ケーズデンキで使えるWiMAX2+のキャッシュバックはお得?

ケーズデンキでWiMAX2+に加入するのはおすすめしない

最近ではちょっと落ち着いていますが、以前はモバイルルーターの加入キャンペーンが
とても多くの家電量販店で行われていました。

ノートPCやタブレットPCを屋外でもネット接続できるようになるモバイルルーター
その利便性はとても高く、多くのユーザーが注目しました。

今でもWiMAX2+は多くのプロバイダで提供されている人気のモバイルルーターですが
こちらは家電量販店で加入するとお得なのでしょうか?

ケーズデンキでも高額キャッシュバックを展開しているという話ですが、私の意見は
あまり家電量販店でのWiMAX2+加入はおすすめしません。

確かにメリットもあるし、キャッシュバックのようなキャンペーン特典も魅力的です。
でも大きなデメリットも実際にあります。

例えば今ケーズデンキで行っているキャンペーンもとても魅力的なのですが
これを使ってWiMAX2+に申し込みをするのはちょっと考えてもらいたいです。

なぜ家電量販店の申し込みはおすすめしないのか。
ケーズデンキのキャンペーンで説明したいと思います。

ケーズデンキで申し込むとプロバイダがKT WiMAXになる

私が気になる問題点としてはまずプロバイダを選ぶことが出来ないこと。
ケーズデンキでWiMAX2+の申込みをするとプロバイダはKT WiMAXになります。

WiMAX2+自体はUQコミュニケーションズが提供している回線で、他のプロバイダは
この回線を利用してサービス提供をしています。

つまりどこから申し込みをしても使っている回線が同じなので通信速度などに
大きな違いはでないのです。

ではプロバイダを選ぶことで何が変わるのか。
それはプロバイダが提供しているサービスが違ってくるのです。

回線の利用プランはもちろん、オプションサービスや会員専用サイトなど。
サポートセンターの対応などもプロバイダが提供するサービスです。

選んだプロバイダによってこのサービス内容が大きく変わってくるのです。
ではケーズデンキで加入するKT WiMAXはどうなのでしょうか。

基本的には家電量販店の通信サービス部門なので一通りのサービスはありますが
それを一般的なプロバイダと比べるのは可愛そうです。

はっきり言うと会員専用サイトなどがなく、サポートは全て電話対応なので
自分の会員情報を確認するだけでも大変です。

それに加入受付が店頭でのみ対応、ということなのでインターネット上から
ケーズデンキでWiMAX2+の申し込みをすることが出来ません。

ちょっと使いにくいサービス、という印象なのがKT WiMAXでした。

キャッシュバックがあまりお得にならない

大きなものではもう一つ、ケーズデンキで行っているキャンペーン特典が
あまりお得ではないというのが気になります。

公式サイト上では新規加入ができないので基本的にキャンペーンは各店頭で
確認をする必要があります。

私が調べた店舗ではキャッシュバックというか還元という言い方でキャンペーンが
展開されていました。

その金額は50,000円とかなり大きな金額なのですが、適応条件を聞いてみると
かなり微妙な感じがしたのです。

まあ実際に利用しても損をすることはないのですが、お得になると断言できるほど
魅力的なキャンペーンでもありませんでした。

宣伝のとおりに「50,000円のキャッシュバック」を使えるならとてもお得で
おすすめしやすいのですが・・・

ではどんなキャンペーンがケーズデンキで展開されているのか。
詳しく確認してみることにしましょう。

ケーズデンキの50,000円還元は月額料金が高い

キャッシュバックのような50,000円還元というキャンペーン特典を利用するために
ケーズデンキの店頭でWiMAX2+への新規加入申し込みをします。

それなら普通のキャンペーンと同じなのですが、このキャンペーンではケーズデンキの
店内指定商品を同時購入することが条件の一つです。

指定商品はWiMAX2+と関わりの深いパソコンやタブレットPCも含まれているのですが
それ以外の家電、冷蔵庫や洗濯機なども対象商品です。

そして契約プレンはFlatツープラスギガ放題まとめて1670プランに加入すること。
これも条件になっていました。

通信プラン自体はギガ放題プランなので月間データ通信容量の上限を気にせずに
インターネット接続ができます。

ただし通常のギガ放題プランはケーズデンキで加入した場合、月額4,380円なのに対し
まとめて1670プランでは1,547円高い5,927円になります。

まあはっきり言うと1,547円に消費税を加えた1,670円が有料オプションとして加算され
それを24回支払うことが50,000円還元の条件になるのです。

つまり50,000円をもらうために40,080円を支払うということ。
実質の割引金額は1万円もない、という状況になります。

これがケーズデンキで申し込みすることをおすすめできない理由です。

キャッシュバックではないので途中解約に注意

ケーズデンキで50,000円還元を利用した場合、途中解約をすることにも注意が必要
ということになります。

店舗によっても還元方法が違うと思いますが、基本的には同時購入商品から5万円を
割引して購入していると思います。

ただしケーズデンキの還元はキャッシュバックではなく分割購入の24回払いと同じで
4万円位を分割して支払っているのと同じ状態です。

普通のキャッシュバックならもらった後に解約しても通常の複数年契約の途中解約の
解約違約金を支払うだけです。

でもケーズデンキの場合は分割支払が終わっていないので未払い分の一括支払いを
請求されるということに。

例えば契約して1年で解約した場合、解約違約金が普通に19,000円必要で、その他にも
まとめて1670プランの未払い12回分の支払いが必要です。

1,547円の12回で18,564円に消費税の20,050円がかかります。
つまり4万円近くの違約金が必要になるという状況です。

とても大きなリスクが出来てしまう、というのもケーズデンキのキャンペーンを
おすすめしにくい理由になります。

ケーズデンキは特典によって対応機種が変わる

ケーズデンキで行っている50,000円還元の特典では対応端末も決まっています。
キャンペーンを利用するためにはルーターも指定されたものを選ぶ必要があります。

そして私の行った店舗では対応ルーターに最新端末がありませんでした。
まあ当時の最新なので、今なら利用できるかもしれませんが。

私が調べたときの最新端末はW05という端末でした。
2018年の11月に新しい端末WX05が発表されるまでこれが最新でした。

ケーズデンキの50,000円還元の説明を確認すると対応ルーターには
W04とWX04、WX03とホームルーターのL01sとありました。

この時点での最新端末W05ではこちらのキャンペーン適応にはならずに
50,000円還元が行われないのです。

一応最新端末以外でもそれほど大きな問題点はないので、WiMAX2+回線を
使うためには十分だと思います。

ただ最新端末はやはり機能的にも性能的にも使いやすくなっているので
