ケーズデンキ wimax

ケーズデンキで使えるWiMAX2+のキャッシュバックはお得?

投稿日:

ケーズデンキでWiMAX2+に加入するのはおすすめしない

最近ではちょっと落ち着いていますが、以前はモバイルルーターの加入キャンペーンが
とても多くの家電量販店で行われていました。

ノートPCやタブレットPCを屋外でもネット接続できるようになるモバイルルーター
その利便性はとても高く、多くのユーザーが注目しました。

今でもWiMAX2+は多くのプロバイダで提供されている人気のモバイルルーターですが
こちらは家電量販店で加入するとお得なのでしょうか?

ケーズデンキでも高額キャッシュバックを展開しているという話ですが、私の意見は
あまり家電量販店でのWiMAX2+加入はおすすめしません。

確かにメリットもあるし、キャッシュバックのようなキャンペーン特典も魅力的です。
でも大きなデメリットも実際にあります。

例えば今ケーズデンキで行っているキャンペーンもとても魅力的なのですが
これを使ってWiMAX2+に申し込みをするのはちょっと考えてもらいたいです。

なぜ家電量販店の申し込みはおすすめしないのか。
ケーズデンキのキャンペーンで説明したいと思います。

ケーズデンキで申し込むとプロバイダがKT WiMAXになる

私が気になる問題点としてはまずプロバイダを選ぶことが出来ないこと。
ケーズデンキでWiMAX2+の申込みをするとプロバイダはKT WiMAXになります。

WiMAX2+自体はUQコミュニケーションズが提供している回線で、他のプロバイダは
この回線を利用してサービス提供をしています。

つまりどこから申し込みをしても使っている回線が同じなので通信速度などに
大きな違いはでないのです。

ではプロバイダを選ぶことで何が変わるのか。
それはプロバイダが提供しているサービスが違ってくるのです。

回線の利用プランはもちろん、オプションサービスや会員専用サイトなど。
サポートセンターの対応などもプロバイダが提供するサービスです。

選んだプロバイダによってこのサービス内容が大きく変わってくるのです。
ではケーズデンキで加入するKT WiMAXはどうなのでしょうか。

基本的には家電量販店の通信サービス部門なので一通りのサービスはありますが
それを一般的なプロバイダと比べるのは可愛そうです。

はっきり言うと会員専用サイトなどがなく、サポートは全て電話対応なので
自分の会員情報を確認するだけでも大変です。

それに加入受付が店頭でのみ対応、ということなのでインターネット上から
ケーズデンキでWiMAX2+の申し込みをすることが出来ません。

ちょっと使いにくいサービス、という印象なのがKT WiMAXでした。

キャッシュバックがあまりお得にならない

大きなものではもう一つ、ケーズデンキで行っているキャンペーン特典が
あまりお得ではないというのが気になります。

公式サイト上では新規加入ができないので基本的にキャンペーンは各店頭で
確認をする必要があります。

私が調べた店舗ではキャッシュバックというか還元という言い方でキャンペーンが
展開されていました。

その金額は50,000円とかなり大きな金額なのですが、適応条件を聞いてみると
かなり微妙な感じがしたのです。

まあ実際に利用しても損をすることはないのですが、お得になると断言できるほど
魅力的なキャンペーンでもありませんでした。

宣伝のとおりに「50,000円のキャッシュバック」を使えるならとてもお得で
おすすめしやすいのですが・・・

ではどんなキャンペーンがケーズデンキで展開されているのか。
詳しく確認してみることにしましょう。

ケーズデンキの50,000円還元は月額料金が高い

キャッシュバックのような50,000円還元というキャンペーン特典を利用するために
ケーズデンキの店頭でWiMAX2+への新規加入申し込みをします。

それなら普通のキャンペーンと同じなのですが、このキャンペーンではケーズデンキの
店内指定商品を同時購入することが条件の一つです。

指定商品はWiMAX2+と関わりの深いパソコンやタブレットPCも含まれているのですが
それ以外の家電、冷蔵庫や洗濯機なども対象商品です。

