GMOとくとくBB WIMAX

とくとくBB(GMO)キャッシュバックと月額割引(キャッシュバックなし)どっちがお得?

投稿日:

GMOとくとくBBならキャッシュバックもお得だがおすすめは月額割引

屋外でインターネットを使う時に便利なのがモバイルルーターです。
最近では固定回線の代わりに使うという人も多いとか。

賃貸住宅では勝手に固定回線を引くことが出来ませんが、電波を使ったモバイル通信なら
何も問題なく自宅でも使えるのでとても便利だと思います。

でもそんなモバイルルーターを取り扱っているプロバイダも多く、どこで契約すれば
お得になるのかよくわからないという人も多いと思います。

そんな人におすすめなのがGMOとくとくBBというプロバイダのWiMAX2+です。
こちらは多くの特典が使えるプロバイダとして有名なところです。

特に今でも高額キャッシュバックが利用できるので注目度も高いのですが、それ以外にも
月額料金の割引キャンペーンも展開されています。

ただ同時に使えないというのがちょっと残念なところですが・・・
ではGMOとくとくBBではキャッシュバックと月額割引野どっちがお得なのでしょうか。

現在展開されているキャンペーンは次のようなものです。
・最大42,000円のキャッシュバック
・月額割引キャンペーン
・「得の極み」月額割引キャンペーン

私としてはキャッシュバックよりも月額割引のほうがお得というか手間がかからない
と思うのです。
その理由とキャンペーン内容を合わせて説明したいと思います!

GMOとくとくBBのキャンペーンは端末で決まっている

まずGMOとくとくBBが行っているキャンペーンですが、適応条件の中に契約端末
つまり使うルーターの種類があります。

簡単に言うとルーターによって利用できるキャンペーンがちょっと違います。
まあ基本的にはキャンペーンが使えるのですが金額がちょっと変わるのです。

例えば最新端末のW05とその前の端末W04ではキャッシュバック金額が変わります。
それに月額割引特典の一つ、得の極みの対象端末はコースによって変わります。

こんな場合、普通のプロバイダなら最新端末での金額が下がるのが普通ですが
GMOとくとくBBの場合は最新端末のほうが金額は高い場合が多いという特徴が。

まああまり金額を気にせずに、まずは好きな端末を選ぶのも良いかもしれません。
ただしおすすめはやはり高速通信ができる最新端末ですが。

2年契約でも特典が利用できるのがGMOとくとくBBの魅力

もう一つの特徴としてGMOとくとくBBでは2年契約でも色々な特典が利用できる
という魅力があります。

最近のWiMAX2+では3年契約が一般的になり、多くのプロバイダでは2年契約では
キャッシュバックなどの特典が利用できません。

でもGMOとくとくBBでは2年契約でもキャッシュバック特典を利用することができる
という特徴があります。

まあキャッシュバック金額自体は下がってしまうのですが。
それでも長期契約の違約金のリスクを軽減することが出来ます。

まあモバイルルーターの場合は引っ越しなど使う場所が変わっても電波が届けば
問題なく使えるのであまり長期契約のリスクはないのですが。

他のプロバイダにはない特徴として契約期間にかかわらずキャッシュバックが使える
という魅力もあります。

最新端末でも4万円超えの高額キャッシュバック

では実際に行われているGMOとくとくBBのキャンペーン特典を確認していきます。
まずはキャッシュバック特典から。

現在GMOとくとくBBで選べるのは4種類の端末です。
それぞれに最大キャッシュバックの金額が決まっているのでその確認をしてみます。

・ W05 最大42,000円キャッシュバック
・ W04 最大42,000円キャッシュバック
・ WX04 最大41,000円キャッシュバック
・ HOME L01s 最大34,500円キャッシュバック

