WIMAXのキャッシュバック

WiMAX2+プロバイダでキャッシュバックキャンペーンが利用できるのはどこ?

投稿日:

WiMAX2+では現在でも多くのプロバイダでキャッシュバックが利用できる

スマホなど、自宅以外でもインターネット接続ができる端末は多くなりました。
最近ではタブレットPCを使っているという人も増えているようです。

スマホと違って端末にネット接続機能がないタブレットPCの場合はモバイルルーター
という屋外で使えるWi-Fiルーターを使う必要があります。

スマホが普及して一時期はあまり注目されなくなりましたが、最近ではまた多くの
ユーザーが注目するようになったモバイルルーターです。

そんなモバイルルーターの中でも月間データ通信容量の制限なしプランが有る
WiMAX2+回線はとても人気があります。

最近はまた多くのプロバイダがWiMAX2+に参入していて、多くのプロバイダから
選んで契約ができる様になりました。

各プロバイダも顧客獲得のために以前のようなキャッシュバックキャンペーンを
広く展開するようになっています。

このWiMAX2+のキャッシュバックキャンペーン、今でもかなり多くのプロバイダで
利用することができるのでとてもオトクなのですが・・・

どんなプロバイダがどれくらいのキャッシュバックを行っているのかがちょっと
わかりにくいという状況でもあります。

そこで実際にキャッシュバックキャンペーンを展開しているプロバイダの
キャンペーン内容を調べてみることにしました。

高額キャッシュバックといえばGMOとくとくBB

最近では高額キャッシュバックといえばここ、と言われるほどキャッシュバックに関して
注目されているのがGMOとくとくBBです。

とにかくキャッシュバック金額が大きく、月ごとにキャッシュバックを見直しているほど
派手な金額のキャッシュバックがとても魅力的です。

現状では最高金額42,100円というキャッシュバックが利用できるので、トータルの
支払総額を考えるとかなりお得なのがGMOとくとくBBということになります。

キャッシュバック対応端末は最新のW05を始めWX04、W04にホームタイプのL01sと
端末を選ぶこともできます。

何より2年契約でもキャッシュバックが利用できるというのは大きな魅力です。
他のプロバイダでは3年契約が条件というところも多いので。

ただし2年契約に対応している端末はW05とW04、L01sでWX04は未対応です。
それに2年契約の場合はキャッシュバック金額が下がります。

キャッシュバック金額は以下の通りになります。
・ W05 2年契約 32,400円 3年契約 42,100円
・ W04 2年契約 33,900円+150円 3年契約 41,900円
・ WX04 3年契約(クレードルセット) 41,100円
・ L01s 2年契約 32,400円 3年契約 34,600円

