Broad WiMAX

Broad WiMAXで利用できるキャンペーンにはどんな物がある?

投稿日:

Broad WiMAXのキャンペーンは基本的に他のプロバイダでも行われているもの

WiMAX2+の申込みをする時にどこのプロバイダを選ぶのか、とても悩むところです。
プロバイダによっては色々なキャンペーン展開もしているので、お得に使える場合も。

特に現金キャッシュバックは色々なものに使えるのでとても魅力的なのですが
その分だけ適応条件が厳しいなど気になる所も。

ほとんどのプロバイダでキャンペーン展開をしているのですが、その中で気になるのは
Broad WiMAXというプロバイダのキャンペーンです。

こちらのプロバイダは月額料金がとても安いことで有名なのですが、そこが
行っているキャンペーンにはどんな物があるのでしょうか。

ちょっと調べてみると、確かに多くのキャンペーンがBroad WiMAXでも展開されて
お得に使えるように見えました。

でもちゃんと調べてみると、どこでも行われているようなものがキャンペーンとして
宣伝されているという印象でした。

しかもプロバイダのキャンペーンではキャッシュバックが見当たらない、と
お得感ではちょっと他のプロバイダよりも少ない気もします。

Broad WiMAXのキャンペーン内容を詳しく調べてみたいと思います。

初期費用が無料になるキャンペーン

まずはBroad WiMAXで行っているキャンペーンの内容を確認していきます。
とても目立つ特典ではこの初期費用無料というキャンペーン特典があります。

Broad WiMAXではどんなプロバイダでも必要になる事務手数料の他に独自の
初期費用というコストが契約時に掛かります。

これが18,857円とかなり高額なことでも有名ですが、この初期費用が無料になる
というキャンペーンが展開されています。

これを適応させるだけで最初にかかる大きなコストが大幅節約されることに。
ただし適応には条件があります。

WEBからの申込みでクレジットカードでの月額料金支払いを申し込むこと。
2種類の有料オプションに加入することが条件です。

端末代金0円キャンペーン

WiMAX2+回線はモバイルルーターと言われる電波でインターネット接続をする
持ち運び可能なWi-Fiルーターを使って通信をしています。

プロバイダに契約するとこのモバイルルーターという端末を購入するのですが
その端末代金が0円購入できるというのがこちらのキャンペーンです。

スマホの場合を考えるとキャリアと契約した場合、スマホ本体端末を分割購入して
その月間支払料金を割引するという購入が一般的です。

この場合は実質0円購入と言われますが、Broad WiMAXの場合は端末本体の料金が
0円で購入できるのです。

つまり分割購入が終わるまでは自分の端末ではないということもなく、途中解約の場合も
端末本体は手元に残ることになります。

最新端末でも本体価格0円で購入できる、というキャンペーン内容です。

違約金負担キャンペーン

WiMAX2+回線は基本的に複数年契約で、契約期間は最近では3年が主流です。
この契約期間の途中で解約した場合に解約違約金を取られることになります。

まあWiMAX2+の場合はモバイル通信なので引っ越しをしても使える場合も多いので
あまり途中解約になることも少ないのですが。

でもBroad WiMAXでは現在使っている他社のWiMAX2+回線から乗り換えた場合に
そのプロバイダに支払う違約金を肩代わりしてくれるという特典を展開しています。