この中で2年契約のキャッシュバックがないのはW04です。
こちらは3年契約のみキャッシュバック対象になります。

それとHOME L01s以外はクレードルセットを選ぶことが出来ますが、セットにすると
キャッシュバック金額が下がります。

一律3,000円下がるのでキャッシュバック金額からクレードルの料金を減額して
提供しているという感じでしょうか。

ちなみに2年契約のキャッシュバック金額は次のとおりになります。
・ W05 32,500円
・ W04 34,000円
・ HOME L01s 32,500円

最新端末のほうがキャッシュバック金額は大きいので申し込みしやすいと思います。

キャッシュバックを使った場合のトータルコスト

キャッシュバックを使うとどれくらいお得になるのか。
実際に3年間で支払う料金を確認してみることにしましょう。

WiMAX2+の特徴でもある月間データ通信容量の制限なし、ギガ放題プランを使った場合
キャッシュバックを使ってどれだけ安くなるかを確認します。

ギガ放題プランは月額4,263円、キャンペーンの適応で申し込み月は3,609円の
日割り計算で2ヶ月目まで同じ金額です。

つまり3,609円x2ヶ月+4,263円x22ヶ月=101,004円に日割り計算の代金ということに。
これが2年間の支払総額なので、ここから2年のキャッシュバックを引いてみます。

