料金を比べてみることにします。
UQ WiMAXで口座振替での申し込みをした場合の月額料金を計算してみます。

UQ WiMAXの特徴としては口座振替でもWEBサイトから申し込みができること。
一般的に口座振替の場合は必要書類の提出があるので郵送が基本です。

でもUQ WiMAXなら本人確認書類の写しなど全てをWEB上で行えます。
つまり免許書のコピーなどが必要ないのです。

そのために端末発送までの時間が他のプロバイダの口座振替よりも早く、最短では
3日後には発送されるということです。

プランに関してはBroad WiMAXと同じギガ放題プランの3年契約で計算します。
端末はW05を選んだ場合で計算してみます。

端末をW05にするのは他の端末の場合、UQ WiMAXではキャッシュバックの対象に
なっているためにちょっと金額が変わるためです。

ちなみにWX04ならキャッシュバックが5,000円、ホームタイプのL01sなら1万円の
キャッシュバックが行われています。

では実際にUQ WiMAXで3年契約をした場合の料金がどうなるのか。
計算してみることにしましょう。

UQ WiMAXで3年契約を口座振替で申し込んだ場合

まず月額料金ですが最初の3ヶ月は3,696円です。
日割り計算などされず課金開始日を含む月が1ヶ月目となります。

つまり月のはじめに申し込みをするほうが日数の無駄なく使えるということでしょうか。
契約期間は37ヶ月、3年後の契約した月までが契約期間になります。

3ヶ月過ぎた後は37ヶ月目まで月額4,380円です。
まずはこの月額料金だけを計算してみます。

11,088円+148,920円の合計160,008円が月額料金の合計です。
ただしこちらは端末代金が別に必要になります。

UQ WiMAXの場合は端末代金が本体0円ではなく割引されて800円です。
そして端末発送が代引になり、代引き手数料はユーザー持ちです。

それと事務手数料が必要なので3,000円かかります。
端末代金と事務手数料を加算すると163,808円になります。

ちなみにUQ WiMAXでは口座振替の手数料がかからないというメリットがあります。
つまり3年間の支払総額はこれに消費税と代引き手数料だけです。

月平均を出してみると約4,427円、契約期間が1ヶ月長いので月平均を出してみると
Broad WiMAXとほとんど変わらなくなりました。

つまり月額料金が魅力のBroad WiMAXですが口座振替の申込みではその魅力が
他のプロバイダと変わらなくなってしまうという状態になるのです。

サポートを考えるとUQ WiMAXのほうがおすすめ

月額料金がほとんど変わらないなら私としてはサポートのしっかりとしている
UQ WiMAXをおすすめします。

Broad WiMAXでもサポートダイヤルはあるのですが、あまり評判が良くなく
万が一の時を考えると本家と言われるUQ WiMAXのほうがおすすめです。

UQ WiMAXはWiMAX2+回線を提供しているUQコミュニケーションズが
行っているプロバイダなのです。

回線提供元が行っているプロバイダサービスなので本家、という言い方も確かに
合っていると思います。

最新端末にこだわらなければキャッシュバックも利用できるのでUQ WiMAXのほうが
口座振替でも申し込みがしやすいと思いました。

もう一つの口座振替対応プロバイダのBIGLOBEも調べてみた

一応現在口座振替でWiMAX2+の申込受付をしているプロバイダがあります。
それがBIGLOBEです。

現在ではこの3社だけがWiMAX2+申込みで口座振替を選ぶことができる
プロバイダなのです。

ということで最後の一つ、BIGLOBEで口座振替の申込をした場合も
確認してみることにしました。

BIGLOBEの場合は口座振替でもキャッシュバックか月額料金の割引を選んで
特典を利用することができる様になっています。

口座振替でもキャッシュバック、しかも15,000円というそれなりに高額の
キャッシュバックが利用できるのはちょっと嬉しいところです。

ただクレジットカードでの申込みならキャッシュバックが30,000円なので
半額まで下がってしまうというのはちょっとさみしい所。

一応月額料金割引もあるので、今回はBroad WiMAX似合わせて月額料金割引での
特典を利用した支払総額を計算してみます。

BIGLOBEの3年間の支払総額

月額料金割引は契約期間3年間で総額4万円以上と説明されていました。
まず契約した月は月額料金が無料になります。

契約プランはBroad WiMAXと同じギガ放題プランの3年契約で端末はW05。
BIGLOBEの場合は3年プランに対応している端末を選んだ形です。

契約した月は月額料金が無料、翌月が1ヶ月目になります。