高性能商品を使いたい、というのは普通の感情だと思います。

実際のお得感がなく、最新端末も使えないというのはかなり厳しい状況です。
おすすめしにくいのもわかってもらえるかと。

ケーズデンキのWiMAX2+対応端末には最新端末がある

ケーズデンキでは最新端末を使うことが出来ないのか。
一応端末の対応表も確認してみました。

ケーズデンキのプロバイダ、KT WiMAXの公式サイトを確認してみると対応端末には
ちゃんとW05が入っていました。

ちなみに2018年11月発売のWX05も対応端末になっています。
KT WiMAXで使えないということはなさそうです。

ケーズデンキでは申し込みは全て店頭なので、後は店頭在庫があればということに。
これは各店舗で違うので実際に確認してみないとわかりません。

公式サイトでは端末の価格を確認できなかったのですが、キャンペーンのチラシでは
端末価格は最新端末でも1円とありました。

本体1円購入ができるということです。
端末本体の負担が少ないというのは嬉しいところですが、他のプロバイダでも多いです。

ただ実質0円ではなく本体1円購入というのは嬉しいところです。
それでなくても途中解約の負担がかなり大きいのがケーズデンキですから。

ケーズデンキは月額料金が高めで割引がほとんどない

ケーズデンキのキャンペーンの特徴がわかったので次に月額料金についても
確認してみることにします。

キャンペーンの適応条件になっているプランについては月額料金も少し説明しましたが
ケーズデンキで加入するWiMAX2+のプランは選ぶことが出来ます。

キャンペーン対応プランも含めて、ケーズデンキで契約できるプランの内容を全て
確認します。

まずWiMAX2+回線の特徴でもある月間データ通信容量上限なしプランのギガ放題。
ケーズデンキでもFlatツープラスギガ放題としてサービス提供されています。

契約期限を決めない場合は割引がないので月額5,880円です。
ただこのプランを契約する人はほとんどいないと思います。

一般的にはギガ放題の2年プランか3年プランを契約します。
3年プランの場合は有料オプションのauのLTE回線利用が無料になります。

こちらは割引がついて月額4,380円、長期契約割を含めてこの金額になります。
契約更新をしても月額料金は4,380円です。

もう一つは月間データ通信容量の上限が7GBの普通のプランです。
Flatツープラスというプランでこちらは2年、3年、4年とあります。

ただしFlatツープラスの4年契約はauスマホ割での申し込みが必要です。
割引適応でどのプランでも月額3,696円です。

Flatツープラスでも期限なしのプランが利用できますが、割引適応がないので
月額料金は5,196円です。

契約できるプランは豊富ですが、どのプランも他のプロバイダに比べると
月額料金が高いと思います。

ケーズデンキではauスマートバリューの利用も可能

契約プランの中にauスマホ割というのがありますが、これは簡単に言うと
auスマホを持っている場合の割引適応が出来るプランということになります。

WiMAX2+を提供しているUQコミュニケーションズはauと同じ親会社を持つ
系列会社です。

つまりどちらもKDDIのグループ企業なので合わせて契約することで割引をする
キャンペーンが展開されています。

WiMAX2+でもauスマホユーザーが契約することでauスマホのデータ定額パックを
割引するキャンペーンが利用できます。

それがauスマートバリューというサービスです。
これを使うためのプランがauスマホ割というわけです。

まあauスマホ割以外のプランでもauスマートバリューを適応させることはできますし
あまりこだわる必要はないのですが。

一応Flatツープラスの4年契約プランはauスマートバリュー利用可能ユーザーのみが
契約できるプランです。

ただケーズデンキでこの4年プランに加入しようという人はいないと思います。
月額料金の割引がないのに4年という長期間の契約はリスクが高すぎます。

キャッシュバックを考えると短期間で何度も新規契約をしたほうが特典利用回数も
増えるのでお得になります。

ケーズデンキ以外でもauスマートバリューは使える

スマホも割引ができるというのは魅力的なサービスですが、これはケーズデンキだけ
というサービスではありません。

先ほど説明したようにauとWiMAX2+がどちらも同じ親会社ということで利用できる
割引サービスです。

つまりWiMAX2+を提供しているほとんどのプロバイダでこのサービスを利用することが
できる様になっています。

基本的には各プロバイダとも条件は一緒でWiMAX2+契約ユーザーがauスマホを
契約していることです。

そして割引金額はスマホのデータ定額パックの容量によって変わります。
大容量の定額パックを使っていれば月額1,000円近くの割引が利用できます。

家電量販店のプロバイダでも問題なく利用できるようで、ケーズデンキを始め
ビックカメラやエディオンなどでもこの割引を利用できます。

まあauスマートバリューはケーズデンキでWiMAX2+を選ぶための理由には
なりにくいということです。

ケーズデンキならWi-Fiスポットが無料で使える

月額料金の割引やキャッシュバックに比べるとちょっと魅力は落ちますが
ケーズデンキではWi-Fiスポットが無料で使えます。

Wi-Fiスポット、公衆無線LANスポットがオプションであるのですが、これが
月額無料で利用できるのです。

しかも名前はKT Wi-Fiプレミアムというサービスですが、内容は回線提供をしている
UQ WiMAXのUQ Wi-Fiプレミアムと同じです。

設置されているのがファーストフード店やファミリーレストラン、飛行場のラウンジ
公共交通機関など特定の場所と決まっています。

でもそこが自分の行動範囲内にあるなら無料でインターネット接続ができます。
一応申し込みは必要ですが。

提供しているのはUQ WiMAXなので利用可能場所の確認はUQ WiMAXで行います。
それがちょっと面倒と言えるのですが。

他のプロバイダではWi-Fiスポットサービスがあっても月額料金の必要な
有料オプションという所も多いです。

それにモバイルルーターを契約している状況でWi-Fiスポットをそれほど使うか
という疑問もありますが・・・

無料でネット接続が出来るサービスはやはりちょっと魅力的です。
このサービスに関してはケーズデンキに魅力を感じました。

ケーズデンキのWiMAX2+の口コミはあまり良くない

では実際にケーズデンキでWiMAX2+に加入した人の意見を調べてみます。
口コミを確認してみると、やはりちょっと微妙な印象でした。

その理由としてはキャッシュバック、割引キャンペーンがお得ではないことを
利用した人もわかっているためのようです。

確かに50,000円還元というキャンペーンはとても魅力的に感じます。
そして実際に契約してみると契約しているプランに有料オプションがついています。

その有料オプション、まとめて1670の料金が利用明細ではっきりと記載されています。