クレードルセットの場合、WX04以外はキャッシュバック金額が3,000円少なくなります。
現在はWX04がクレードルセットしか選べなくなっています。

これだけ細かく条件が別れていて、契約年数が選べるのはGMOとくとくBBだけです。
しかもキャッシュバック金額が大きいという魅力もあるプロバイダです。

GMOとくとくBBのキャッシュバックはもらいにくい

キャッシュバック特典に関してはとても魅力的なプロバイダなのですが、口コミを見ると
キャッシュバックの受け取りが難しいプロバイダとしても有名です。

受け取りに失敗する理由として多くの人が挙げているのがキャッシュバックの
確認メールが11ヶ月目に届くという機関の長さがあります。

例えば4月にGMOとくとくBBに申し込みをした場合、その月は端末発送月ということで
月額料金は最初の月の月額料金を使った日割り計算になります。

つまり端末発送がされた次の月が利用1ヶ月目ということになり、利用11ヶ月目に
GMOとくとくBBで作ったメアドあてにメールが届きます。

4月契約なら次の年の3月にメールが届くということになります。
はっきり言って1年後に届くメールということです。

しかも届くメアドは作るときに登録したメアドではなく、新規加入したときに作った
GMOとくとくBBのメアドです。

更にこちらのメアドにはGMOとくとくBBから宣伝メールが大量に届くので
それらのメールにキャッシュバック確認のメールが埋もれてしまうという意見も。

そしてこの確認メールが届いたら翌月末日までに返信して特典の振込口座を
指定しなければキャッシュバック自体が消滅してしまいます。

これらの手順やメール確認までの期間が長いことは確かにキャッシュバックを
もらうためにはかなり高いハードルになります。

ただWiMAX2+プロバイダのキャッシュバックに関してはGMOとくとくBBと
同じ様に長い期間がかかるという所も多いのです。

キャッシュバックキャンペーンは基本的にこのような形で受け取りが行われる
というのが実はWiMAX2+プロバイダの最大のデメリットかもしれません。

30,000円のキャッシュバックと月額料金割引が選べるBIGLOBE

GMOとくとくBBほどではないのですが、中々の高額キャッシュバックが利用できて
しかも月額料金割引と選んでキャンペーン特典を受け取れるのがBIGLOBEです。

キャンペーンは2種類、月額料金の割引が3年間トータルで62,570円になる
月額料金割引特典が使える特典A。

キャッシュバックが30,000円に毎月の月額料金割引の総額が38,570円になる
特典Bの好きな方を選んで受け取ることができるキャンペーンです。

キャンペーン対象プランとしては2年契約も選べるのですが、その場合は月額料金の
割引金額がちょっと下がります。

対象端末はW05とWX04にWX03、L01sの4種類。
対象プランはBIGLOBEで取り扱っているギガ放題とライトプラン、auスマホ割です。

ただしライトプランの2年契約はBIGLOBEでは取り扱っていないので2年プランは
ギガ放題かauスマホ割ギガ放題とauスマホ割ライトプランということになります。

それと2年契約に対応している端末はWX03のみになります。
他の端末では3年契約のみ選べるということなので注意しましょう。

キャッシュバックと月額料金割引、どちらを選んでもトータルで6万円以上の割引が
利用できるというのがBIGLOBEのキャンペーンの大きな魅力となっています。

クレジットカードの場合は有利だが口座振替はちょっと微妙

ただしこれらのキャンペーン特典が適応されるのは支払い方法がクレジットカードの場合。
口座振替の場合はキャンペーン特典の内容が変わります。

まずキャッシュバックが15,000円になります。
月額料金割引も3年間の総額が46,970円です。

ただしキャッシュバックと同時に行われる割引は3年間合計で38,570円と変わらず。
月額料金は口座振替でも変わらないようです。

対応端末なども同じ、契約プランの種類も一緒ですが口座振替の場合は最初に端末代
4,800円を代金引換で支払うことになります。

この端末配送時に事務手数料3,000円も同時に支払いが必要になります。
当然代引き手数料はユーザー負担になります。

元々端末代金は月額料金から毎月800円の割引があり、実質0円購入が可能です。
これはクレジットカードも同じなのですが口座振替では何故か最初に支払いがあります。

ただしキャッシュバックが6ヶ月後とちょっと早くなるのは口座振替のメリットです。
通常キャッシュバックは12ヶ月後に確認メールが届きます。

クレジットカード支払いよりも金額が少なく、もらえるまでの期間が短い。
受け取り方法は同じで、確認メールがBIGLOBEに登録したメアドに届きます。

確認メールが届いたらBIGLOBEの会員サイトからキャッシュバック受け取りの手続きを
行います。

ちなみに会員サイトでは受け取り手続きまでの期間を確認することができるので
忘れないように定期的に会員サイトで確認しておくことをおすすめします。

クレジットカード支払いなら30,000円という大きなキャッシュバックが受け取れるが
それまでに12ヶ月という長い期間が必要。

