Broad WiMAX

Broad WiMAXってプロバイダの評判はどう?

投稿日:

Broad WiMAXは月額料金の安さが魅力でサポートに不満が多い

モバイルルーターは今とても注目されているインターネット通信の一つです。
屋外でも気軽にインターネット接続ができるようになるアイテムとして人気です。

テレビCMでも多く見る事ができるようになり、知名度も上がってきて多くの
プロバイダからサービス提供が行われるようになりました。

特にWiMAX2+回線はかなり多くのプロバイダから提供されている回線なので
どこのプロバイダを選ぶのかはとても重要になります。

プロバイダによってサービス、というか月額料金などの違いがあるので
お得なプロバイダで契約するとかなり便利に安く使えることができるようになります。

そんなWiMAX2+提供プロバイダの一つ、Broad WiMAXはかなり安い月額料金が
魅力のプロバイダなのですが・・・

このBroad WiMAXの評判はどうなのでしょうか?
実際に使ってみたユーザーはBroad WiMAXをどう思っているのでしょうか。

ちょっと調べただけでも意見は色々で、確かに安く使えるという意見もあるのですが
サポートに不満を持っているという意見も多く見られました。

そんな意見を確かめるためにBroad WiMAXについてもっと詳しく確認して
評判を確かめてみることにしました。

Broad WiMAXの月額料金は業界最安値クラス

まずはBroad WiMAXというプロバイダの特徴について確認していきましょう。
大きな特徴としては月額料金が業界最安値クラス、と宣伝していること。

実際に月額料金を確認してみると、確かに契約してから2ヶ月分くらいの
月額料金は2,726円とかなり安い金額で使うことが出来ます。

現在では少なくなりましたが、WiMAX2+のプロバイダはキャッシュバックを
展開している所も多くありました。

新規加入特典としてキャッシュバックを受けられるという魅力があるのですが
Broad WiMAXでは現在キャッシュバックを行っていません。

その代りに月額料金がとても安く、その魅力に惹かれてBroad WiMAXを選ぶ
という人も多いようです。

Broad WiMAX独自の初期費用がかかる

もう一つ特徴的なものとしてはBroad WiMAX独自の初期費用というコストが
新規加入時に必要になります。

他のプロバイダでも回線契約をするので事務手数料3,000円が必要になります。
これはBroad WiMAXに限らずどこのプロバイダでも同じです。

でもBroad WiMAXの場合はこれに加えて初期費用18,857円が必要になります。
一応キャンペーンの適応で初期費用無料という特典もあるのですが・・・

はっきり言って何に使われるのか分からない初期費用というコストがかかるので
この部分はちょっと評判が悪いです。

当然返却されるなどありませんし、支払うならせっかく安い月額料金の魅力も
あまり無くなってしまいます。

Broad WiMAXを使うならこの初期費用をどうするかが大きな問題になりそうです。

契約期間は3年間限定

最近ではかなり多くのプロバイダが行っているのですが、WiMAX2+回線の契約期間が
3年間限定になっています。

Broad WiMAXも昔は2年契約が出来たのですが、現在は3年契約のみ取り扱いを
行っている状況です。

これに関してはWiMAX2+で現在2年契約ができるところのほうが少ないので
Broad WiMAXの特徴というわけでもないのですが。

人によっては「2年契約が出来ないことが嫌」という意見もあったので一応
Broad WiMAXの特徴として書いておきます。

Broad WiMAXは口座振替に対応している

こちらも最近少なくなっているのですが、支払い方法に口座振替を選ぶことが
できなくなっています。

まあWiMAX2+回線の特徴として契約してからすぐにインターネット接続ができる
という魅力があります。

当然インターネット回線に接続するためにはモバイルルーター端末が必要になり
端末はWEB契約なら郵送されることになります。

でも郵送するには契約が終了、または支払い方法の確定が行われないと