ちゃんと明細を見れば1,547円が加算されて支払われているのがわかるのです。

まあ最初から説明されて購入しているので多くの方はわかっているのですが。
それに商品によっては結果1万円近くの割引が出来るわけですし。

それとプロバイダとしてのサービスにも不満を持っている人がいました。
自分の契約内容の確認がWEB上で出来ないというのが不便と感じるようです。

一般のプロバイダなら会員サイトがあって、自分の契約内容の確認はいつでも簡単に
WEB上でできる様になっています。

ケーズデンキの場合は電話対応になるのでサポートセンターが営業している時間に
確認をする必要があります。

いつでも手軽にできないことへの不満を見かけることも多いのでやはりちょっと
不便に感じる人も多いようです。

ケーズデンキ店頭での対応に関する口コミは良い

WiMAX2+プロバイダとしてのケーズデンキの評判は微妙ですが、店頭での対応は
かなり好印象となっていました。

確かに接客対応の満足度がNo.1と宣伝していることに間違いないようです。
50,000円還元の説明もしっかりとしてもらえたという意見は多く見られました。

契約プランの説明。月額料金の金額や支払い方法なども疑問はないという意見が
多く見られました。

ただしWiMAX2+に詳しい店員がいなかったという意見も。

店舗にもよるのですがケーズデンキの場合、WiMAX2+の専属販売員や説明人員を
個別に入れていないようです。

WiMAX2+などの通信関係の説明も家電量販店の店員が行うので人によって
説明が出来ないという状況もあります。

その店舗にWiMAX2+に詳しい店員がいればいいのですが。
たまたま休みだったなど説明ができないという状況もあるようで。

料金体系などちょっと特殊なところもあるWiMAX2+なので詳しくない人が
申し込むならやはり店員に色々と聞きたいと思います。

店頭での契約のメリットは店員に聞きながらWiMAX2+を契約できるところなので
ケーズデンキで契約する場合はできれば詳しい店員のいる店舗にしましょう。

家電量販店ならWiMAX2+を契約当日に使えるメリットが有る

ケーズデンキのような家電量販店でWiMAX2+の契約をするメリットはもう一つ
契約当日からWiMAX2+でのインターネット接続が出来ることです。

インターネット上からプロバイダを選んで契約した場合、一般的には支払い方法が
確定した後にモバイルルーター端末を発送することになります。

クレジットカード支払いを選べばほとんどの場合、当日すぐに支払い方法の確定が
出来ますのでそこから発送手続きに入ります。

一般的には3日から7日くらいで発送が終わり手元に届くはず。
申し込みから1週間以内というのが一般的なプロバイダで契約した場合です。

でも家電量販店の店頭申込なら契約手続きが終わればすぐに端末を渡してもらえます。
当然店頭に端末の在庫がある、という条件付きですが。

ケーズデンキの場合はWiMAX2+の支払い方法はクレジットカード支払いのみ。
利用可能なクレジットカードが有ればすぐに契約が出来ます。

ただWEB申し込みのプロバイダでも即日発送に対応しているところはあります。
契約当日に端末発送ができれば翌日、翌々日には手元に届きます。

ケーズデンキで申し込みをすればすぐにネットが使えるようになる、というのは
確かに魅力だとは思いますが・・・

インターネットから申し込みをしてもそれほど時間に違いがないと思います。
どうしても当日に使いたいというなら家電量販店もおすすめできます。

ケーズデンキでのWiMAX2+申し込みは魅力が少ない

色々と調べてみてもやはり私の意見としてはケーズデンキでのWiMAX2+申し込みは
おすすめしにくいという意見です。

以前はケーズデンキで使える商品券20,000円分のプレゼントやキャッシュバックなど
魅力的なキャンペーンも広く展開されていました。

でも現在ではキャッシュバックに近い、50,000円還元は実質1万円くらいの割引です。
しかも商品の同時購入が条件というかなり使いにくいキャンペーンです。

月額料金も他のプロバイダのような割引キャンペーンもなく、WiMAX2+プロバイダの
全体的に高い部類に入ると思います。

それに地域ごと、店舗ごとに展開しているキャンペーンが違うのでお得になる
という情報が分かりにくいというのもおすすめしにくいところです。

WEB上にはKT WiMAXの公式サイトがありますが、こちらから店舗の
キャンペーン情報を確認することが出来ません。

店舗ごとのWEBチラシを見ても全てのキャンペーンを把握することは難しく
はっきり言って店頭に行ってみないとわからないというのは厳しいです。

店頭でキャンペーンがあったとしても対応機種やキャッシュバック金額など
ネット上のプロバイダのほうがお得感が高いキャンペーン展開をしています。

ケーズデンキを含めた家電量販店でのWiMAX2+申し込みはおすすめしにくい
というのが私の感想です。

相談サイトではケーズデンキでお試ししてみることもおすすめ

ユーザーの質問サイトではやはりWiMAX2+のプロバイダをどこにすればいいか
悩んでいる方が多く質問をしていました。

その回答の中にちょっと気になる物がありました。
それがケーズデンキでWiMAXのお試しをしてみる、という答えです。

実際にWiMAX2+が自分の行動範囲、自宅内でどこまで使えるのかを確認するために
ケーズデンキでは端末のレンタルをしているのでそれをつかうということです。

レンタルするにはクレジットカードが必要ですが、レンタル可能な端末があれば
すぐに貸し出してくれて実際にWiMAX2+回線を使ってみることができます。

15日間の無料レンタルで、返却ができない場合はクレジットカードから端末代金を
引き落とされるというシステムのようです。

ただこのレンタルは現在家電量販店からの申し込みが出来ません。
申し込みはUQ WiMAXの公式サイトから行いましょう。

以前は多くの家電量販店でTry WiMAXというサービスでレンタルがあったのですが
現在はUQ WiMAXからの申し込みのみです。

システム的には同じなのでやはりクレジットカードが必要で、端末は郵送される
という形になっています。

一応最新端末もレンタル商品としてあるのですが、いつも貸出中なので運が良ければ
というところでしょうか。

現在のレンタルはケーズデンキなどの家電量販店ではなく公式サイトからの申し込み
ということを間違えないようにしましょう。

エディオンでWiMAX2+の申し込みをするとキャッシュバックが使える?

家電量販店のエディオンでWiMAX2+申し込みはおすすめしない

モバイルルーターのWiMAX2+は利用可能地域も広がり、とても使いやすくなったと
評判のサービスです。

多くのプロバイダがサービス提供をしていて、選んで加入ができるというのも
魅力の一つになっています。

そんな加入プロバイダの中には家電量販店が行うサービスもあります。
魅力としては契約してすぐにネット接続が出来るのですが・・・

家電量販店の一つ、エディオンでもWiMAX2+のサービス低居雨を行っています。
ではエディオンで契約するとお得になるのでしょうか?

