uq wimax

UQ WiMAXのキャッシュバックキャンペーンってお得になる?

投稿日:

UQ WiMAXのキャッシュバックは他のプロバイダと比べてお得にならない

モバイルルーターが一般的になっている現在、多くのプロバイダからサービスの
提供が行われるようになりました。

当然ですが顧客を集めるために多くのプロバイダでは新規加入者に向けての
キャンペーンを展開しています。

昔はかなり競争が加熱していた時期もあったのですが、最近は落ち着いています。
ただWiMAX2+回線ではまだまだキャッシュバックを行っているところも多くあります。

中には4万円以上のキャッシュバックを受けられるキャンペーン展開をしている
というプロバイダもあるのですが・・・

そんな中でちょっと気になるのは本家と呼ばれるUQ WiMAXというプロバイダです。
こちらは回線提供元が行っているプロバイダです。

最近はこのUQ WiMAXでもキャッシュバックを始めたのですが、他のプロバイダと
比べるとちょっと物足りないというのも正直な印象です。

では実際にUQ WiMAXではどのようなキャッシュバックキャンペーンをしているのか。
詳しく確認してみることにしましょう。

現在行われているUQ WiMAXのキャッシュバックキャンペーン

何度かキャンペーンの内容も変わっているようですが、現在(2018年10月)の
キャンペーン内容を確認してみます。

現金キャッシュバックのキャンペーンが展開されていて、契約プランは3年契約の
UQ Flatツープラス ギガ放題に加入することが条件。

端末も対応端末が決まっていてWX04かL01sのどちらかを選ぶことになります。
ただしどちらを選んでもキャッシュバック金額は変わりません。

特徴的なのはキャッシュバックの受け取り期間で、WiMAX2+プロバイダにしては
珍しく3ヶ月後に受取可能です。

新規加入時に登録したメールアドレスに、契約してから3ヶ月後くらいに
キャッシュバックの口座指定に関するメールが届きます。

そのメールに返信して振込口座を指定すると最短翌営業日に振込されます。
キャッシュバック金額は10,000円です。

現金キャッシュバックにしてはかなり早くもらうことができるというのが
とても印象深いキャンペーンでした。

UQ WiMAXのキャッシュバックは素早さがメリット

多くのWiMAX2+プロバイダのキャッシュバックキャンペーンでは大体
キャッシュバック受け取りまでにかなり長い時間がかかります。

半年というのは普通で、長い場合はほぼ1年近く契約を続けないとキャッシュバックの
受け取りができないというプロバイダもあります。

そんな中でUQ WiMAXでは3ヶ月後に口座の指定をして、その口座に振込されるのは
最短翌日というとても素早い対応です。

ただし他のプロバイダでも同じですがこの間は契約プランの変更、契約期間が短い
2年契約に変更するとキャッシュバックを受けることが出来ません。

後は当然ですが解約した場合もキャッシュバックをもらうことが出来ません。
この2つの条件にも注意が必要です。

でもそれ以外にはあまり厳しい条件もなく、キャッシュバックの口座指定のメールも
いつも使っているメアドを指定できるのでメールの確認も簡単です。

受け取りだけに関してみればかなりもらいやすいキャッシュバックを展開しているのが
UQ WiMAXという印象です。

UQ WiMAXのキャッシュバックは魅力が少ない

詳しくUQ WiMAXのキャッシュバックについて調べてみましたが、確かにすぐに
受け取ることができるというのは大きな魅力に感じます。

ただそれ以外の魅力が少ないというのがUQ WiMAXのキャンペーンのデメリットです。
他のプロバイダと比べるとかなり厳しい状況です。

こちらも他のプロバイダと比べて見ることにしましょう。

キャッシュバック金額が少ない

すでに書いてありますが、最高金額では4万円を超えるキャッシュバックを受けられる
プロバイダも中にはあります。

現在はGMOとくとくBBの42,000円というのが最高金額だと思います。
これに比べるとやはり10,000円というのはちょっとさみしい印象です。

他にも30,000円くらいのキャッシュバックを行っているところは多くあるので