そして契約プレンはFlatツープラスギガ放題まとめて1670プランに加入すること。
これも条件になっていました。

通信プラン自体はギガ放題プランなので月間データ通信容量の上限を気にせずに
インターネット接続ができます。

ただし通常のギガ放題プランはケーズデンキで加入した場合、月額4,380円なのに対し
まとめて1670プランでは1,547円高い5,927円になります。

まあはっきり言うと1,547円に消費税を加えた1,670円が有料オプションとして加算され
それを24回支払うことが50,000円還元の条件になるのです。

つまり50,000円をもらうために40,080円を支払うということ。
実質の割引金額は1万円もない、という状況になります。

これがケーズデンキで申し込みすることをおすすめできない理由です。

キャッシュバックではないので途中解約に注意

ケーズデンキで50,000円還元を利用した場合、途中解約をすることにも注意が必要
ということになります。

店舗によっても還元方法が違うと思いますが、基本的には同時購入商品から5万円を
割引して購入していると思います。

ただしケーズデンキの還元はキャッシュバックではなく分割購入の24回払いと同じで
4万円位を分割して支払っているのと同じ状態です。

普通のキャッシュバックならもらった後に解約しても通常の複数年契約の途中解約の
解約違約金を支払うだけです。

でもケーズデンキの場合は分割支払が終わっていないので未払い分の一括支払いを
請求されるということに。

例えば契約して1年で解約した場合、解約違約金が普通に19,000円必要で、その他にも
まとめて1670プランの未払い12回分の支払いが必要です。

1,547円の12回で18,564円に消費税の20,050円がかかります。
つまり4万円近くの違約金が必要になるという状況です。

とても大きなリスクが出来てしまう、というのもケーズデンキのキャンペーンを
おすすめしにくい理由になります。

ケーズデンキは特典によって対応機種が変わる

ケーズデンキで行っている50,000円還元の特典では対応端末も決まっています。
キャンペーンを利用するためにはルーターも指定されたものを選ぶ必要があります。

そして私の行った店舗では対応ルーターに最新端末がありませんでした。
まあ当時の最新なので、今なら利用できるかもしれませんが。

私が調べたときの最新端末はW05という端末でした。
2018年の11月に新しい端末WX05が発表されるまでこれが最新でした。

ケーズデンキの50,000円還元の説明を確認すると対応ルーターには
W04とWX04、WX03とホームルーターのL01sとありました。

この時点での最新端末W05ではこちらのキャンペーン適応にはならずに
50,000円還元が行われないのです。

一応最新端末以外でもそれほど大きな問題点はないので、WiMAX2+回線を
使うためには十分だと思います。

ただ最新端末はやはり機能的にも性能的にも使いやすくなっているので
高性能商品を使いたい、というのは普通の感情だと思います。

実際のお得感がなく、最新端末も使えないというのはかなり厳しい状況です。
おすすめしにくいのもわかってもらえるかと。

ケーズデンキのWiMAX2+対応端末には最新端末がある

ケーズデンキでは最新端末を使うことが出来ないのか。
一応端末の対応表も確認してみました。

ケーズデンキのプロバイダ、KT WiMAXの公式サイトを確認してみると対応端末には
ちゃんとW05が入っていました。

ちなみに2018年11月発売のWX05も対応端末になっています。
KT WiMAXで使えないということはなさそうです。

ケーズデンキでは申し込みは全て店頭なので、後は店頭在庫があればということに。
これは各店舗で違うので実際に確認してみないとわかりません。

公式サイトでは端末の価格を確認できなかったのですが、キャンペーンのチラシでは
端末価格は最新端末でも1円とありました。

本体1円購入ができるということです。
端末本体の負担が少ないというのは嬉しいところですが、他のプロバイダでも多いです。

ただ実質0円ではなく本体1円購入というのは嬉しいところです。