私の意見を言うなら「エディオンでWiMAX2+加入はおすすめしない」です。
理由としてはお得にならないから。

キャッシュバックのようなサービスも有り、すぐにでもWiMAX2+でインターネットを
使いたいという方には魅力的に感じると思うのですが。

私個人の意見としてはエディオンでWiMAX2+の加入申し込みをすることは
おすすめしません。

その理由をちゃんと説明したいと思います。

エディオンで加入するとプロバイダがクオルネットになる

まずエディオンでWiMAX2+に加入した場合、契約するプロバイダがエディオンの
行っているプロバイダになります。

エディオンでも通信サービスの部署があり、エディオンネットというところが
通信関係のサービスを提供することになります。

このエディオンネットが行っているプロバイダがクオルネットです。
契約するプロバイダがこのクオルネットになります。

WiMAX2+はUQコミュニケーションズが提供する回線を他のプロバイダが使って
サービスを提供する、という形です。

選んだプロバイダによって回線の品質が変わらず、どのプロバイダでも同じ回線を
使ったインターネット接続ができます。

ただし回線が同じでもプロバイダが違えば行われているサービス内容が変わります。
特にキャンペーンに関してはプロバイダによって大きく変わります。

そしてエディオンで加入した場合に契約するクオルネットのサービスは
他のプロバイダよりもおすすめしにくいのです。

簡単に言うと「月額料金が高い」です。

エディオンでWiMAX2+を契約した場合の月額料金や使えるプランについても
ちょっと確認してみましょう。

エディオンでは基本500円割引のみ

まず一般的なWiMAX2+の月額料金を確認します。
契約するプランによって変わるのですが、とりあえず本家の月額料金を確認します。

本家というのは海鮮を提供しているUQコミュニケーションズが行っているプロバイダの
UQ WiMAXの月額料金のことです。

回線提供の会社が行っているプロバイダのサービスなので、このUQ WiMAXの
月額料金を基本に比べるという人も多いです。

UQ WiMAXのFlatツープラス、いわゆる月間データ通信容量上限7GBの普通のプランは
月額3,696円です。

UQ WiMAXの場合は契約年数による月額料金の違いがないので2年、3年、4年契約
全てがこの月額料金です。

もう一つFlatツープラスのギガ放題プランがあります。
こちらは月間データ通信容量の上限なしプランです。

月額料金は4,380円でやはり2年、3年契約どちらも同じ料金です。

これに対してエディオンの場合、通常プランがにねん、さんねん、よねんとありますが
基本月額料金が4,196円です。

これに契約期間中のお得割、契約期間後の長期契約割のともに500円割引がつくので
実質月額料金が3,696円になります。

ギガ放題プランは月額4,880円に上記の500円割引がついて実質4,380円。
3ヶ月だけさらにお得割の684円割引がついて実質3,696円になります。

ほとんど本家の月額料金と変わらないのでお得感は全くありません。

エディオンのキャッシュバックは注意が必要

月額料金は一般的な金額と変わらないことがわかりました。
ではキャッシュバックはどうなのでしょうか。

他のプロバイダの場合、月額料金割引とキャッシュバックを選べるというところもあり
その場合は月額料金の割引はほとんどありません。

ではエディオンの場合もそんなキャンペーンということなのでしょうか。
調べてみると店舗ごとにキャンペーンの展開が違うことがわかります。

つまり実際に店舗行ってみないとキャッシュバックがあるかわからない。
ただしあってもかなり注意が必要になります。

ちょっと調べただけでもエディオンでWiMAX2+に加入した場合のキャンペーンは
最大50,000円キャッシュバックなどかなり魅力的な特典もありました。

ただしこのキャッシュバックという特典、実はかなり注意が必要なのです。
理由は条件と適応状況が他のキャッシュバックと違うから。

私の意見を言えばエディオン店舗で行っているのはキャッシュバックではありません。
頭金ありの分割購入プランです。

エディオン店頭のキャンペーン内容を確認してみることにします。

エディオンの特典利用にはアシストパックの加入が条件

最大50,000円のキャッシュバックが利用できるキャンペーンを詳しく調べてみると
まず条件として店内の指定商品を同時購入した場合、という項目があります。

指定商品を調べてみると大体が高額商品で、テレビ、ブルーレイレコーダー、冷蔵庫
洗濯機などです。

当然パソコンやタブレットPCもあるのですが、やはり高額商品が対象です。
はっきり言えば5万円以上の商品です。

これを購入する時に一緒にWiMAX2+に加入してその代金の割引をすることが出来る
というのがエディオンのキャッシュバックということです。

対象商品によってキャッシュバック金額が異なるということらしく、最大50,000円
というだけで商品によってはもう少し金額が下がるようです。

そして対象商品購入と同時にアシストパックの加入も必要です。
このアシストパックというのがとても大きな問題になります。

説明としてはエディオンでキャッシュバックを利用する場合に必要になる
有料オプション、ということですが。

この有料オプションがあるのでキャッシュバックがお得にならないのです。

エディオンのアシストパックは分割払いと同じ

ではアシストパックとはどんなものなのか。
キャッシュバックの対象商品によって変わる有料オプションです。