口座振替なら6ヶ月で受け取りができるが金額は15,000円に減ってしまう。
どちらにもデメリットがある、という印象のBIGLOBEのキャンペーンでした。

キャッシュバック受け取りまでの期間が短い@nifty

もう一つ、30,000円というかなり大きなキャッシュバックが利用できるのは
@niftyというプロバイダです。

こちらも多くの回線サービスの提供がある、大手プロバイダの一つですが
BIGLOBEと同じ30,000円という高額キャッシュバックを行っています。

特徴としてはモバイルルーター端末本体1円購入ができること。
実質0円ではなく、本体価格が1円になります。

そしてキャッシュバックまでの期間が短く、9ヶ月目には受け取りができる
という素早さが魅力のWiMAX2+プロバイダです。

キャンペーンに対応している端末はW05とWX04、L01sの3種類。
対応プランはギガ放題3年とライトプラン3年です。

若干選べるプランと端末が少ないのですが、キャッシュバック金額が高く
すぐに受け取りができるという魅力は高いです。

キャッシュバックの確認メールが端末発送月を含む4ヶ月後に届きます。
このメールではキャッシュバック振込口座の確認、指定方法が書かれています。

このメールが届いた後、振込予定日には実際にキャッシュバックが行われます。
9ヶ月目には受け取ることができるのです。

ちなみにキャッシュバックの確認メールは4ヶ月間利用したことが確認できた時点で
@niftyのメールアドレスに届きます。

でもそれ以前に@niftyの会員サイトからキャッシュバックの振込口座の指定を
行えるのです。

確実にキャッシュバックを受け取るためにも契約後すぐにキャッシュバックの
口座指定をしておくことをおすすめします。

月額料金の割引が少なく他に@niftyを使っていないと250円余分にかかる

キャッシュバック金額も大きく比較的すぐに特典の受け取りができるというのが
@niftyの大きな魅力です。

ただしキャッシュバック以外のキャンペーン特典が少なく、特に月額料金の
割引はほとんどありません。

キャッシュバックの対象になっているギガ放題3年契約プランでは最初の3ヶ月は
月額料金3,420円という安い金額で利用することが出来ます。

でもそれ以降、3年間の36ヶ月目まで4,100円という月額料金になります。
BIGLOBEと比べるとかなり月額料金が高いと感じます。

その他にも多くの回線サービスの提供がある@niftyですが、WiMAX2+回線のみの
契約という場合にはこれに@nifty基本料金250円がかかります。

光回線やADSL回線など他の回線と併用してWiMAX2+を使う場合はこの基本料金は
必要ないのですが、WiMAX2+のみの契約では月額料金が高くなります。

元々割引の少ない月額料金が更に高くなるのでキャッシュバックをもらった後の
負担の大きさがとても気になる@niftyです。

2年契約だとキャッシュバック金額が下がり、対応端末も変わる

もう一つ、@niftyではキャッシュバックが行われていて、対象プランが
ギガ放題とライトプランの2年契約です。

2年契約の場合はキャッシュバック金額が20,000円になり、対応端末も
3年プランとは変わっていました。

対応端末がW04とWX03にL01sとL01s以外は3年プランの対象端末の
一つ前の型の端末になっていました。

一応端末の在庫がなくなると終了というキャンペーンなので端末の在庫処理という
印象がかなり大きいのですが・・・

キャッシュバック金額が少なくなっても2年契約をしたいというならこちらも
おすすめできると思います。

ちなみにキャッシュバックの方法は3年契約と同じで4ヶ月の利用が確認できた時点で
@niftyのメアドにキャッシュバック口座確認のメールが届きます。

そのメールが届く前に会員サイトで口座指定ができるのも同じで、振込されるのが
9ヶ月目というところも一緒です。

注意点としては対応端末のWX03はハイスピードプラスエリアに対応していません。
つまりauのLTE回線を使うオプションが使えないので気をつけましょう。

安心のサービスと素早いキャッシュバックが魅力のUQ WiMAX

WiMAX2+回線はUQコミュニケーションズという会社が提供しているサービスで
その会社が行っているプロバイダサービスがUQ WiMAXです。

多くのユーザーから「本家」と言われる理由は回線提供会社が行っているプロバイダ
という意味も大きいと思います。

当然WiMAX2+で提供しているすべてのサービスを利用することが出来ます。
各プロバイダが独自で行っているサービス以外は何でもあります。

ただ以前はあまりキャンペーン展開をしておらず、お得に使えるという印象が
あまりなかったのも事実です。

でも最近ではUQ WiMAXでもかなり多くのキャンペーン展開をしています。
キャッシュバックも行われていて、最大10,000円をもらうことができます。

まあはっきりいうと他のプロバイダと比べて少ないという印象はあります。
ただし回線提供元が行っているプロバイダなので安心感は高いです。

まあ回線の品質は変わらないのでサービス内容とサポート対応以外に違いは