それでなくても途中解約の負担がかなり大きいのがケーズデンキですから。

ケーズデンキは月額料金が高めで割引がほとんどない

ケーズデンキのキャンペーンの特徴がわかったので次に月額料金についても
確認してみることにします。

キャンペーンの適応条件になっているプランについては月額料金も少し説明しましたが
ケーズデンキで加入するWiMAX2+のプランは選ぶことが出来ます。

キャンペーン対応プランも含めて、ケーズデンキで契約できるプランの内容を全て
確認します。

まずWiMAX2+回線の特徴でもある月間データ通信容量上限なしプランのギガ放題。
ケーズデンキでもFlatツープラスギガ放題としてサービス提供されています。

契約期限を決めない場合は割引がないので月額5,880円です。
ただこのプランを契約する人はほとんどいないと思います。

一般的にはギガ放題の2年プランか3年プランを契約します。
3年プランの場合は有料オプションのauのLTE回線利用が無料になります。

こちらは割引がついて月額4,380円、長期契約割を含めてこの金額になります。
契約更新をしても月額料金は4,380円です。

もう一つは月間データ通信容量の上限が7GBの普通のプランです。
Flatツープラスというプランでこちらは2年、3年、4年とあります。

ただしFlatツープラスの4年契約はauスマホ割での申し込みが必要です。
割引適応でどのプランでも月額3,696円です。

Flatツープラスでも期限なしのプランが利用できますが、割引適応がないので
月額料金は5,196円です。

契約できるプランは豊富ですが、どのプランも他のプロバイダに比べると
月額料金が高いと思います。

ケーズデンキではauスマートバリューの利用も可能

契約プランの中にauスマホ割というのがありますが、これは簡単に言うと
auスマホを持っている場合の割引適応が出来るプランということになります。

WiMAX2+を提供しているUQコミュニケーションズはauと同じ親会社を持つ
系列会社です。

つまりどちらもKDDIのグループ企業なので合わせて契約することで割引をする
キャンペーンが展開されています。

WiMAX2+でもauスマホユーザーが契約することでauスマホのデータ定額パックを
割引するキャンペーンが利用できます。

それがauスマートバリューというサービスです。
これを使うためのプランがauスマホ割というわけです。

まあauスマホ割以外のプランでもauスマートバリューを適応させることはできますし
あまりこだわる必要はないのですが。

一応Flatツープラスの4年契約プランはauスマートバリュー利用可能ユーザーのみが
契約できるプランです。

ただケーズデンキでこの4年プランに加入しようという人はいないと思います。
月額料金の割引がないのに4年という長期間の契約はリスクが高すぎます。

キャッシュバックを考えると短期間で何度も新規契約をしたほうが特典利用回数も
増えるのでお得になります。

ケーズデンキ以外でもauスマートバリューは使える

スマホも割引ができるというのは魅力的なサービスですが、これはケーズデンキだけ
というサービスではありません。

先ほど説明したようにauとWiMAX2+がどちらも同じ親会社ということで利用できる
割引サービスです。

つまりWiMAX2+を提供しているほとんどのプロバイダでこのサービスを利用することが
できる様になっています。

基本的には各プロバイダとも条件は一緒でWiMAX2+契約ユーザーがauスマホを
契約していることです。

そして割引金額はスマホのデータ定額パックの容量によって変わります。
大容量の定額パックを使っていれば月額1,000円近くの割引が利用できます。

家電量販店のプロバイダでも問題なく利用できるようで、ケーズデンキを始め
ビックカメラやエディオンなどでもこの割引を利用できます。

まあauスマートバリューはケーズデンキでWiMAX2+を選ぶための理由には
なりにくいということです。

ケーズデンキならWi-Fiスポットが無料で使える

月額料金の割引やキャッシュバックに比べるとちょっと魅力は落ちますが
ケーズデンキではWi-Fiスポットが無料で使えます。