最新端末のW05を契約した場合は2年間の支払いが68,504円になります。
申込みの月を最大限使ったとしても72,113円です。

ちなみに3年間だと最大155,769円、ここからキャッシュバック金額を引いて
113,769円ということになります。

これがどれくらい安いのか、今度は月額割引の場合を見てみることにしましょう。

GMOとくとくBBの月額割引キャンペーン

その名前のとおりに月額料金の大幅割引をするキャンペーンが月額割引です。
こちらは対応端末が関係なく、契約内容によって割引金額が変わります。

2年契約のギガ放題プランは月額料金が2ヶ月目まで2,590円になります。
3ヶ月目以降も3,344円と通常より1,000円近く割引されています。

月間通信容量の上限7GBがある7GBプランも最初の2ヶ月までは同じ2,590円
という月額料金になります。

3ヶ月目以降はこちらの金額が2,690円ですが、元々月額料金が低いプランなので
割引金額は同じ919円になっています。

これが3年契約になると月額料金が最初の2ヶ月目まで2,170円と更に安くなります。
3ヶ月目以降も月額3,260円とかなり安い金額になっています。

それとこちらのキャンペーン、3年契約をした場合にはクレードルをプレゼントされます。
クレードルの料金分もちょっとお得になった気分です。

月額割引を使った場合のトータルコスト

では月額割引を使った場合の2年間の支払い金額の総額を確認してみます。
同じく申し込み月は日割り計算なのでまずは考えずに計算をしてみます。

最初の2ヶ月が2,590円でその後の24ヶ月目までは3,344円。
2,590円x2+3,344円x22=78,748円。

これが3年契約になるとどうなのでしょうか。
2,170円x2+3,260円x34=115,180円。

実際にはこの料金に契約をした月の日割の支払いもあるので、またちょっと金額が
変わってしまうのですが。

まずはこの金額を元にどちらがお得になるのか比べてみましょう。

単純に支払う金額ならキャッシュバックのほうがお得になる

キャッシュバックを使った場合の3年間の支払総額は113,769円。
月額割引の場合は初月の金額を考えなければ115,180円。

単純に考えればキャッシュバックを受け取るほうがトータルコストとしては安く
お得になる、ということになります。

まあこれはキャッシュバックを全て月額料金に当てた場合ということですが
それならキャッシュバックは他のものにも使えるというメリットも。

でも金額の差額は3年間で2,000円以下ということなので、私としては誤差の範囲内
つまりどちらでも対して変わりはないと思います。

ただし一月分の月額料金くらいは違う、と思うと結構な違いになりますが・・・

今までのキャンペーンならこんな差額なのですが、最近は新しいキャンペーンも
始まっているようです。

そちらのキャンペーンもちょっと調べてみましょう。

初月の割引に特化した得の極みキャンペーン

新しく始まったキャンペーンは月額料金の割引キャンペーンですが
特に最初の数カ月の割引に特化したタイプの特典利用ができる様になっています。

それが「得の極み」キャンペーンです。
極みコースとお得コースが利用できます。

それぞれのコースは対象端末が変わります。
「得の極み」極みコースでは最新のW05とホームタイプのHOME L01sが対象です。

契約期間は2年限定、選べるプランはギガ放題と7G通常プランです。
それぞれ契約した月と最初の利用月は月額800円という安さです。

端末発送をした月の利用料金は日割り計算なのも一緒ですが、月額800円という
かなりの安い料金はとても魅力的です。

2ヶ月目から24ヶ月目までは3,480円、こちらも通常より783円割引になります。
これがギガ放題プランの月額料金になります。

7G通常プランの場合は契約月と1ヶ月目は800円と同じですが、2ヶ月目からは
2,900円と通常より709円の割引になります。

2年間限定のキャンペーンですが、導入時期の月額料金がとても安くなるので
加入はしやすくなるかと思います。

「得の極み」お得コースの月額料金も確認

もう一つの「得の極み」お得コースの月額料金も確認してみます。
こちらは対象端末がW04のみとなります。

端末は最新端末ではなくなりますが、月額料金の割引はちょっと増える感じです。
端末発送月と2ヶ月目までの月額料金が800円になります。

そして3ヶ月目以降の月額料金もお得です。
ギガ放題プランなら月額3,344円と「得の極み」極みプランよりも安くなっています。

7G通常プランでも3ヶ月目以降は月額2,670円とこちらも安くなっています。
同じく2年のみの割引ですがちょっとだけお得な印象です。

では実際にどれくらいの支払金額になるのか、こちらも計算してみます。
一応月額割引と比べてみたいと思います。

使う端末によっては月額割引のほうがお得

まずは「得の極み」極みコースの支払総額をギガ放題プランで計算してみます。
800円+3,480円が23ヶ月分で80,040円+800円の80,840円。

2年間で78,748円の支払いになる月額割引のほうが2,000円ほどお得です。
まあ初月以外の割引金額は月額割引の方が良いので当然ですが。

7G通常プランの場合でも計算してみましょう。
「得の極み」極みコースは800円+2,900円x23ヶ月で66,700円+800円の67,500円。

月額割引の場合は2ヶ月目まで2,590円、3ヶ月目以降が2,690円です。