無いのですが。

そんなUQ WiMAXのキャッシュバックの魅力はとにかく受け取りまでの期間が
短くてすぐに受け取れるということ。

契約した翌々月に条件を満たしていれば振込口座の確認メールが届きます。
それでキャッシュバック金額の振込口座を指定すれば最速翌日に振り込まれます。

他のプロバイダと比べても3ヶ月目にキャッシュバックがもらえるというのは
とても素早く、大きな魅力に感じました。

対応端末が少なく最新端末を選べない

一方で対応している端末の種類が少なく、最新端末のW05を選ぶとキャッシュバックが
受け取れないというのがUQ WiMAXの大きなデメリットです。

10,000円キャッシュバックの対応端末はWX04とL01sのみです。
UQ WiMAXではW05の取扱もありますが、キャッシュバックには対応していません。

10,000円のキャッシュバックをもらうためにはW05以外の端末を選ぶ必要があり
しかも端末代金は0円ではありません。

まあ端末代金は800円なので月額料金からの割引などが行われていると思いますが。
ちなみにWX04は今ならクレードルセットで800円です。

かなり厳しい条件に思えますが、以前よりも良くなっています。
以前はWX04がクレードルセットではなく、キャッシュバックも5,000円でした。

サポートなどサービスが充実しているのですが月額料金の割引も少なく
キャッシュバックもあまり高くないのはとても気になるところです。

UQ WiMAXをあえておすすめするのはキャッシュバックがとても早いという所
くらいでしょうか・・・

スマホでauを使っているなら30,000円キャッシュバックの3WiMAX

大手プロバイダ以外でもキャッシュバック特典が利用できるところがありました。
それが30,000円キャッシュバックを行っている3WiMAXというプロバイダです。

かなり独特な契約プランを提供しているという印象のプロバイダです。
特徴はプレミアムプランが4年契約ということ。

月額料金が最初の3ヶ月間、1,970円というかなりの低価格になります。
その後の契約期間も割引があるのでかなり安く使えそうです。

キャッシュバックに関しては通常のプランではなくauスマホ割プランで利用できます。
その名前の通りauスマホの割引が出来るWiMAX2+プランとなっています。

契約期間は2年間、月額料金は最初の2ヶ月間が3,695円でその後は24ヶ月後まで
月額4,330円です。

そしてauスマホの月額料金が最大1,000円割引と30,000円のキャッシュバックを
利用することが出来るプランです。

WiMAX2+としての割引はほとんどなく、キャッシュバックも受け取りまで14ヶ月かかる
というかなり厳しい印象ですがauスマホを持っていれば負担の軽減はできるかと。

特にauユーザーに特化したタイプのキャンペーンだと思いました。

スマートバリューはどこでも使える

かなり特徴的なサービス提供の3WiMAXですが、WiMAX2+のプロバイダとしては
あまりお得ではないという印象です。

確かにプレミアムプランを使えば月額料金の割引がされますが、契約期間が4年間
というのは長すぎます。

月額料金の割引率を見ても他のプロバイダの月額料金割引とあまり変わらず
わざわざ3WiMAXを選ぶ理由にはなりません。

しかもキャッシュバックはauスマホを持っていなければ適応できず、スマホの割引も
3WiMAXだけの特典というわけではありません。

WiMAX2+プロバイダならどこでもauスマートバリューの適応ができるので
スマホのデータ定額パックの割引を利用することが出来ます。

これも3WiMAX独自のキャンペーンではないのでここを選ぶ理由にはなりにくく
キャッシュバックの受け取りは14ヶ月後とかなり遅いです。

キャッシュバックの口座確認メールも登録するときに使ったメアドではなく
3WiMAX会員になったときに出来た3WiMAXのメアドに届きます。

それが14ヶ月目に届くので実際にキャッシュバックの受け取りはさらに後になります。
かなり時間がかかるというのに条件として有料オプションの加入もあります。

安心サポートプラスとMy SSサポートの2つの有料オプションへの加入も必要です。
キャッシュバック金額が大きいのですが条件がとても厳しくなっていました。

同じ30,000円のキャッシュバックなら他に条件のゆるいところもあるので
3WiMAXを選ぶ理由がちょっとわかりませんでした。

初期費用無料になればとても安く使えるBroad WiMAX

公式にはキャッシュバックを行っていないのですが月額料金がとても安く条件を満たせば
かなりお得に使えるのがBroad WiMAXです。

他のプロバイダでキャッシュバックの条件になっているギガ放題プラン3年契約の場合
Broad WiMAXで契約すれば最初の2ヶ月間は月額2,726円という料金です。

その後3ヶ月から24ヶ月までは月額3,411円、25ヶ月から36ヶ月目までは
月額4,011円という料金です。

しかもクレジットカード支払いでの申込みで、安心サポートプラスとMy Broadサポート
という2種類の有料オプションに加入すれば初期費用18,857円が無料になります。