例えばキャッシュバックをもらって、後は月額料金が高い状態のプロバイダから
Broad WiMAXに乗り換えたいという場合にもこれなら損をしません。

こちらのキャンペーンを使えばBroad WiMAXの事務手数料も0円になるという
特典も使えるのですが、違約金の上限は19,000円となっています。

端末を分割で支払っている場合、その端末の未払い代金も違約金には含まれないので
注意しましょう。

他のプロバイダでも普通にやっているキャンペーンが多い

プロバイダとして展開しているキャンペーンの内容はこのようなところです。
改めて見てみると、どの特典も他のプロバイで行われているという印象でした。

違約金の肩代わりというのはちょっと珍しい感じですが、Broad WiMAXのオリジナル
という感じでもありません。

端末代金0円はかなり多くのプロバイダで展開していますし、初期費用無料に関しては
他のプロバイダでは初期費用自体がありません。

この様にそれぞれのキャンペーンにもちょっとした注意点が見つかりました。
そこでキャンペーン適応の注意点を確認してみることにしましょう。

初期費用無料キャンペーンの注意点

Broad WiMAX独自のコスト、初期費用が無料になるキャンペーンは適応すれば
他のプロバイダと同様の契約時のコストに戻すことができます。

この初期費用があるとBroad WiMAXで契約して3年間で支払う金額の合計が
他のプロバイダよりも高くなってしまう可能性はとても高いのです。

月額料金の安さを利用したいなら是非ともこの初期費用は無料にしたいのですが。
問題点としては口座振替では適応されないことがあります。

最近ではWiMAX2+プロバイダの多くが契約時にクレジットカードでの支払いが
必須となっています。

つまり契約する時にクレジット番号を入れないと契約が出来ないのです。
現在口座振替に対応しているのは3つのプロバイダのみです。

その3つのうちの一つがBroad WiMAXなのですが、そこで契約する場合に
謎のコスト初期費用がかかるというのはちょっと・・・

ちなみに他に口座振替を行っているのはUQ WiMAXとBIGLOBEです。
初期費用がかかるならこちらで契約したほうが支払総額は少なくなります。

更に諸費起用を無料にするためには有料オプション2種類の加入も条件です。
安心サポートプラス月額550円とMy Broadサポート月額907円です。

一応これらのオプションは加入時に選択されていれば初期費用無料の適応が
できるということなので端末が届いたらすぐに解約しても大丈夫です。

結構条件が厳しく、余計なコストがかかるというのが初期費用無料キャンペーンの
注意点です。

端末0円キャンペーンの注意点

端末0円キャンペーンは特に条件もなく、Broad WiMAXで取り扱っている全ての
端末で適応することができるキャンペーンです。

現在Broad WiMAXで取り扱っている端末は全部で3種類。
W05とWX04とL01sです。

ホームルーターのL01sを始め、各製造会社の最新端末も対象になっているので
キャンペーンとしては問題ないと思います。

ただ、現状WiMAX2+のプロバイダで端末本体価格0円を行っていないという
プロバイダのほうが少ないです。

まあ実質0円購入というプロバイダもあるので、本体0円が普通とは言いませんが
やはりBroad WiMAX独自のキャンペーンという印象ではありません。

最新端末のW05で使えるのは嬉しいのですが、それも他のプロバイダと同じです。
キャンペーンとして宣伝をする必要もないと思いました。

違約金負担キャンペーンの注意点

他社の解約違約金を負担して乗り換えができる、というのはたしかに魅力的です。
他社でキャッシュバックを受け取った後に乗り換えれば月額料金が安くなりますし。

解約違約金の上限も19,000円と一応最大の違約金支払いまで対応できるので
すぐに解約した場合でもユーザーの負担は最小限にできると思います。

注意点としてはこちらも新規加入になるので初期費用の18,857円が必要なこと。
これを無料にするにはクレジットカードでの支払いが必要なことです。

違約金負担キャンペーンで乗り換えた場合でも初期費用無料キャンペーンを使える
ということですが、当然条件は同じなので有料オプションの加入も必要です。

他社の解約違約金を負担してもらっても、それと同じかそれ以上の金額になる
初期費用を支払うなら結果として同じです。

初期費用無料キャンペーンも一緒に使わなければBroad WiMAXに乗り換える
メリットが無いので注意しましょう。

プロバイダ以外のキャッシュバックキャンペーン

もう一つ、Broad WiMAXではプロバイダが行っている以外のキャンペーンが
展開されていました。

それが特定サイトからの申込みでAmazonの商品券がもらえるという
キャッシュバックキャンペーンです。

商品券の金額は1万円分とかなり高額です。
しかもAmazon商品券なので使える商品はとても種類が多いです。

というかAmazonで取り扱っている商品の購入に使えるので、ほぼ現金と
同じ扱いができると思います。

Broad WiMAXではキャッシュバックキャンペーンがない、と言われていましたが
プロバイダの公式サイト以外を使えばキャッシュバックを利用することができるようです。