端末発送が出来ないというプロバイダは多いです。

そこですぐに端末発送をするために支払い方法の確定がすぐにできる
クレジットカードでの支払いに限定するプロバイダも増えています。

口座振替だとどうしても口座の審査があるので時間がかかり、最短でも
1週間近くの期間が発送までにかかるということに。

今では口座振替に対応しているプロバイダはかなり少なくなっていますが
Broad WiMAXはそんな口座振替対応プロバイダの一つです。

クレジットカードを使いたくない、持っていないという人にはとても嬉しい
Broad WiMAXの口座振替への対応です。

Broad WiMAXの評判を確認してみる

大体の特徴がわかったところで、実際にBroad WiMAXへの評判について
確認をしてみることにしましょう。

大まかに口コミ評価などを調べてみると、やはり最初のとおりに月額料金が安い
という意見が多く見られました。

その他にも細かな意見は多くあるのですが、サポートに関しての不満を言う人も
多く見られました。

こちらも際し余に調べたとおりですが、やはりサポートに関する不満を持つ人は
とても多くありました。

まあその分Broad WiMAXに加入したことがある人も多い、ということかも。
ただしサポートダイヤルに関する不満はかなり多いようです。

それぞれの評判について詳しく見てみることにしましょう。

月額料金が安いから契約期間中の支払総額が安くなる

キャッシュバックはとても魅力的なのですが、もらうまでに時間がかかります。
そして受け取り方法を間違えるともらうことが出来ません。

特に講座の指定をしなければいけないのですが、その指定する期間が決まっていて
それを過ぎると権利が失効するというプロバイダが多くあります。

お得なキャッシュバックを受け取ることが出来なかった場合、それは大きな
ダメージになりトータルの支払総額にも影響があります。

それを考えるとBroad WiMAXのように月額料金が安くなるプランを選ぶほうが
簡単にお得になる、という意見が多く見られました。

確かにキャッシュバックと違ってBroad WiMAXの場合、通常の月額料金が
安くなるので何もする必要がありません。

契約の時点で将来的な支払総額が安くなる方が簡単で便利です。
そういう意味ではBroad WiMAXの月額料金割引はとても魅力的だと思います。

実際に使ってみて月額料金が安いことに評判がいいというのもよくわかります。

サポートダイヤルに繋がらない

もう一つの意見が「サポートダイヤルに繋がらない」ですが、こちらも多くの
ユーザーが口コミで書いていました。

とにかく繋がらない、電話で待たされることが多いという意見が多くかなり評判が
悪いという印象です。

理由として考えられるのが、以前はオプションの解約にもサポートダイヤルに
連絡をする必要があったためという意見も。

単純にモバイルルーターのトラブルだけではなく、オプションとして加入した
契約の変更なども全てサポートダイヤルでの対応でした。

現在では一応会員専用サイトでのオプション解約などもできるので多少は
混雑が解消されていると思うのですが・・・

ただ、何度もWiMAX2+回線を乗り換えながら使っているという人の意見では
他のプロバイダに比べてもBroad WiMAXは電話が繋がりにくいようです。

インターネット初心者でサポートが必要と思う人におすすめしにくいというのが
正直な感想です。

Broad WiMAXの初期費用について

Broad WiMAXの特徴的な「初期費用」についても評判を聞いてみました。
こちらもやはりかなり評判が悪くなっていました。

まあ確かに他のプロバイダでは無い出費が必要、というのは評判も悪くなります。
しかもその徴収理由がイマイチはっきりしないというのも・・・

一応プロバイダでは説明文章なども発表していますが、他のプロバイダでは
必要ない出費をさせられるというのはどうにも嬉しくはありません。

ただ現在はキャンペーンとしてこの初期費用0円特典の利用ができるという
サービスも行われています。

初期費用がなくなればトータルコストは月額料金が安い分だけBroad WiMAXの