Broad WiMAXのデメリットとして初期費用がかかるという理由があるのですが
その初期費用を無料にすることで純粋に月額料金の安さを実感できるようになります。

初期費用が18,857円のキャッシュバックで相殺できると考えればBroad WiMAXは
安く使えるプロバイダということになりそうです。

他のプロバイダでは必要ない初期費用はそもそもお得ではない

初期費用が無料になれば確かに月額料金が安いのでお得に使えるという印象ですが
よく考えると他のプロバイダにはない初期費用を支払うのは全然お得ではありません。

一応Broad WiMAXでは初期費用が必要な理由を発表していますが・・・
ちなみに事務手数料とは別で、Broad WiMAXも初期費用と事務手数料が必要です。

対応端末もW05、WX04とL01sが用意されているので他のプロバイダと変わらず
最新端末を選ぶこともできます。

そしてBroad WiMAXは口座振替に対応しているプロバイダですが、口座振替の場合は
初期費用無料が適応されません。

クレジットカード支払い限定のキャンペーンなので口座振替の場合は支払総額が
他のプロバイダよりも高くなります。

そしてこちらも有料オプションへの加入が条件となっています。
まあ契約後すぐに解約しても初期費用無料は適応されるのですが。

確かに初期費用分だけキャッシュバックをもらった、と思えばお得感もありますが
実際には他のプロバイダでキャッシュバックをもらったほうがお得感は高いです。

別サイトから商品券10,000円のキャッシュバックがある

Broad WiMAXが行っているキャンペーンではないのですが、独自のキャンペーンを
展開しているサイトが有りました。

そちらからBroad WiMAXに加入するとAmazonの商品券10,000円分を
キャッシュバックでもらうことができます。

公式サイトではないWEBサイトからの申し込みになるのですが、そちらで記入して
申し込みをすることでメールにAmazonの買い物に使えるプロダクトコードが送られます。