例えば50,000円のキャッシュバックを受け取れる特典利用の場合は
アシストパックLLという月額1,547円の有料オプション加入が条件です。

有料オプションの加入期間は24ヶ月。
つまり指定の商品を購入して、その代金を毎月1,547円の分割支払いしているということ。

支払っているオプション料金だけでもトータル37,128円です。
消費税は入れていませんが・・・

50,000円のキャッシュバックがもらえるなら一応12,872円は安くなるのですが
結局それほど大きな割引になる、というわけでもありません。

ちなみに対象商品によってはアシストパックMというオプションもあります。
こちらは月額741円の24ヶ月契約です。

つまり17,784円の分割払いということに。
30,000円くらいのキャッシュバックなら12,216円安くなります。

こちらの場合は30,000円のキャッシュバックがあれば、ということなので実際には
もう少し割引率が変わると思います。

まあそれほどお得感のないキャッシュバックという印象です。

途中解約ではアシストパックの未払い分も一括請求される

アシストパックが分割払い、というのは途中解約で未払い分の一括請求がされる
ということでもわかります。

普通の有料オプションなら途中解約の場合に未払い分の料金請求はありません。
でもエディオンのアシストパックは2年以内の解約で未払い分の請求があります。

しかも一括請求されるのでその負担もかなり大きくなります。
当然ですが契約プランの解約違約金も必要です。

アシストパックが使えるのはギガ放題の2年と3年、通常プランのよねんです。
2年以内の解約ではこちらの違約金も発生します。

途中解約の負担がかなり大きくなるのはおすすめしにくいです。
エディオンでのキャッシュバックはその負担も大きくなるというデメリットが有りました。

エディオンは最新端末も本体価格1円購入が出来る

では次にエディオンで契約した場合に使える端末についても調べてみます。
公式サイトを見ても一応最新端末を使うことが出来ます。

端末の購入価格も、最新端末を含めて本体価格1円購入が可能です。
端末代金に関しては他のプロバイダと同じ、気にせずに申し込みができます。

ちなみに2018年11月に最新端末のWX05が発売されました。
こちらも利用可能になっているので安心して端末を選ぶことが出来ます。

ただ気になるのは公式サイトでは古い端末も購入可能になっていること。
現在他のプロバイダでは在庫がない、と言われている端末も利用可能と表示されています。

つまり公式サイトでは購入可能の商品ではなく、エディオンネットで使うことが出来る
端末を紹介しているだけという可能性もあります。

まあ実際に契約の場合、店頭在庫がない端末は後で郵送されると説明されています。
後でというのがどれくらいの期間かかるのはわかりませんが。

エディオンの店頭キャンペーンでは対象端末が決まっている可能性もある

口コミを調べていると気になる情報がありました。
以前の話になりますが、店頭のキャッシュバックの対象端末についてです。

当時はW05が最新端末でしたが、キャッシュバックを使うために端末を選んだら
そのリストにはW05が入っていなかったそうです。

公式サイトなどを見てもアシストパックが使える条件には契約プランと同時購入の
家電という説明はあるのですが・・・

店舗によっては端末にも対象商品があるようです。
つまり現状の最新端末WX05でも同じことが起きている可能性があります。

ただこの端末の問題はすべての店舗で起こっているというわけでも無いようで。
普通に最新端末を選べたという口コミもありました。

元々エディオンの場合は店頭在庫の状況によって即日利用可能ではなくなる
ということは多いです。

選べる端末の種類やキャッシュバックの対象などは店舗によって変わるということも
起きる可能性は高いと思います。

エディオンはキャッシュバックではなく無利子の分割購入と考える

通常のキャッシュバックとしてはかなり厳しい意見も多いのですが、その中で一つ
とても面白い意見がありました。

それが「エディオンはキャッシュバックではなく無利子の分割購入キャンペーン」
という意見です。

確かに割引もあるのですが、基本的にはアシストパックという分割購入代金がある
支払い方法という印象です。

このためにキャッシュバックと言われるとかなりお得感がなくなるのですが。
これを利息なしの分割購入と考えると急にお得感がでてきます。

アシストパックLLなら消費税込みの1,670円が24回払いで合計40,080円の支払い。
これが普通なら分割手数料もあるはず。

でもエディオンでのキャッシュバックなら店舗によって50,000円割引なので
結果1万円近くの割引を受けることが出来る、という状況になります。

実際に支払っているオプション料金が商品の購入代金の一部だと考えても
分割手数料がないというのは確かにお得です。

「分割手数料をエディオンが負担してくれる24回払い」と考えれば急にお得な
買い物という印象になりました。

まあキャッシュバックと店頭で説明しているのでこんな変換をすることに意味は無い
という意見もありますが・・・

エディオンのキャッシュバックは考え方を変えるとちょっとお得に感じます。

エディオンカードで支払いをすれば月額200円割引

考え方の違いだけではなく、一応普通に割引もありました。
それがエディオンカードを使ってWiMAX2+の月額料金を支払う場合です。

エディオンカード、100満ボルトカードというクレジットカードを使って
WiMAX2+の月額料金を支払う場合に月額料金が200円割引されます。