そちらと比べても10,000円のキャッシュバックというのはかなり少ない印象です。

まあ現金10,000円というところはちょっと嬉しい感じですが。
他のプロバイダでは商品券で10,000円のキャッシュバックもあるので。

キャッシュバック金額は少ないけれど商品券よりかは良い、というところでしょうか。

最新端末がキャッシュバックに対応していない

UQ WiMAXのキャッシュバックでは利用できる端末の種類が決まっています。
そしてその対応端末には最新機種が含まれていません。

現行の最新端末はW05という機種なのですが、UQ WiMAXではこの端末を選ぶと
キャッシュバックが利用できないのです。

上記の通り対応端末はWX04とホームタイプルーターのL01sだけです。
持ち運びができる端末はWX04のみになります。

モバイルルーターの対応が1機種のみというのはちょっと厳しいところですし
他のプロバイダでは最新端末もキャッシュバックの対象になっています。

まあWX04はW05とは違う会社の端末なのである意味では最新端末ですが。
ちなみにWX04はNECの製品でW05はHUAWEIの製品です。

端末代金が0円ではない

UQ WiMAXの場合、契約時に端末購入が必要なのは他のプロバイダと一緒ですが
端末代金が800円と少しかかるというデメリットも。

他のプロバイダの場合、一番安いところなら端末本体0円購入が可能です。
それ以外でも月額料金の割引で実質0円購入ができる場合が多いです。

でもUQ WiMAXの場合は月額料金などの割引はなく、契約時に800円の端末代金を
支払う必要があります。

まああまり高い金額ではないのですが、端末代金の支払いがあるというのは
他のプロバイダと比べてしまうとちょっと残念な感じです。

ただしキャッシュバックキャンペーンではWX04を選ぶと端末代金800円で
クレードルがセットになります。

基本的にクレードルは別料金3,000円が必要というのが他のプロバイダでは普通なので
これはちょっと嬉しいところです。

まあクレードルが必要か?と聞かれるとちょっと疑問なのですが。
一応UQ WiMAXではWX04のクレードルがただでもらえます。

以前よりは魅力的になったUQ WiMAXのキャッシュバック

他のプロバイダと比べてみるとやはりちょっと見劣りがする、という印象の
UQ WiMAXのキャッシュバックキャンペーンです。

ただこれでもかなり魅力的になったほうだと思います。
以前のキャッシュバックはもっと魅力がなかったので・・・

以前に行っていたUQ WiMAXのキャッシュバックキャンペーンも確認してみましょう。

以前行われていたUQ WiMAXのキャンペーン内容

以前と比べてどれくらいUQ WiMAXのキャッシュバックキャンペーンが
魅力的になったのかも確認してみましょう。

かなり初期の頃にはUQ WiMAXでは何もキャンペーン展開がされていませんでした。
キャッシュバックは当然ですが月額料金の割引もほとんどありませんでした。

まあ理由としてはUQ WiMAXは回線提供元が行っているプロバイダなので
あまり安くしすぎるとWiMAX回線に参加したいというプロバイダが集まらないので。

プロバイダとして魅力があり、しかもキャンペーン展開をすれば顧客獲得が見込める
という状況にするためにUQ WiMAXではキャンペーンを行わなかったという意見も。

現状かなり多くのプロバイダが参入しているのでUQ WiMAXとしても多少の
キャンペーン展開もしているというところでしょうか。

では以前行われていたキャッシュバックキャンペーンの内容を確認してみましょう。

商品券でのキャッシュバック

現在でも行われることの多いキャッシュバックが商品券でのキャッシュバックです。
携帯ショップ独自のキャンペーンではその店舗のみ使える金券という場合もあります。

UQ WiMAXではクレジットカード会社のJCBが発売している商品券での
キャッシュバックを行っていました。

そして現在と同じ、端末によってキャッシュバック金額が変わるというのも同じです。
当時も最新端末はキャッシュバックの対象外になっていました。