WiMAX比較.comと提携しているサイトからの申込みでキャッシュバック

Broad WiMAX公式のキャンペーンではありませんが、特定のサイトと提携して
Amazon商品券のキャッシュバックを行っているようです。

ちなみに提携しているのはWiMAX比較.comというサイトです。
Amazon商品券キャッシュバックに関する質問などはこちらに聞かないとわかりません。

一応WiMAX2+の申込みについてはBroad WiMAXのサイトを経由するので
問題なくBroad WiMAXのキャンペーンも併用できます。

つまり初期費用無料のキャンペーンを適応させないと普通に初回請求額に18,857円が
加算されるというわけです。

ちなみにキャッシュバックの条件は特定サイトから申し込みをするだけ。
他に条件もなく、端末が届いた次の日にはメールでクーポン番号が送られてきます。

それをAmazonアカウントで入力すればギフトポイントが1万円分加算されます。
それはAmazonでの買い物で自由に使えるポイントです。

当然ですがポイントを受けるためにはAmazonアカウントが必要です。
こちらのキャッシュバックを使うならアカウントも作っておきましょう。

初期解約制度はBroad WiMAX独自のキャンペーンではない

Broad WiMAXのことを調べていてちょっと気になったことがありました。
それが初期解約制度についてです。

通信販売などの購入時には一定期間の間に購入商品を返却して契約解除ができる
クーリングオフという制度があります。

ただこのクーリングオフは通信回線の契約申し込みには対応できませんでした。
そこで通信関係の契約に使える制度が出来ました。

それが初期解約制度です。
単純にインターネット回線のクーリングオフと思っていただければ。

Broad WiMAXの紹介サイトの中にはこの初期解約制度がBroad WiMAXの
キャンペーンの一つのような書き方をしているところがありました。

まあ確かにBroad WiMAXでは公式サイトでも初期解約制度について説明しているので
こちら独自のシステムと言う印象もあります。

ちなみに他のプロバイダではあまり初期解約制度を説明しているところがありません。
まあ普通は「解約できますよ」と宣伝はしないのですが。

この制度を使えるのはBroad WiMAXだけではない、ということをしっかりと
覚えておきましょう。

初期解約制度を使うための条件

初期解約制度を使うためには条件があります。
いつでも好きな時に解約ができるというわけではありません。

名前のとおりに初期だけ解約のために負担をかけないようにする制度です。
利用開始から8日以内にキャンセルの意思表示をする、というのが条件です。

WiMAX2+の場合は端末が届いてから実際にWiMAX2+回線を使えるようになって
8日目以内にプロバイダに解約の意思表示をします。

この時に初期解約制度を利用する、と伝えないと普通の解約手続きを取られます。
違約金が19,000円請求されるので注意しましょう。

また初期解約制度は意思表示を8日以内、ではなく解約手続きの終了が8日以内
ということになります。

プロバイダによっては手紙、書面での申し込みが必要という場合もあるので
郵送の時間がかかることも気をつけなければいけません。

Broad WiMAXの場合は確認措置ではなく端末の返却

初期解約制度を利用する場合、端末の支払いにも適応されるという状況があります。
これを確認措置と言いますが、Broad WiMAXの場合は端末は返却が必要です。

基本的にはスマホなど、キャリアの契約と同時に購入した端末の支払い義務のキャンセル
という意味が強い制度が確認措置です。

スマホの場合は電波が届かない、販売員の説明不足で解約することが確認できれば
購入する端末のキャンセルも無償で行えるという制度です。

まあこの場合は確認によっては端末購入後の利用価値がある、と判断されれば
端末購入のキャンセルは出来ないのですが。

ただBroad WiMAXの場合は端末本体0円購入をしています。
そのためか初期解約制度を使う時には端末と付属品は全て返却が必要です。

返却ができない場合は支払いが必要になるので、必ず付属品を含めた全てを
返却するようにしましょう。

キャンペーンではないがBroad WiMAX独自のサービスが店舗受取り

キャンペーン特典、というわけではないのですがBroad WiMAXでは独自の
珍しいサービスも提供しています。

それが端末の店舗受取りサービスです。

通常のWiMAX2+プロバイダではWEB申し込みなら2~3営業日後か随時
端末発送をする、つまり郵送でモバイルルーターが届くという形です。

プロバイダによっては即日発送をしてくれるところもありますが、即日発送でも
自宅に届くのは翌日以降です。

基本的にはBroad WiMAXも即日発送が一番早い方法なのですが、申込みの時に
店舗受取りを希望すると営業所での受け取りができるのです。

普通に店舗の展開をしているわけではないので受け取りセンターという専門店舗での
受け取りということになります。

そして受け取りセンターは東京に2店舗、渋谷と秋葉原。
埼玉の大宮に1店舗と大阪の梅田に1店舗の合計4店舗の展開がされています。

申し込み手続きが当日受け取りセンターの営業時間内に終われば、そのまま店舗で
端末の受け取りが可能です。

つまりどんなプロバイダよりも早い当日受け取りが可能なのがBroad WiMAXです。

まあ当然受取可能な時間内に受け取りセンターに行けなければ当日の利用は出来ません。
元々受け取り時間外の申込みなら翌日営業時間から受取可能です。

店頭受取の方法