元々エディオン店頭でWiMAX2+契約をする場合には支払い方法に口座振替を
選ぶことは出来ず、クレジットカード支払いのみです。

月額料金支払い方法の確定ができなければ端末を渡すことが出来ないので
口座振替では受け付けていないという家電量販店は多いです。

そこで自社の発行するクレジットカードを使えば更に割引ができる、というのは
いいセールストークになるようで。

実際に通常でも500円しか割引のないエディオンでさらに200円の割引ができる
というのはお得に感じます。

それだけのためにクレジットカードに加入するのか、と言われるとかなり微妙で
あまりお得感がないのですが。

すでにエディオンカードを持っている場合にはお得感はかなり高くなると思います。

エディオンの店舗によっては別の割引キャンペーンもある

エディオンで行っているキャッシュバックとして有名なのは上記のアシストパックを
利用したキャンペーンですが、店舗によっては別のキャンペーンもありました。

そちらは5,000円のキャッシュバックという特典です。

エディオン店内の指定商品購入と同時にWiMAX2+の指定プランに加入する場合に
購入商品から5,000円割引する、というキャッシュバックです。

まあはっきり言うとアシストパックを使わない、同じ割引です。
金額が1/10の5,000円になっているだけです。

アシストパックを使わないので月額料金の負担はありません。
ただし契約できるプランも店舗に指定されます。

基本的には同じプランが選ばれていますが、店舗によってはギガ放題プランのみ対応
という可能性も。

対応商品はドライヤーやシェーバーなど比較的安めの商品が選ばれていました。
こちらは単純に5,000円の割引ということでしょうか。

家電量販店でのキャンペーンということで対象商品も家電になるのはわかるのですが
これとWiMAX2+を同時に契約というのが・・・

パソコンの周辺機器が対象商品になっていれば使いやすいのでしょうか。
私としてはあまり意味がないと思えるキャンペーンでした。

端末によってキャッシュバック金額が変わる可能性がある

こちらのキャンペーン、店舗によって対象商品などが変わる可能性は高いのですが
それと同時に対応する端末の機種も変わる可能性が高いです。

口コミから調べてみると5,000円キャッシュバックではW05が対象になっていない。
選んだ端末によってキャッシュバック金額が違ったという意見もありました。

現状最新機種のWX05がどうなっているかはわかりませんが、当時の最新端末W05は
5,000円キャッシュバックの対象端末ではありませんでした。

やはりこちらでも50,000円キャッシュバックと同じ様に店舗や店頭在庫の状況で
対応端末が変わってくるようです。

店頭の説明でも「最大5,000円キャッシュバック」と言われるのでキャッシュバックの
金額も変わる可能性は高いと思います。

エディオンでもauスマートバリューは使える

基本的にキャッシュバックというよりも割引をキャンペーン特典にしている印象の
エディオンです。

それならば他にも割引のキャンペーンがないか探してみることにしました。
見つけたのはauスマートバリューです。

元々auスマートバリューはauスマホを使っているユーザーが特定の回線を
一緒に契約することでデータ定額パックの割引が受けられるサービスです。

契約しているデータ定額パックの容量によって割引金額が変わりますが
最大月額1,000円の割引というかなり魅力的なキャンペーンです。

エディオンでWiMAX2+に加入した場合でもこのauスマートバリューが
適応されるのでスマホが安くなります。

割引を適応させるにはauへの申し込みが必要になりますが、auユーザーなら
ぜひ適応させて割引を使いたいところです。

エディオン以外で加入してもWiMAX2+なら適応される場合が多い

スマホをauで契約しているならかなりお得になるauスマートバリューですが
これはエディオンだけのサービスではありません。

元々はauスマホと固定回線をどちらも契約しているユーザーに対する割引で
同じ親会社KDDIのWiMAX2+回線でも適応されているサービスです。

つまりWiMAX2+を提供しているプロバイダならどこでも使える割引で
逆に適応できないプロバイダを探すほうが難しいです。

エディオンだけの特典ではないのでauユーザーがわざわざエディオンを選ぶ
という理由にはなりにくいです。

エディオンなら公衆無線LANスポットの利用も可能

一応エディオンならではのキャンペーンも探してみました。
割引ではないのですが公衆無線LANスポットの利用が出来るサービスがあります。

通常は有料の契約でWi-Fi接続ができるFree Wi-Fiプレミアムという
公衆無線LANサービスがあります。

エディオンからWiMAX2+に加入すればこの公衆無線LANスポットの利用ができます。
しかも無料です。

公衆無線LANスポットなので提携しているカフェやファーストフード店など
特定地域でのみ利用可能なWi-Fi通信サービスです。

WiMAX2+のようなモバイルルーターをつかう人なら屋外で使えるWi-Fiスポットは
かなり便利だと思います。

ただし自分の行動地域に必ずFree Wi-Fiプレミアムの設置場所がある、という訳でもなく
人によっては全く意味のないサービスになる可能性も。

公共交通機関などでも設置されているところはあるので、公式サイトから設置場所を
確認してみることはおすすめできます。

フリーのWi-Fiスポットなのでデータ通信容量の節約ができるという魅力はありますが
そもそもWiMAX2+のギガ放題ならあまりデータ通信容量は気にしませんよねえ。