再だきキャッシュバック金額は1万円とこちらは今と変わらない金額です。
まあよく考えると当時と変わっていないということですか・・・

このキャンペーンの後に現金キャッシュバックのキャンペーン展開がされました。

最新端末以外が対象で、ホームルーター以外は5,000円のキャッシュバック

一つ前のキャッシュバックキャンペーンは現金キャッシュバックですが対象端末は
やはり最新端末以外という状況でした。

時期が近いこともあって対象端末の種類は現在と同じです。
W05が対象外でWX04とL01sがキャッシュバック対象という状態です。

ただしWX04を選ぶとキャッシュバック金額が5,000円でした。
つまり10,000円のキャッシュバックがもらえるのはホームタイプのL01sのみ。

モバイルルーターを提供しているUQ WiMAXというプロバイダのキャンペーンにしては
かなりおかしな状況だと思いました。

ちなみにキャッシュバックの条件は同じで3ヶ月後に受取可能という対応の速さも
現在と同じです。

ただし当時はクレードル無料の特典もなく、モバイルルーターを使いたいならあまり
魅力のないキャンペーンと言う印象はとても高かったです。

他のプロバイダのキャッシュバックキャンペーンは魅力的

UQ WiMAXのキャッシュバックキャンペーンの内容がわかったところで
他のプロバイダのキャッシュバックはどのようなものなのかも確認してみます。

以前よりかは少なくなったとはいえ、まだまだWiMAX2+プロバイダで
キャッシュバックを展開しているところは多くあります。

その中でも高いキャッシュバック金額が魅力的と言われているGMOとくとくBBの
キャンペーン内容を確認してみましょう。

気になるキャッシュバック金額ですが、最大42,000円の現金キャッシュバックが
利用できるというのはとても魅力的なのですが・・・

キャッシュバックの受け取り条件なども合わせて確認してみることにします。

GMOとくとくBBは選んだ端末と契約期間によって金額が変わる

まずGMOとくとくBBではキャッシュバック金額は「最大42,000円」であって
全てのキャッシュバック対象者が受け取れるというわけではありません。

最大キャッシュバック金額になるのはUQ WiMAXと同じギガ放題プランの
3年契約を結んだ場合です。

UQ WiMAXとの違いはGMOとくとくBBの場合、2年契約でもキャッシュバックを
受け取ることができるのですが金額が下がります。

そして端末の種類によってキャッシュバック金額が変わります。
最高金額になるのは最新端末のW05というのもUQ WiMAXと違うところです。

ちなみにクレードルセットを選ぶこともできるのですがこの場合もキャッシュバックの
金額が下がってしまいます。

実質キャッシュバックの金額でクレードルを購入する、という形でしょうか。
つまり最大金額はクレードルなしのW05で3年契約をした場合です。

キャッシュバックを受け取るまでに1年近くの期間が必要

金額的な魅力はGMOとくとくBBのほうがとても高いことはよくわかりました。
ではキャッシュバックを受け取る場合の注意点などは無いのでしょうか。

口コミでも多く言われているのですがGMOとくとくBBは特にキャッシュバックの
受け取りに関するトラブルが多いということでも有名です。

それはキャッシュバックを受け取ることができなくなる、というかなり痛いトラブルです。
理由の一つには受け取りまでの期間がほぼ1年とかなり長いためだと思われます。

UQ WiMAXでは3ヶ月使い続ければキャッシュバックに関するメールが届きます。
でもGMOとくとくBBでは正式な利用開始月から11ヶ月目にメールが届くのです。

しかもGMOとくとくBBに加入した時に作ったメアドあてに届くのでメールを
見逃してしまうというトラブルも多くあります。

UQ WiMAXのように自分の使っているメアドを登録していても、振込口座確認の
メールはGMOとくとくBBのメアドに届くので注意が必要になります。

更に確認メールが11ヶ月後に届いて、そのメールの返信期間が翌月末日まで。
メールが届く時期にもよりますが2ヶ月は無いというのも厳しいところです。

この振込口座確認メールに返信をしなければ救済措置など何もなくキャッシュバックは