では実際に店頭受取をする方法を確認してみましょう。
店頭受取をするためには申し込みの時点で店頭受取を希望する必要があります。

WEBからの申し込みをすると利用する端末や契約プランなどを決めてから
契約者の情報入力画面になります。

この個人情報入力画面に店舗受取りを希望する、という項目があるのでここに
チェックをしてから申し込みをします。

受取店舗なども間違いなく選ばれているかを確認しておきましょう。
後は契約完了のメールが来るのを待つだけです。

Broad WiMAXへの加入手続きが終了すると「お渡し準備完了メール」が届きます。
この後なら店舗での受け取りができるようになります。

ちなみに受け取りの時に店舗でモバイルルーターの開通手続きなどがあるので
15分程度の時間がかかります。

あまり受け取りセンターの営業時間ギリギリに行くと余計な時間がかかる可能性も。
できれば余裕を持って受け取りセンターに行きましょう。

店頭受取の注意点

店頭受取にも色々な注意点があるのですが、店頭受取を希望して5日間受け取りに
行かない場合は契約手続きをした住所に郵送されます。

この時に郵送手続きのメールも届くので確認しておきましょう。

それと口座振替でも店頭受取はできるのですが、口座振替に対応しているのは
秋葉原受け取りセンターのみです。

渋谷と大宮、梅田では口座振替で店頭受取が出来ないので注意しましょう。
当然ですが口座振替の場合は当日受け取りが出来ません。

まあこれは口座の審査があるので申し込み当日に審査結果がでない関係上
どうにも出来ないのですが・・・

それとBroad WiMAXで行っているタブレットPCセットキャンペーンを
使った場合も店頭受取が出来ません。

受け取りセンターでもらうことができるのはあくまでもモバイルルーター端末のみで
タブレットPCの受け取りが出来ないようです。

タブレットセットを申し込んだ場合は郵送での受け取りになるので、ある程度の
時間が必要になります。

Broad WiMAXの回線乗換サービス

こちらもキャンペーンとはちょっと違うのですがかなり特徴的なサービスがあります。
それが「ご満足保証」というサービスです。

Broad WiMAX契約中に引っ越しをして、移転先でも使おうと思っていたら速度が出ず
使いにくくなったので固定回線に乗り換えたい。

屋外での利用をメインに考えていたけど予定が変わり室内でネットを使いたいので
Broad WiMAXを解約して固定回線に乗り換えたい。

そんな状況の時にBroad WiMAXの解約違約金を払わずに固定回線など他の
インターネット回線に乗り換えができるというサービスです。

利用条件はBroad WiMAXの契約者で、乗り換え先はBroad WiMAXがおすすめする
回線を選ぶこと。

フレッツ光のコラボモデルなども多く、固定回線への乗り換えを考えるなら確かに
お得になりそうなサービスです。

ただしちょっと気になることも・・・

基本的にはBroad WiMAXからの申込みなのでキャンペーンに期待が出来ない

Broad WiMAXから乗り換えができる回線は光回線を含めてソフトバンクの
ホームルーターなど8種類の回線から選べます。

まあWiMAX2+回線を解約してLTEのポケットWiFiを契約するということは
あまり考えられないのですが。

光回線もソフトバンク光、So-net光、auひかりと色々な回線から選んで契約が
できる様になっています。

ただしこれらの契約は全てBroad WiMAXからの紹介ということになります。
つまり通常のWEB申込みではないのです。

これらの光回線は新規加入申し込みで色々なキャンペーンを展開しています。
場合によっては光回線の工事費無料などの特典も利用できた時期がありました。

それらのキャンペーン特典はこの方法では利用することが出来ません。
プロバイダによってはできると思いますが、かなり厳しい状況です。

つまり普通に解約して違約金以上のキャッシュバックをもらって新規契約をしたほうが
お得になるという可能性も。

それに他の回線契約をしてから8日以内に更に別の回線に乗り換えると
無料になったはずのBroad WiMAXの解約違約金が請求されます。

細かい条件もあるようなので、こちらの乗り換えキャンペーンを使う方法は
あまりおすすめできないと感じました。

Broad WiMAXのキャンペーン特典の利用方法がわからない

知恵袋を見てみると多くのユーザーがBroad WiMAXの違約金肩代わりの
キャンペーンの利用方法を質問していました。

確かにわかりにくいと思うのですが、それはBroad WiMAXに確認を取るほうが
確実だと思います。

乗り換えた後に必要書類の提示を求められて、質問サイトでの書類を見せたら
肩代わりしてもらえなかったということも考えられます。

まあBroad WiMAXはサポート電話に繋がりにくいという評判も多いのですが。
これはちゃんとBroad WiMAXに確認を取るべきだと思います。

それに多くの方が月額料金の安さに魅力を感じているようですが、それも
初期費用の支払いを0円に出来た場合です。

初期費用を払った場合、他のプロバイダのキャッシュバックや月額料金割引のほうが
支払総額が安くなるという状況です。

Broad WiMAXの場合は利用できるキャンペーンを全て上手に使ってこそ安くなる
という印象のプロバイダです。

キャンペーンの適応条件の確認をしっかりとして、ちゃんと適応させることが
Broad WiMAXを使う場合の注意点だと思います。

-Broad WiMAX

Copyright© WIMAXキャッシュバックのオキテ , 2018 All Rights Reserved.