2,590円x2+2,690円x22=64,360円。

こちらも現状では月額割引のほうがお得になります。

では「得の極み」お得コースはどうでしょうか。
端末はW04になりますがもう少し安い割引になっているはずです。

ギガ放題プランは800円x2+3,344円x22=75,168円。
月額割引のギガ放題プランは78,748円なので今度はこちらのコースが安くなります。

7G通常プランではどうでしょうか。
800円x2+2,670円x22=60,340円になります。

こちらも月額割引はトータルコストが64,360円なのでやはりこちらのコースが安いです。
端末を気にしなければ「特に極み」お得コースは更に安くなっていました。

キャッシュバックと「得の極み」お得コースを比べてみる

ではこの「得の極み」お得コースをキャッシュバックと比べてみます。
端末がW04なのでキャッシュバック金額が2年契約の場合34,000円になります。

2年間のギガ放題プランでの支払い金額は101,004円。
ここからW04のキャッシュバック金額を引くと67,004円。

金額を見ればやはりキャッシュバックを使ったほうがお得になりました。
やはりGMOとくとくBBで行っている高額キャッシュバックはかなり魅力があります。

ただこのキャッシュバックですがちょっと注意したほうが良い、ということも。
単に魅力的なだけではない、注意点を確認してみます。

GMOとくとくBBのキャッシュバックはトラブルが多い

ちょっと口コミを調べてみるとGMOとくとくBBのキャッシュバックに関しては
色々と意見が多く見られました。

その中でもキャッシュバックを受け取ることが出来なかったという意見も多く見られ
かなり気になる内容がありました。

実際に他の口コミ評価でもキャッシュバックに関するトラブルが多く、評判としても
わかりにくいという意見を多く見ることが出来ました。

まあ他のプロバイダでもキャッシュバックに関するトラブルは見られるのですが
GMOとくとくBBではどんなトラブルがあるのでしょうか。

キャッシュバックの注意点を確認してみることにしましょう。

キャッシュバックの受け取りまで時間がかかる

まずはキャッシュバック特典を利用するための条件を確認してみます。
当然ですが新規加入者に向けてのキャンペーン特典なので過去に加入していない人。

それとキャッシュバックの案内送信まで、端末送信月を含めて11ヶ月後を目安に
指定のメールアドレスに向けて送信をします。

つまり請求書などに記載されている支払い開始月の前、申し込みをした月を含めて
11ヶ月後に案内が届きます。

例えば9月に申込みをして端末が自宅に届いたら、キャッシュバックの案内は
翌年の7月頃に届くはずです。

そしてそのキャッシュバックの案内、キャッシュバックを受け取る銀行の指定をする
重要メールはGMOとくとくBBと契約した時に作ったGMOのメアドに届きます。

普段使っているメアドが違う人、またはLINEがメインになっていてメールを
あまり使わない人はこれを忘れてしまいがちです。

このキャッシュバック案内メールに気が付かないととんでもないことに・・・

期限までにメールに返信しないとキャッシュバックがなくなる

GMOとくとくBBのメアドあてに届くキャッシュバック案内のメールですが
これにはキャッシュバック先の銀行口座の確認も含まれています。

つまりこのメールに返信しないとキャッシュバックを受け取る銀行の指定が出来ない。
そしてキャッシュバックが振り込まれないということになります。

更にこのメールの返信には期限があり、翌月の末日までに振込先の指定をしないと
キャッシュバック特典自体が無くなってしまいます。

これはキャッシュバックの支払いが口座の指定された月の翌月末日なので
それまでに受取口座を指定出来ないと支払いがされなくなるそうです。

いつも使っているメアド以外だとメールの確認もあまり行わなくなります。
しかも契約してから11ヶ月後とかなり長い期間が経ってからのメールです。

ちなみに忘れたときの救済などは一切なく、本当にキャッシュバックがなくなるので
注意してください。

それと案内が来るまでに月額料金の未払いなどで一時的にでも支払いがされないと
キャッシュバックの権利もなくなります。

料金未払いでサービスの一時停止をされるとキャッシュバックもなくなるので
支払いにも注意が必要になります。

GMOとくとくBBは3年契約もお得になる

キャッシュバックの注意点を見たところで、3年契約についてのメリットなども
確認してみることにしましょう。

キャッシュバック金額は3年契約をしたほうが高くなるのですが、実際に3年も
契約することにメリットが有るのか。

月額料金以外に3年契約をしたほうが良いと思えるメリットを探してみました。
まずはLTEオプションが無料になること。

WiMAX2+では自社の回線の他に親会社が同じKDDIのauのLTE回線も
使うことができるのです。

まあ端末がLTEに対応している必要がありますが、WiMAX2+回線が安定しない
対応地域ではないという場合にもネット接続ができるので便利です。

ただauのLTEはただで使えるわけではなく、接続した場合に月額1,005円が
発生します。

オプションとして契約していなくてもLTE接続ができるのですが、その場合
どんなに少量の通信量だとしても1,005円が必要です。

更にWiMAX2+はギガ放題プランなら月間通信容量の上限なしですがLTEには
この上限なしが適応されません。

つまり7GB以上使えば速度制限をされてしまいます。