魅力もとても高くなります。

ただしこの初期費用無料キャンペーンの適応条件がまたちょっと問題ありのようで。
条件を詳しく確認してみましょう。

口座振替では初期費用無料にならない

まず初期費用無料特典の条件としてWEB申し込み限定でクレジットカードでの
支払いを希望しているユーザー、とあります。

つまりBroad WiMAXの特徴の一つ、口座振替に対応しているという特徴が活かせない
キャンペーンということです。

WEB申し込み限定というのは普通のことなので良いのですが、支払い方法が
クレジットカード限定というのは厳しいところです。

更に指定の有料オプションへの加入、という条件もあります。
こちらも有料なので不満を持つ人も多い原因になっています。

指定されているのは2種類のオプションで、安心サポートプラスと
My Broadサポートの2種類です。

まあこちらは契約してからすぐに解約をしても問題ないので必要なければすぐに
有料オプション解約手続きを取りましょう。

ただし申込みの時にこれらのオプション加入をしないと初期費用が無料にならない
ということには注意が必要です。

初期費用の受け取り方でBroad WiMAXの評判が変わる

一応キャンペーン適応ができれば初期費用は0円になります。
でもこの初期費用の考え方が人によって大きく違うというのが興味深いところです。

人によっては最初から0円にできるコストをわざわざユーザー負担にする理由が
わからない、それを割引してもお得に思えないという意見がありました。

確かに他のプロバイダでは払わなくても良い料金がBroad WiMAXにあって
それを割引してもお得に思えないという意見には賛成できます。

でも別の人の意見では「キャンペーン適応ができれば18,857円がなくなるのはお得」
という評価をしている人もいました。

こちらの考え方ではプロバイダを利用するためにかかる費用がキャンペーン適応で
なくなるならそれは費用負担の分だけお得になる、という印象のようです。

つまり初期費用がある事自体に不満がある人は評判が悪くなり、初期費用の割引が
適応されることに納得できる場合は評判が良くなるようです。

まあ私の意見としては初期費用のような余分なコストがなく月額料金を安くしてくれる
プロバイダが一番いいと思います。

Broad WiMAXは解約違約金が高い

Broad WiMAXの評判を調べていて気になったのが「解約違約金が高い」という評判で
実際にどれくらいなのかを調べてみることにしました。

Broad WiMAXは3年契約のみの取り扱いなので基本的に3年未満で解約する場合には
契約解除手数料という料金が発生します。

これが契約からの日数で変わって、契約から12ヶ月以内に解約した場合には19,000円
というかなりの高額料金が発生します。

一応一般的なWiMAX2+プロバイダの場合は違約金が9,500円程度と言われています。
これに比べると確かにかなり高いという印象です。

ちなみに13ヶ月目から24ヶ月目までに解約した場合は違約金14,000円になります。
25ヶ月目以降に解約した場合9,500円の違約金となります。

キャンペーン違約金が発生する場合もあり

Broad WiMAXの解約違約金を見ると確かに一般的と言われるプロバイダの解約金では
高いと思います。

ただこの違約金の金額はBroad WiMAXだけが採用しているわけでもなく、他にも
これくらいの金額の違約金が必要になるプロバイダはあります。

だから良い、というわけではないのですがBroad WiMAXだけが高いわけではないので
違約金が高いという評判になる理由とは思えません。

そこで更に調べてみると、実際に途中解約した人の口コミでは違約金が3万円近く
支払わされたという意見がありました。

1年以内に解約してもそれほど高くないのに、そんな違約金になった理由を探してみると
キャンペーン違約金が発生した可能性というのがわかりました。

Broad WiMAXの会員規約にあるのですが、キャンペーン適応した人が2年以内に
契約解除した場合はキャンペーン違約金の9,500円を請求するとありました。

多分ですが初期費用0円割引のキャンペーンを適応させた場合に2年以内の契約解除を