まあ有料サービスが無料で使えるという魅力はあります。
ただやはりエディオンで申し込みをしたいという理由にはならないかと。

キャッシュバックなら他のプロバイダのほうが魅力的

エディオンで加入する場合の割引キャンペーンやサービス内容等を確認しましたが
やはり私の意見としては「魅力的に感じない」です。

50,000円のキャッシュバックに関しては目先だけ高額のキャッシュバックにした
実質分割手数料のない分割購入です。

店舗で行っているキャッシュバックは金額が少なく制限が多いという典型的な
使いにくいキャンペーンです。

そのキャンペーンを使うための加入プランは月額料金割引がほとんどなく
もっとお得に使えるプロバイダは他に多くあるという印象です。

確かに家電量販店で加入することに魅力はあります。
対面購入なので説明を聞きながら加入申し込みができるのは魅力的ですが・・・

実際に店舗によって店員の知識やスキルには大きな違いがあります。
あまりWiMAX2+をよくわかっていない人に説明されてもトラブルに成るだけです。

それにエディオンなら在庫があれば端末を手渡ししてくれるので、契約したその日に
インターネット接続も出来るようになります。

ただそれほど早くインターネットを使いたいと思える状況は少ないと思います。
ネットからの契約でも早いところなら3日後には手元に届いて使えます。

プロバイダによっては即日発送もできるので最短翌日に端末が手元に届くという
プロバイダもあります。

渡しの場合は即日端末が欲しい、というよりもお得に使いたいという欲求のほうが
強いです。

つまり「エディオンでWiMAX2+の契約はおすすめしない」という結論になります。

インターネット上にはもっとお得にWiMAX2+を使えるプロバイダがあります。
高額キャッシュバックの特典があるプロバイダも多いのでそちらをおすすめします。

知恵袋でもエディオンの割引には注意という人が多い

ユーザーの質問サイト、知恵袋でも確認してみましたがエディオンをおすすめという
回答者はあまり多くありませんでした。

質問には「エディオンならパソコンの同時購入で割引だからお得になる?」という人が
多いのですがそれに対する回答者の意見は私と同じようなものです。

月額料金が高くなる割引プランはやはりおすすめしにくいです。
実質的な割引はそれほど大きくありませんので。

人によってはエディオンカードの加入が必須、と説明された人もいるとか。
普通のクレジットカードでもWiMAX2+加入は出来るのですが。

初心者なのでわからない、という人はエディオンなど分かりにくい割引ではなく
もっとわかりやすい月額料金割引のプロバイダをおすすめします。

インターネット回線契約に詳しくない人が高額キャッシュバックを利用する場合
受け取りに失敗するという可能性も高いです。

エディオンのような分かりにくい割引やキャッシュバックよりもわかりやすい
月額料金割引を行っているプロバイダを選ぶようにしましょう。

niftyでWiMAX2+に加入するとキャッシュバックがもらえる?