そして2ヶ月目までの月額料金は3,145円とかなりやすくなっています。

3ヶ月目から24ヶ月目までは代引き手数料と端末代金の割引が含まれて
月額3,830円になります。

25ヶ月目から36ヶ月目までは長期割引のみで月額4,380円です。
合計金額を計算してみます。

6,290円+84,260円+52,560円の合計143,110円となりました。
これに事務手数料3,000円と端末代金4,800円がかかります。

更にBIGLOBEでは口座振替の手数料も必要で、毎月200円が加算されます。
3年間で7,200円となり、その全てを加算してみます。

合計158,110円が3年間の支払総額になりました。
こちらも消費税と代引手数料が別途かかります。

こちらも月平均を出してみると約4,391円とやはりBroad WiMAXとほとんど
変わらない料金になりました。

端末代金が実質0円なので途中解約の違約金が高くなる

BIGLOBEでもBroad WiMAXとあまり変わらない月平均の月額料金ですが
こちらは端末代金が本体0円購入ではありません。

月額料金割引金額の中に端末代金分割支払分の割引が含まれているので
途中解約した場合には未払い分の端末代金の支払いが必要です。

その分の解約違約金が高くなるので注意が必要です。

公式サイトの4万円以上の割引金額という説明も、この端末代金分の割引が
含まれているので実際にはそれほど安くならないという印象です。

キャッシュバックも15,000円なのでどちらが良いか、正直微妙なところですが。
ちなみに受け取りは6ヶ月後なので忘れにくく受け取りもしやすいです。

支払い方法を口座振替に変更する方法

Broad WiMAXに口座振替で申し込みをするのはおすすめできませんが、現在使っていて
支払い方法を口座振替にすると言うならそれほど問題はないかと。

まあ振替手数料の200円が毎月かかるので、せっかく安い月額料金の魅力が少しなくなる
という状態ですが。

支払方法の変更は会員専用サイトから簡単に行うことができます。
会員IDとパスワードで専用サイトにアクセスして、後は契約内容の確認をします。

支払方法の確認から、支払方法の変更を選ぶことができるのでそれを選んだら
確認画面から決定を押して内容変更の送信をします。

後はBroad WiMAXから口座振替に関する書類が郵送されるので、それを記入して
返送すると口座振替の手続が終了します。

口座振替で申し込みをした場合もこの書類での手続きが必要になるので、実際に
端末発送までに時間がかかることになります。

口座振替には審査が必要なので、時間がかかることを覚えておきましょう。

Broad WiMAXは口座振替に対応しているプランが少ない

Broad WiMAXではこの様にWEB上から口座振替の手続きができるのですが
実際に口座振替に対応しているプランがとても少ないのです。

というか月額最安ギガ放題プラン、月額最安ライトプラン以外では口座振替を
選ぶことが出来ません。

現在auスマホ割ギガ放題プランも提供されているのですが、こちらは
auスマートバリューへの加入が必須で、クレジットカード支払いのみです。

つまり支払い方法の変更はできるのですが、口座振替に対応しているプランを
契約していないと変更は出来ないのです。

実際にとても多くのプラン提供をしているBroad WiMAXですが、口座振替では
選択肢はほとんどありません。

この辺りも口座振替でBroad WiMAXをおすすめできない理由の一つです。

クレジットカード申込みならBroad WiMAXはおすすめできる

口座振替でのサービス内容はあまりおすすめできたものではありませんが
クレジットカードで申し込みをするならどうなのでしょうか。

クレジットカードの場合は普通に月額料金が安いプロバイダとしてそれなりに
おすすめしやすいのがBroad WiMAXです。

実際に口座振替とは違って初期費用の18,857円が無くなる可能性もあります。
事務手数料などを代引きと一緒に支払う必要もありません。

月額料金が安いのは事実ですし、他にも選べるプランが増えるというメリットもあります。
クレジットカードならそれほど悪くない、という気もしますが・・・

ただし初期費用がなくなるキャンペーンはちょっと注意が必要になります。
実は必要条件に有料オプションの加入が含まれているからです。

安心サポートプラスとMy Broadサポートの加入が必須

初期費用が無料になる条件としてWEBからの申込み、クレジットカード支払いという
条件以外に有料オプションの加入があります。

申込みの時に指定のオプションに加入するという選択をしていないと初期費用が
0円にならないので注意が必要です。

その加入条件になるオプションは安心サポートプラスとMy Broadサポートの
2種類の有料オプションです。