メインとしては使いにくいのですがサブ回線としてとても安心できるこのサービスが
3年契約なら無料で使えるようになります。

つまり普通に月額料金だけでWiMAX2+とauのLTEが使えるのです。
どんな地域でも安心してネットができるというのは大きな魅力です。

GMOとくとくBBにはオプションサービスもある

3年契約でのメリットはLTEオプションの無料、というだけでしたが一応他にも
キャッシュバック金額を削ればクレードルも無料になるという特典も。

まあ実質キャッシュバック金額でクレードルを買っているようなものなので・・・
それ以外にはどんなサービスが有るのかもちょっと確認してみます。

20日以内ならキャンセルOK

WiMAX2+を申し込んで、実際に使ってみてやはり使いにくいと感じた場合に
契約から20日以内なら解約違約金無料でキャンセルが出来ます。

GMOとくとくBBでは複数年契約をした場合、1ヶ月から12ヶ月までの間なら
19,000円というかなり高額の解約違約金が発生します。

13ヶ月から24ヶ月の間でも14,000円の解約違約金がかかるので契約更新月以外の
解約をするのはかなり厳しい状況です。

ちなみに3年契約の場合は25ヶ月から36ヶ月目までに解約すると9,500円の
解約違約金が発生します。

どちらにしても高額の違約金が発生するので解約のタイミングは慎重にしたいところです。
その解約を気軽にできるのがこのサービスです。

ただし条件として契約時の電波状況が、公式サイトの確認で「○」以上の場合。
ピンポイントエリア判定で電波状況が良いと判断されている場合です。

判定が「△」の地域の人が博打で契約してやっぱり駄目だった、という状況では
違約金が発生するので注意しましょう。

安心サポート

端末が壊れてしまった場合の修理費用の保証があります。
それが安心サポートというサービスです。

月額300円で入れる保証で、端末の修理費用が0円になります。
また安心サポートワイドなら水漏れにも対応することが出来ます。

こちらは月額500円になりますが更に保障の幅が広がります。
ただ普通は2年で買い換える端末に保証をつけるのはどうかと・・・

長くても3年使って買い替えというのが一般的なWiMAX2+のルーターに
長期保証はいらないと思います。

マカフィーのマルチアクセス

パソコンなどWiMAX2+ルーターを使ってネット接続する端末を守るための
ウイルス対策ソフトが月額500円で使えるようになります。

インターネットに接続するならウイルス対策ソフトは必須です。
大事な端末を守るためにも絶対にあったほうが良いのは確かです。

ただ自分で購入している、契約しているという人も多いのでこちらはまだ
ウイルス対策をしていない人向けのサービスです。

マカフィー自体はウイルス対策ソフトメーカーとしても信頼できるので何も対策を
していないというならおすすめします。

公衆無線LAN

公衆無線LANのWi-Fiスクエアと契約することができます。
月額362円と料金的には普通のサービスです。

ファーストフードやカフェなど提携しているところに設置してある公衆無線LANの
スポットを使うことができるようになるサービスです。

こちらのWi-Fiスポットを使えばWiMAX2+の通信容量を使わないでネットへの
接続ができる様になるので節約に使えます。

まあ最初からギガ放題プランを契約していればあまり通信容量は気にせずに使えますし
Wi-Fiスポットは決まった場所にしかありません。

自分の行動範囲になければ使えないのでイマイチ微妙な感じも・・・
この辺はお好みで、というところでしょうか。

結論としては月額割引のほうがおすすめしやすい

GMOとくとくBBのサービスを見てきましたが、単純にお得に使えるというなら
高額キャッシュバックをしているのでそちらの方が魅力的だと思います。

でも実際に高額キャッシュバックを受け取るまでにはかなり時間がかかり、しかも
GMOとくとくBBはメアド宛にかなり多くの広告を送信してきます。

当然それらのメールをブロックしてしまえばキャッシュバックの案内メールも
届かなくなってしまいます。

つまり大量の広告メールからキャッシュバックの案内が届くまで我慢をして
しかも期間内にきちんと返信するというのがかなりストレスに感じます。

それならば契約してすぐに効果が実感できる月額割引のほうがおすすめです。
実際に新しい「得の極み」ならキャッシュバックよりもお得になる可能性も。

3年契約でも2,000円程度しか違いがないのなら、手軽に使える月額割引のほうが
おすすめしやすいです。

auスマートバリューも使えるのでauユーザーにもおすすめ

もう一つ、WiMAX2+はお得になる方法としてauスマートバリューが使えます。
先ほど説明したとおり、親会社がauと同じKDDIなので提携できるようです。

基本的には固定回線のようですがWiMAX2+回線でもちゃんと適応してもらえます。
スマホの月額料金が割引になるのでauユーザーならこちらもおすすめです。

まあスマートバリュー自体はGMOとくとくBB以外のWiMAX2+プロバイダでも
使うことができるのでGMOだけの特典ではないのですが・・・

この様にGMOとくとくBB以外の割引サービスも上手に使えばキャッシュバック以上の
お得な使い方もできる様になると思います。

やはり私としてはいきなり安くなる月額割引のほうがおすすめです。

-GMOとくとくBB WIMAX

Copyright© WIMAXキャッシュバックのオキテ , 2018 All Rights Reserved.