行うとこのキャンペーン違約金が発生する、ということではないでしょうか。

確かに通常の違約金に加えて、キャンペーン違約金も請求されるならBroad WiMAXは
解約違約金が高いと思います。

初期契約解除制度を上手に使う

今では全国的にかなり広い地域で使えるWiMAX2+回線なら引っ越しなどでも
回線解約をしなくて済むというメリットもあるはず。

それでも契約してすぐに解約が必要というのは回線接続が出来ないなど使えない
という状況になっているからだと思います。

確かにネット接続できない回線に料金を支払い続けるのはもったいない話です。
でもそんな時には初期契約解除制度を使いましょう。

初期契約解除制度とは簡単に言うとクーリングオフのインターネット回線契約版です。
クーリングオフ制度の対象にはインターネット回線が含まれていません。

でも実際に消費生活センター等に寓せられる意見が多く、ネット回線でも使える
クーリングオフと同じ制度が出来ました。

それが初期契約解除制度です。
8日以内なら解約違約金を支払わずに契約解除ができます。

WiMAX2+回線のピンポイント測定などで回線状況を確認した後でも、電波の関係上
周囲のビルなどの位置によって電波が届かないという状況になる場合もあります。

その時には契約書面の受領日を初日とする8日目までに解約の意思を相手に伝えると
無償で解約手続きができる、という制度です。

こちらは改正電気通信事業法で決まっているのでプロバイダはどこでも適応させる
義務があるのです。

8日間というかなり短い期間制限がありますが、違約金が高いプロバイダなら
これらも上手に使うようにしましょう。

3年契約しか出来ないBroad WiMAXは不利か?

Broad WiMAXの評判の中に「3年契約しか出来ないので不満」という意見があり
確かに2年契約をしたいという意見にも賛成できます。

ただ3年契約しか出来ないことは2年契約ができることに対してそれほど大きな
不利になるのでしょうか?

選択肢が少ない、という意味では魅力がないと言えます。
ただ3年契約というのはそれほど大きなデメリットになるか、と言われると・・・

3年契約が不利な理由として多く見られたのが最新端末に乗り換えるタイミングが
変わってしまうという意見です。

現在WiMAX2+対応端末は大体2年周期で新作の発表があります。
今まではその新作発表のタイミングで乗り換えをする人が多くいました。

WiMAX2+プロバイダの場合は新規加入のキャンペーン特典として最新型でも
端末本体0円購入というのが一般的です。

つまり2年契約なら最新端末が発表されたタイミングで乗り換えができて
すぐに最新端末を使えるようになる、ということのようです。

でも現状は1つ前の端末でも十分にネット接続が出来て、ファームウェアの
アップデートで最新端末と大きく変わらない性能にすることもできます。

最新端末である魅力はあまり感じないのですが・・・
まあ最新端末のほうが性能がいい、というのは間違いないのですが。

端末の発売時期だけを考えるならあまり大きな振りになると思えませんでした。

3年契約をするメリットもBroad WiMAXにはあまりない

ただしBroad WiMAXの場合は3年契約をするメリットもあまり感じなかったというのが
正直な感想です。

他のプロバイダでは3年契約の場合にキャッシュバック金額が増えるなどのメリットが
あるのですがBroad WiMAXの場合は元々キャッシュバックがありません。

ハイスピードプラスエリアモードというauのLTE回線に接続するオプションが
無料で使えるという特典がありますが、これは他のプロバイダでも行われています。

ちなみにハイスピードプラスエリアでのネット接続をすると通信量にかかわらず
その月の支払いに1,005円が加算されます。

このオプション料金が無料になるのはたしかに魅力的ですがハイスピードプラスエリアは
パケット通信が無制限ではなく7GB以上使うと速度制限されます。

しかもWiMAX2+回線の月間パケット通信容量上限なしプランを契約していても
WiMAX2+回線がLTE回線と一緒に速度制限されるというかなり厳しいオプションです。