消滅するということになります。

最大42,000円のキャッシュバックが無くなればそれはトラブルになりますよねえ・・・
魅力的な分だけ受け取りの条件などには十分に注意しましょう。

月額料金が安いBroad WiMAXの場合

次に月額料金がとても安いと評判のBroad WiMAXの場合について調べてみます。
こちらは他のプロバイダに比べてとても安い料金で使うことが出来ると評判です。

ちなみにUQ WiMAXでキャッシュバック対象になっているUQ Flatツープラスの
ギガ放題プランは月額料金が4,380円です。

ただし最大3ヶ月は月額料金3,696円で使えるキャンペーンも併用できます。
これが一般的なWiMAX2+のギガ放題プランの月額料金です。

これがBroad WiMAXになるとどれくらいの料金で使えるのか。
詳しく調べてみました。

新規加入ならかなり安いBroad WiMAXの月額料金

新規加入受付でキャンペーンも適応された状態のBroad WiMAXの月額料金は
とても安いというのが一般的な評判です。

Broad WiMAXは3年契約が基本で月額料金割引も3年契約が必要になります。
月額料金は新規加入受付した場合、最初の2ヶ月間はとても安くなります。

月額料金2,726円が最初の2ヶ月間、その後3ヶ月目から24ヶ月目までは
月額3,411円になります。

この月額料金はUQ WiMAXと同じギガ放題プランを選んだ場合の料金です。
単純にここまででもかなりの割引された月額料金で使えるというのがわかります。

その後25ヶ月目から36ヶ月目までは月額4,011円です。
ほとんど割引がなくなった状態でもUQ WiMAXよりもやすいのがわかりました。

WEBサイトで宣伝しているような2,726円というかなり安い料金はたった2ヶ月のみ
という状況ですが、その後も月額料金は他に比べてもやすいと思います。

Broad WiMAXは初期費用無料のキャンペーンを使わないと高くなる

月額料金がとても魅力的なBroad WiMAXですが、口コミなどで評判が悪いのは
初期費用という謎のコストが必要になることです。

普通のプロバイダでも回線契約をするので事務手数料が必要になります。
これはUQ WiMAXも同じで最初に3,000円を支払います。

この事務手数料の支払いはどのプロバイダも同じで一律3,000円ですがこれに加えて
Broad WiMAXでは初期費用という料金の支払いが請求されます。

しかもその金額が18,857円とかなりの高額です。
これを支払う場合は3年間の支払総額が他のプロバイダよりも高くなるほどです。

ただBroad WiMAXのキャンペーンではこの初期費用が0円になるという特典を
使うことができる様になっています。

月額料金は上記の通りかなり安いので是非とも初期費用は無料にしたいところです。
ちなみに条件はWEB申し込みでクレジットカードでの支払いを選ぶこと。

更に安心サポートプラスとMY Broadサポートという2つの有料オプションに
加入することも条件です。

有料オプションは契約後すぐに外しても初期費用無料の特典を受けることができます。
必要ないと思ったら端末到着後すぐにオプション解約をしてしまいましょう。

問題はクレジットカード支払い限定、というところです。
Broad WiMAXは口座振替に対応している数少ないプロバイダのひとつなのです。

口座振替を使う場合は初期費用無料にならないのでトータルコストがとても高くなる。
Broad WiMAXの魅力を実感するにはクレジットカードを用意する必要があります。

口座振替で申し込みができるBIGLOBEのキャンペーン特典

口座振替でWiMAX2+海鮮の申し込みができるプロバイダはUQ WiMAXと
Broad WiMAXともう一つ、BIGLOBEです。

Broad WiMAXの口座振替に関するキャンペーン特典を調べたのでもう一つ残った
BIGLOBEのキャンペーン内容も確認してみましょう。

BIGLOBEもUQ WiMAXと同じでキャッシュバックキャンペーンを展開しています。
そしてBroad WiMAXと同じ様に口座振替とクレジットカード支払いで特典が違います。