安心サポートは月額550円、My Broadサポートは月額907円のオプションです。
合計1,457円という中々の月額料金が必要になります。

これらのオプションサービスの内容も調べてみることにしましょう。

安心サポートプラスは水漏れまで含めた端末の保証サービス

安心サポートプラスは端末が故障した場合の保証サービスで、水漏れまで範囲に
含まれているサービスです。

それだけ読むとかなり良心的な保証ですが、実は全ての水漏れに対応できるのではなく
実際はプロバイダの判断に委ねられるのです。

つまりプロバイダが過失ではない水漏れだと判断した場合に修理代金の保証が
行われるということです。

それに通常の保証でもユーザーの加湿による破損などは保証対象外です。
落下などによる破損、故障は対象外になります。

基本的にこの保証では「説明書通りに使っていた時に故障した場合に保証」が
できるというサービスです。

一応水漏れにも対応してくれるのですが、確実に保証できるわけでもありません。
サービス内容としてはちょっと微妙な感じのする保証です。

遠隔操作を含めたパソコンなどのサポートとメールサービスがMy Broadサポート

My BroadサポートはBroad WiMAXが行っているトラブル解決サポートサービスで
同時にセキュリティの高いメールアドレスサービスも利用できます。

トラブルサポートは遠隔操作を含めた解決方法を365日いつでも受け付けることができる
というサポートです。

パソコンに限らず通信関係、インターネット接続などの疑問に対してもサポートを
受けることができるサービスです。

プリンターの接続などインターネット通信に関係ないことでも相談ができるので
パソコン初心者にはかなり安心できるサポートです。

ただ普通にパソコンが使える人には全く意味がないサポートです。
メールアドレスが使えるのは嬉しいですが、普通他のプロバイダのメアドがあるかと。

それに最近ではLINEがメインなのでプロバイダのメアドを使っていないという人も
多く、フリーメールで十分という人にはいらないサービスです。

初心者の方にはかなり安心ができるのでおすすめですが・・・
こちらもかなり微妙な印象がありました。

申込み後解約しても問題なし

ちなみにこれらのオプションサービスは申込時に加入することが条件なので、加入後に
有料オプションの解約をしても初期費用無料の適応がされます。

そして有料オプションは最低利用期間がないので契約後すぐに解約しても問題なく
余計な月額料金を払わないためにすぐに解約しても問題ありません。

まあサポートサービスなので契約を続けても問題はないと思いますが。
ちなみに故障修理はメーカー保証が使えるので1年間は無償修理が可能です。

メーカー保証はどこのプロバイダの契約でも問題なく使えるので、Broad WiMAXで
安心サポートプラスに加入する必要はほとんどありません。

故障のときにも全国のauショップで対応してもらえるので、こちらの持ち込めば
プロバイダに郵送などする時間も省くことができます。

ただしメーカー保証は1年間のみ、安心サポートプラスは契約している間ずっと
保証が受けられるという違いがありますが。

でも安心サポートプラスも利用できるのは半年に一度、保証を受けた後は6ヶ月間
保証の適応が出来ないので注意しましょう。

質問サイトの回答なども確認してみる

Broad WiMAXに関してはかなり疑問を持っている人も多いようで。
質問サイトでも口座振替に関する質問をしている人を見かけました。

そこで回答例も合わせて確認しておくので、疑問の解消に役立ててください。

口座振替の指定口座をWEB申込みで記入しなかったけど?

ネット上では申し込み手続きだけで口座振替に関する書類は後日郵送。
その書類に記入して返送してから審査が始まるので端末発送はちょっと遅い。

Broad WiMAXの初期費用って口座振替では無料にならない?

Broad WiMAXの初期費用が無料になる条件はクレジットカード支払い。
有料オプションの加入も条件だから口座振替では無料にならない。

Broad WiMAXに申し込んだら別の会社から引き落とされたけど?

口座振替では別会社のリンクライフが引き落としを行う。
通帳記入などで記載される引き落とし先は違うので注意。

月額料金の安さに惹かれてBroad WiMAXに申し込みを希望する人も多いのですが
初期費用がかかるというデメリットは十分に注意が必要です。

まあ口座振替に対応しているプロバイダ自体が少なくなっているのも事実ですが。
色々とお得に使えるプロバイダやその方法を調べることをおすすめします。

-Broad WiMAX

Copyright© WIMAXキャッシュバックのオキテ , 2018 All Rights Reserved.