WiMAX2+回線での接続ができないときのサブ回線としてはかなり優秀ですが
こちらをメインにすることはないので、必須のオプションという訳でもありません。

Broad WiMAXの場合は月額料金の割引も少ないので3年契約にする魅力というのも
実はあまりありませんでした。

違約金がかからずに解約できるタイミングは3年に一度

3年契約をする場合の一番のデメリットは違約金が発生せずに解約ができるタイミングが
3年に一度しか無いということです。

基本的にWiMAX2+回線は同じプロバイダを使い続けても大きな魅力がないので
契約期間毎に他のプロバイダに乗り換えるというのが普通です。

使っている端末も3年使えばバッテリーパックもへたってきますし・・・
月額料金の割引などもなくなるので乗り換えはとてもいいタイミングになります。

これが3年契約の場合は3年に一度しかありません。
タイミングを逃してしまうと次に違約金が発生しないのは3年後です。

特にBroad WiMAXは契約からすぐの解約で違約金が高いので解約タイミングを
間違えるとかなり大きな出費になってしまいます。

契約開始月を忘れないことと、契約更新月のタイミングを間違えないこと。
3年契約の場合はこれがとても重要になります。

間違えられないという意味ではかなり不利な状況になると思いました。

違約金負担のお乗り換えキャンペーンは便利

Broad WiMAXが行っているキャンペーンでも特徴的なのが他社のWiMAX2+から
Broad WiMAXに乗り換える場合に解約違約金をBroad WiMAXが負担する特典です。

これが違約金負担のお乗り換えキャンペーン、という特典で他のプロバイダから
Broad WiMAXに乗り換える場合にかかる違約金を肩代わりしてくれます。

他のプロバイダでも当然複数年契約をしている場合には途中解約で違約金が
発生することになります。

それをBroad WiMAXが負担するのでこちらに乗り換えてもらうという
キャンペーン特典です。

乗り換えと言ってもBroad WiMAXには新規加入するので色々な特典を
併用することができます。

しかもキャッシュバックをもらった後なら月額料金が高くなるだけのプロバイダより
Broad WiMAXのほうが月額料金も安くなるという魅力があります。

しかも事務手数料が0円、端末も最新端末を本体0円購入可能とかなりお得な印象です。
ただ注意するべきこともありました。

違約金の負担には上限がある

Broad WiMAXに乗り換えるための違約金なら全て負担してくれる、というわけでもなく
上限が19,000円までと決まっています。

そしてこの負担金額には端末購入代金が含まれないので分割で端末購入をしている場合
分割の残高は自分で支払うことになります。

それにBroad WiMAXの特徴でもある初期費用はやはり必要で、キャンペーンを使えば
0円になりますがこちらもやはりクレジットカード申込みのみ対応です。

どんな状況でもお得になる、と言うわけでもないので契約内容と違約金の金額には
十分に注意をしておきましょう。

質問サイトで見たBroad WiMAXの評判

知恵袋など質問サイトでもBroad WiMAXに関する質問や評判を見られました。
こちらでも安い月額料金から申し込みをしたいが評判が気になる、という人が多いようで。

実際に回答者の評判を見てみると、使っている人だけではないのかあまり良い評判を
聞くことはありませんでした。

まあ使ったことがある人でもサポートダイヤルが繋がらない、というかなりの悪評を
回答している人もいるのですが。

特に以前はBroad WiMAXの加入代理店がかなりあくどい電話勧誘をしたことがあり
その評判が根強く残っているという印象です。

実際に今でも初期費用やその無料キャンペーンの適応条件など不満に感じている
ユーザーが多いというのも事実ですが。

条件さえ整えば月額料金の安さを十分に実感できるけど、それを実感できるのは
かなり限られたユーザーだけ。

これが私のBroad WiMAXについての評判、というところでしょうか。

-Broad WiMAX

Copyright© WIMAXキャッシュバックのオキテ , 2018 All Rights Reserved.