キャッシュバック金額がクレジットカードの場合は30,000円なのですが口座振替で
申し込みをすると金額が15,000円になります。

半額になってしまうというデメリットがありますが、それでも口座振替で契約できる
プロバイダとしてはかなりいいキャンペーンだと思います。

キャッシュバック特典の条件なども確認してみましょう。

端末により契約できる年数が違う

基本的にキャッシュバックを受けることができるのは3年契約をした場合。
ただし端末によっては2年契約もできる様になっています。

キャッシュバック対応端末はW05、WX04、WX03、L01sの4機種。
この中でWX03のみ2年契約をすることができるようになっています。

またWX03を選んだ場合、どのプロバイダでも必要な事務手数料3,000円が無料になる
という特典もついています。

ただ端末としてWX03はハイスピードプラスエリアが使えないのであまりおすすめでは
無いのがちょっと残念なところです。

そして口座振替の場合はキャッシュバックが6ヶ月目で利用可能になります。
クレジットカードの場合は12ヶ月目なのでここはちょっとだけ嬉しいところです。

キャッシュバックの受け取り方法は対象月に会員専用サイトから口座の指定手続きを
行うことで受け取りが可能になります。

この会員専用サイトでキャッシュバックの対象月の確認もできます。
対象月の2日以降に手続きができるので忘れないように行いましょう。

ちなみに指定手続きの期限は45日以内と決まっています。
BIGLOBEの場合は確認も簡単なので忘れないようにしておきましょう。

BIGLOBEのほうが口座振替のキャンペーン特典が魅力的

口座振替ができるプロバイダとして見るとUQ WiMAXを始め3社の中で
一番魅力的に感じたのがBIGLOBEです。

確かに月額料金が安いというメリットがBroad WiMAXにはあるのですが、それ以上に
初期費用が高いというデメリットが大きいです。

費用の負担としても18,857円はとても大きく、これを支払うことになる口座振替では
支払総額が高くなるので本当に魅力がありません。

そしてUQ WiMAXとBIGLOBEを比べると月額料金割引や15,000円という高額の
キャッシュバックが利用できるという点でBIGLOBEのほうが魅力的です。

口座振替ならキャッシュバックの受け取りまでの期間も短いので使いやすく
キャッシュバックではなく月額料金割引のキャンペーンを選ぶこともできます。

最新端末を選ぶことが出来るというところでもBIGLOBEのほうがおすすめです。

UQ WiMAXの口座振替の魅力

ただしUQ WiMAXの口座振替に全く魅力がない、というわけではありません。
キャッシュバックなどのキャンペーンを考えなければ魅力はあるのです。

それは口座振替がWEBからの申込みで完結すること。
普通は口座振替の契約をする場合には書面での申し込みが必要になります。

WEB上から申し込みをした場合でも記入した住所に必要書類が届いて、それに記入
返送することで審査が始まります。

口座振替の場合は利用する口座がきちんと生きているか、支払いができなくなるなど
不審な点がないかをプロバイダで確認します。

書類郵送と返送、確認の時間も合わせて2週間程度かかるのが一般的ですが
UQ WiMAXの場合はこれが3日程度で終わります。

その理由は書類を郵送せず全てWEB上で手続きができるから。
本人確認書類も携帯端末などの写メで撮って送信することができます。

一般的な口座振替よりもかなりすばやく、新規加入申し込み手続きを終了させることが
できるという魅力はあります。

月額料金などを考えると他のプロバイダのほうがおすすめしやすい

ではUQ WiMAXはおすすめできるプロバイダか、と言われるとそれはちょっと違います。
やはり月額料金やキャンペーン特典を考えると他のプロバイダのほうがおすすめです。

確かに口座振替ができるプロバイダは最近とても少ないです。
その中で安定してすばやく申し込みができるUQ WiMAXはとても魅力的です。

でもそれだけで、単純に口座振替でお得に申し込むならBIGLOBEのほうがおすすめで
キャッシュバックを考えるならGMOとくとくBBのほうがおすすめです。

まあ高額キャッシュバックは条件としてクレジットカードでの申込みが必要になります。
つまりクレジットカードを使える人のみ、ということになりますが。

最近ではWiMAX2+回線は3年間使い続けるのが基本です。
その間の月額料金割引、キャッシュバックなどがなければ負担はとても大きくなります。

キャンペーンを使うために最新端末を選べないというのもデメリットに感じます。
総合的に考えてもやはりおすすめしやすいのはキャンペーン特典の大きなプロバイダです。

UQ WiMAXよりも他のプロバイダのほうがキャンペーンに魅力を感じる人は多い

質問サイトを見てもUQ WiMAXでキャンペーン特典がお得だから迷う、という
書き込みを見る事ができませんでした。

多くの質問者がGMOとくとくBBなどキャッシュバックの大きなキャンペーン特典を
展開しているプロバイダについて質問しています。

基本的に回線はどこのプロバイダでも同じで、サービス対応がちょっと違うくらいなら
多くの方はキャンペーンの特典内容でプロバイダを選ぶようです。

まあ実際にキャッシュバックを全て月額料金支払いに当てれば支払総額はとても安く
通信コストを大きく下げることができるようになります。

それに元々月額料金割引のキャンペーン展開をしているプロバイダも多くあるので
UQ WiMAXを選ぶメリットは本当に少ないと思います。

お得に使うことを考えるとやはりおすすめはキャッシュバックなどキャンペーン特典の
魅力的なプロバイダということになりそうです。

-uq wimax

Copyright© WIMAXキャッシュバックのオキテ , 2018 All Rights Reserved.