Wi-Fiスポット、公衆無線LANスポットがオプションであるのですが、これが
月額無料で利用できるのです。

しかも名前はKT Wi-Fiプレミアムというサービスですが、内容は回線提供をしている
UQ WiMAXのUQ Wi-Fiプレミアムと同じです。

設置されているのがファーストフード店やファミリーレストラン、飛行場のラウンジ
公共交通機関など特定の場所と決まっています。

でもそこが自分の行動範囲内にあるなら無料でインターネット接続ができます。
一応申し込みは必要ですが。

提供しているのはUQ WiMAXなので利用可能場所の確認はUQ WiMAXで行います。
それがちょっと面倒と言えるのですが。

他のプロバイダではWi-Fiスポットサービスがあっても月額料金の必要な
有料オプションという所も多いです。

それにモバイルルーターを契約している状況でWi-Fiスポットをそれほど使うか
という疑問もありますが・・・

無料でネット接続が出来るサービスはやはりちょっと魅力的です。
このサービスに関してはケーズデンキに魅力を感じました。

ケーズデンキのWiMAX2+の口コミはあまり良くない

では実際にケーズデンキでWiMAX2+に加入した人の意見を調べてみます。
口コミを確認してみると、やはりちょっと微妙な印象でした。

その理由としてはキャッシュバック、割引キャンペーンがお得ではないことを
利用した人もわかっているためのようです。

確かに50,000円還元というキャンペーンはとても魅力的に感じます。
そして実際に契約してみると契約しているプランに有料オプションがついています。

その有料オプション、まとめて1670の料金が利用明細ではっきりと記載されています。
ちゃんと明細を見れば1,547円が加算されて支払われているのがわかるのです。

まあ最初から説明されて購入しているので多くの方はわかっているのですが。
それに商品によっては結果1万円近くの割引が出来るわけですし。

それとプロバイダとしてのサービスにも不満を持っている人がいました。
自分の契約内容の確認がWEB上で出来ないというのが不便と感じるようです。

一般のプロバイダなら会員サイトがあって、自分の契約内容の確認はいつでも簡単に
WEB上でできる様になっています。

ケーズデンキの場合は電話対応になるのでサポートセンターが営業している時間に
確認をする必要があります。

いつでも手軽にできないことへの不満を見かけることも多いのでやはりちょっと
不便に感じる人も多いようです。

ケーズデンキ店頭での対応に関する口コミは良い

WiMAX2+プロバイダとしてのケーズデンキの評判は微妙ですが、店頭での対応は
かなり好印象となっていました。

確かに接客対応の満足度がNo.1と宣伝していることに間違いないようです。
50,000円還元の説明もしっかりとしてもらえたという意見は多く見られました。

契約プランの説明。月額料金の金額や支払い方法なども疑問はないという意見が
多く見られました。

ただしWiMAX2+に詳しい店員がいなかったという意見も。

店舗にもよるのですがケーズデンキの場合、WiMAX2+の専属販売員や説明人員を
個別に入れていないようです。

WiMAX2+などの通信関係の説明も家電量販店の店員が行うので人によって
説明が出来ないという状況もあります。

その店舗にWiMAX2+に詳しい店員がいればいいのですが。
たまたま休みだったなど説明ができないという状況もあるようで。

料金体系などちょっと特殊なところもあるWiMAX2+なので詳しくない人が
申し込むならやはり店員に色々と聞きたいと思います。

店頭での契約のメリットは店員に聞きながらWiMAX2+を契約できるところなので
ケーズデンキで契約する場合はできれば詳しい店員のいる店舗にしましょう。

家電量販店ならWiMAX2+を契約当日に使えるメリットが有る

ケーズデンキのような家電量販店でWiMAX2+の契約をするメリットはもう一つ
契約当日からWiMAX2+でのインターネット接続が出来ることです。

インターネット上からプロバイダを選んで契約した場合、一般的には支払い方法が
確定した後にモバイルルーター端末を発送することになります。