それを自分のAmazonアカウントに入れることで商品購入に使えるポイントが
10,000円分チャージされます。

このキャンペーンの魅力はBroad WiMAX契約当日にメールが届いてキャッシュバックが
受け取れるということ。

Amazonでの買い物に使えるポイントなのでよく使って買い物をしている人にはほとんど
現金と変わらない感覚で使えるということ。

デメリットはキャッシュバックを使うためにはAmazonアカウントが必要です。
通販サイトとしてAmazonを使っていない人もあまり魅力はありません。

それに代理店を通して契約をするので公式サイトでの契約よりもトラブルになる可能性は
高いと思います。

まあAmazonの商品券に魅力があるならこんなキャンペーンもあるのでBroad WiMAXは
もう少し魅力的に思えるのではないでしょうか。

WiMAX2+はキャッシュバック金額だけでプロバイダを判断しないことが重要

色々なプロバイダのキャッシュバック特典を見てきましたが、キャンペーン自体は確かに
金額が大きな方が魅力的に感じます。

でもWiMAX2+はモバイルルーターで、契約すれば少なくても2年間は使い続けることが
必要なインターネット回線です。

まあ途中解約の違約金を支払うことが負担にならなければ途中解約という手段も
あるのですが。

普通は契約期間、使い続けると思うのでその契約期間と期間中のサービスなども
契約するときに考えるべきだと私は思います。

つまりどんなにキャッシュバック金額が高くてもサービスが良くなければ
使い続けることは難しいかと。

そこでキャッシュバック金額以外に注意することを考えてみました。
WiMAX2+契約にはここにも注意しましょう。

月額料金の割引が使える場合はどちらにするかよく考える

プロバイダによってはキャッシュバック以外にも月額料金割引が出来る
キャンペーン展開も行っています。

プロバイダによってはキャッシュバックよりも使いやすく、かなりお得になる
というキャンペーンの場合もあります。

キャッシュバックはもらうことができれば確かにお得で、現金なら使いみちも
色々と考えられるというメリットがあります。

ただ現状キャッシュバックの受け取りにはそれなりの手続きが必要で
手続きを忘れるとキャッシュバックの受け取りができなくなります。

基本的に救済措置がないので失敗したらそれまで。
かなりリスクのあるキャンペーンという印象です。

でも月額料金割引なら基本的には最初の契約申し込みだけで、後は勝手に
割引が適応されます。

それにプロバイダによってはキャッシュバックを選んでもそれなりに月額料金の
割引をしてくれるところもあります。

キャッシュバックをもらって、更に月額料金が少しでも下がるなら契約期間の
金銭的な負担はかなり下がると思います。

後はキャッシュバックに必要な条件の中に有料オプションがあるかも確認すると
いいと尾もいます。

無料期間中に解約すれば月額料金がかからない、と言われても忘れる可能性は
無いとは言えません。

それにすぐに解約しても最初の月の月額料金の支払いはある、という場合も。
余計な負担がかかる条件があるかも確認をしておきましょう。

3年契約が本当に不利なのか確認する

それともう一つ、多くの検証サイトでも「WiMAX2+の3年契約はリスクが大きい」
と説明されていますがそれは本当なのでしょうか。

サイト内では3年契約すると端末が古くなってしまうという理由がありました。
確かにWiMAX2+端末は2年くらいで新作が発表されています。

つまり3年契約をすると新作発表とのタイミングが合わず、古い端末を使うことになる
というのがおすすめしない理由だとか。

でも基本的に全てのユーザーが2年毎に契約しているわけではないかと。
最近新しく購入をしたという人ならそもそも最新端末を発表当時に使っていないことも。

現状の最新端末W05も2018年1月発表の商品なのでそろそろ1年が経ちます。
これを今から契約したら2年契約でも次の端末発表からはずれてしまう可能性が高いです。

それに必ず2年毎に新作が発表されているわけでもありません。
端末の発売時期は私には全然デメリットに感じませんでした。

後は3年契約の場合、LTEオプションの料金が無料になるというメリットもあります。
LTE回線を使わないかもしれませんが、料金がかからないというのはとても魅力的です。

3年契約はそれほど大きなデメリットではないのですが、解約できるタイミングが
3年に一度というのはかなり注意が必要だと尾もいます。

解約タイミングを逃してしまうと次に違約金なしで解約できるのは3年後。
これはとても大きなデメリットだと思います。

質問サイトでWiMAX2+のキャンペーンの選び方を調べてみる

実際にWiMAX2+を契約しようと思っている人は、やはりキャッシュバックなど
キャンペーン特典の多彩さが大きな悩みになるようです。

そこで質問サイトで実際に投稿された質問を返信する形で私のWiMAX2+プロバイダの
選び方を紹介したいと思います。

WiMAX2+のキャッシュバックキャンペーンって振り込まれるの?

商品券でなければ基本的に振込でもらうことができます。
契約継続期間の確認ができたらプロバイダから特典振込に関するメールが届きます。

ただし契約期間は早くても3ヶ月、長い場合は12ヶ月以上というプロバイダがあります。
その後にメールで振込口座の指定をするので場合によっては忘れてしまうことも。

この振込口座指定メールに返信しないとキャッシュバックが消失することが多いので
メールの確認をしっかりとすることをおすすめします。

キャンペーンを使わずに申し込みするともったいない?

キャッシュバックの手続きが面倒くさいというなら月額料金割引がおすすめ。
キャッシュバックと違って申込時の手続きだけで特典利用ができる。

プロバイダによってはかなりお得になる月額料金割引キャンペーンを展開しているので
お得感も高く簡単なのでおすすめ。

今月のみのキャンペーンって本当に今月だけ?

プロバイダによっては毎月キャッシュバックを行っていて「今月のみ」と宣伝を
行っているところも多くあります。

ただし実際にその月だけの場合もあります。
更に別の月にはキャッシュバック金額が変わるという場合も。

キャッシュバック金額が変わる場合、多くなれば問題ないのですが少なくなる
という可能性もあります。

キャンペーンが延長されるかは分からないので使いたいキャンペーンがあれば
迷わずに申し込みすることをおすすめします。

最近のキャッシュバック特典は1年近く使われていることを確認してから
メールで振込口座を指定するという方法が主流になっています。

ただ契約途中で解約、コース変更をした場合にはキャッシュバックがなくなる
というプロバイダも多いです。

また契約途中で月額料金の支払いが滞るとやはりキャッシュバックの権利がなくなる
というプロバイダも多いです。

月額料金の延滞は当然ですが支払いの遅延でも特典利用ができなくなる可能性もあるので
支払い口座の残高には十分に注意しましょう。

-WIMAXのキャッシュバック

Copyright© WIMAXキャッシュバックのオキテ , 2018 All Rights Reserved.