クレジットカード支払いを選べばほとんどの場合、当日すぐに支払い方法の確定が
出来ますのでそこから発送手続きに入ります。

一般的には3日から7日くらいで発送が終わり手元に届くはず。
申し込みから1週間以内というのが一般的なプロバイダで契約した場合です。

でも家電量販店の店頭申込なら契約手続きが終わればすぐに端末を渡してもらえます。
当然店頭に端末の在庫がある、という条件付きですが。

ケーズデンキの場合はWiMAX2+の支払い方法はクレジットカード支払いのみ。
利用可能なクレジットカードが有ればすぐに契約が出来ます。

ただWEB申し込みのプロバイダでも即日発送に対応しているところはあります。
契約当日に端末発送ができれば翌日、翌々日には手元に届きます。

ケーズデンキで申し込みをすればすぐにネットが使えるようになる、というのは
確かに魅力だとは思いますが・・・

インターネットから申し込みをしてもそれほど時間に違いがないと思います。
どうしても当日に使いたいというなら家電量販店もおすすめできます。

ケーズデンキでのWiMAX2+申し込みは魅力が少ない

色々と調べてみてもやはり私の意見としてはケーズデンキでのWiMAX2+申し込みは
おすすめしにくいという意見です。

以前はケーズデンキで使える商品券20,000円分のプレゼントやキャッシュバックなど
魅力的なキャンペーンも広く展開されていました。

でも現在ではキャッシュバックに近い、50,000円還元は実質1万円くらいの割引です。
しかも商品の同時購入が条件というかなり使いにくいキャンペーンです。

月額料金も他のプロバイダのような割引キャンペーンもなく、WiMAX2+プロバイダの
全体的に高い部類に入ると思います。

それに地域ごと、店舗ごとに展開しているキャンペーンが違うのでお得になる
という情報が分かりにくいというのもおすすめしにくいところです。

WEB上にはKT WiMAXの公式サイトがありますが、こちらから店舗の
キャンペーン情報を確認することが出来ません。

店舗ごとのWEBチラシを見ても全てのキャンペーンを把握することは難しく
はっきり言って店頭に行ってみないとわからないというのは厳しいです。

店頭でキャンペーンがあったとしても対応機種やキャッシュバック金額など
ネット上のプロバイダのほうがお得感が高いキャンペーン展開をしています。

ケーズデンキを含めた家電量販店でのWiMAX2+申し込みはおすすめしにくい
というのが私の感想です。

相談サイトではケーズデンキでお試ししてみることもおすすめ

ユーザーの質問サイトではやはりWiMAX2+のプロバイダをどこにすればいいか
悩んでいる方が多く質問をしていました。

その回答の中にちょっと気になる物がありました。
それがケーズデンキでWiMAXのお試しをしてみる、という答えです。

実際にWiMAX2+が自分の行動範囲、自宅内でどこまで使えるのかを確認するために
ケーズデンキでは端末のレンタルをしているのでそれをつかうということです。

レンタルするにはクレジットカードが必要ですが、レンタル可能な端末があれば
すぐに貸し出してくれて実際にWiMAX2+回線を使ってみることができます。

15日間の無料レンタルで、返却ができない場合はクレジットカードから端末代金を
引き落とされるというシステムのようです。

ただこのレンタルは現在家電量販店からの申し込みが出来ません。
申し込みはUQ WiMAXの公式サイトから行いましょう。

以前は多くの家電量販店でTry WiMAXというサービスでレンタルがあったのですが
現在はUQ WiMAXからの申し込みのみです。

システム的には同じなのでやはりクレジットカードが必要で、端末は郵送される
という形になっています。

一応最新端末もレンタル商品としてあるのですが、いつも貸出中なので運が良ければ
というところでしょうか。

現在のレンタルはケーズデンキなどの家電量販店ではなく公式サイトからの申し込み
ということを間違えないようにしましょう。

-ケーズデンキ wimax

Copyright© WIMAXキャッシュバックのオキテ , 2019 All Rights Reserved.