今なら@niftyからWiMAX2+加入で高額キャッシュバックがもらえる

WiMAX2+プロバイダのキャンペーン特典といえばキャッシュバックが有名です。
以前はかなり多くのプロバイダで展開されていたキャンペーンです。

ただ最近では少なくなり、一部のプロバイダではキャッシュバックを止めてしまった
というところも多かったのですが・・・

最近、またキャッシュバックを展開するプロバイダが増えてきました。
その一つが@niftyです。

元々多くのインターネット回線接続サービスを提供していたプロバイダです。
WiMAX回線も古くから提供をしていました。

そして最近、WiMAX2+回線への新規加入者に向けてまた高額キャッシュバックの
提供をはじめました。

また始まった@niftyのキャッシュバックはお得に使えるようになるのか。
キャッシュバック金額はどうなっているのか。

金額自体は十分に高額で、受け取りに関しても評判がいい、という印象が
今回の@niftyのキャンペーンの感想です。

現在展開されている@niftyのキャッシュバックについて確認してみましょう。

WiMAX2+新規加入で30,100円のキャッシュバックがもらえる

@niftyの公式サイトを見てみると、キャンペーンとしてキャッシュバックが
説明されています。

その金額は現金で30,100円でした。
何だかちょっと中途半端な金額という印象ですが。

金額に関しては確かに高額で文句はありません。
これが新規加入者に対して現金で支払われるのです。

モバイルルーター、WiMAX2+回線への新規加入特典としては十分な金額かと。
私の印象としては十分に高額キャッシュバックです。

そして受け取りに関しても口コミを見るとかなり評判がいいのがわかります。
その理由は受け取りがしやすいキャッシュバックだから。

キャッシュバックの受け取り方法についても確認してみることにします。

事前に口座指定をすればキャッシュバックの受け取りが出来る

キャッシュバックの受け取り方法は金融機関の口座を指定して、そこに振込を
してもらうという方法です。

他のプロバイダではこの振込口座の指定に関するトラブルも多いのですが。
@niftyの場合はかなり余裕があるという意見です。

他のプロバイダのキャッシュバック受け取り口座の指定はメールが来てから
45日以内という条件が一般的です。

この期限を過ぎるとキャッシュバックの受け取りができない、というのが
トラブルの大きな原因になっていました。

でも@niftyの場合はまず契約4ヶ月目に@niftyのメアドあてにメールが来ます。
このメールの内容は会員サイトから振込口座の指定を促すだけです。

そして実際にその指定口座に振込が行われるのは9ヶ月目。
振込が実際に行われるまで期限がありません。

まあ振込口座の指定をしてから実際に振込が行われるまで時間が長いというのは
ちょっと残念なところですが。

実際に早い段階で振込口座の指定ができる、というのはもらい忘れ防止には
かなり有効だと思います。

振込が行われるまで振込時期の案内メールなども届くので忘れることも少ないかと。
振込口座の指定に関しては評価がとてもいいという印象です。

@niftyではキャッシュバックの条件をかなり限定している

気になるのは@niftyではキャッシュバックが出来る条件がとても限定されている
ということです。

例えば他のプロバイダではキャッシュバックが利用できるプランも複数あります。
まあ金額が変わるということもあるのですが。

でも@niftyではギガ放題プランの3年契約のみ、キャッシュバックが利用できます。
これ以外のプランではキャッシュバックが利用できません。

一応端末は最新のWX05をはじめ、W05にWX04とホームルーターのL01sを
選ぶことが出来ます。

それに支払い方法がクレジットカードのみ、口座振替での加入申し込み受付を
行っていません。

利用できるプランと支払い方法が決まっている、というのはキャッシュバックの
キャンペーンとしては珍しいと思います。

そこでもう少し詳しく@niftyのキャンペーン内容などを調べてみることにしました。

@niftyのキャッシュバックは受け取りやすいのがメリット

@niftyのキャッシュバックの概要はわかったので、今度は視点を変えて
どんなところに魅力があるのかを考えてみます。

多くの口コミでも言われているのが@niftyのキャッシュバックは受け取りやすい
もらい忘れが少ないという意見です。

実際にキャッシュバックがもらえるまで9ヶ月というのはちょっと時間がありますが
その受取口座指定は4ヶ月目から行うことができます。

例えば他のプロバイダのキャッシュバックでは12ヶ月目にメールが届いてそれに
返信する形で口座指定をするというところもあります。

これではメールが届いた時には何のメール高忘れているという可能性も。
でも4ヶ月目なら忘れている可能性も少ないと思います。

実際に口座の指定は会員サイト内で行うのでとても簡単です。
そして口座番号等に間違いがなければ後は自動的にキャッシュバック受取可能です。

ちなみにこの振込口座は会員の個人情報として登録されます。
他の回線サービスを使ってキャッシュバックがあるならその受取もできます。

つまりWiMAX2+加入前に@niftyでサービスを利用している場合はすでに振込口座の
指定がされている場合も多く、更にもらい忘れが少なくなります。

口座番号等に間違いがあれば当然ですがキャッシュバックの受け取りはできません。
入力には十分に注意しましょう。

@niftyは端末代金1円購入なので途中解約時の負担が少ない

これはキャッシュバックとはあまり関係がないのですが@niftyの場合は
モバイルルーター端末を新規加入時に1円購入します。

本体価格1円で購入できるのでスマホのように途中解約した時に本体の支払いの
残高を一括で支払うということはありません。

SIMカードの返却もないので途中解約の違約金以外に負担がないというのも
メリットと考える人が多かったです。

@niftyのキャッシュバックは条件が限定されすぎ

では次に@niftyでWiMAX2+のキャンペーンを使うときのデメリットについても
調べてみることにします。

とりあえず大きなデメリットに感じるのはやはりかなり限定された条件での
キャッシュバックということでしょうか。

他のプロバイダを見ればギガ放題プランでのキャンペーン特典が優遇される
というのはよくわかります。

でも普通はFlatツープラスという一般的なプランでの特典利用も出来る
というのがキャンペーン無いようなのですが・・・

ちなみにFlatツープラスとは月間データ通信容量上限7GBのプランです。
ギガ放題は月間データ通信容量の上限が無いのですが3日間10GBまでの制限ありです。

そして@niftyのキャッシュバック特典はこのFlatツープラスは対象外です。
更に2年契約と3年契約があるのですが3年契約のみが対象です。

まあ普通はWiMAX2+を使う、という場合に選ぶのがギガ放題なのでプランに関しては
あまり大きな問題ではないかと思います。

ただ最近多くなった3年契約しか選べない、というのはやはりデメリットに感じます。
これが組み合わさる@niftyのキャンペーンはとても条件が厳しい印象です。

@niftyのギガ放題は月額料金が高い

キャッシュバックが適応される場合は月額料金に割引がほとんどないというのは
他のプロバイダでも一般的です。

当然@niftyでもキャッシュバックを利用する場合のWiMAX2+の月額料金は
それほど安くはありません。

契約申し込みをした月、契約1ヶ月目は月額料金0円です。
2ヶ月目と3ヶ月目は割引が適応されて月額3,420円になります。

4ヶ月目以降36ヶ月目までは4,100円という月額料金になります。
これだけを見ると普通に考えてもかなり安い料金だともいます。

でも@niftyでは基本料金250円が毎月かかります。
つまり割引期間も月額3,670円、それ以降は月額4,350円という料金です。

この基本料金は他の@niftyの回線サービスを使っているとそちらで払っているので
WiMAX2+の月額料金では無くなります。

つまり他に@niftyの回線サービスを使っているならキャッシュバックを貰う場合でも
やすい月額料金で使えるということになるのですが・・・

@niftyのサービスをつかう場合にかかる基本料金というのがちょっと納得しにくい
というのが正直な感想です。

キャッシュバックの内容が頻繁に変わる

キャッシュバックだけではないのですが@niftyのキャンペーン特典はかなり頻繁に
内容や条件などが変わるという印象です。

一応公式サイトや特設サイトでも説明されていますが、キャンペーン期間はほぼ1ヶ月。
これが終わるとキャンペーン内容が変わっているという可能性が多いのです。

というかキャッシュバックキャンペーンが1ヶ月のみというのもかなり特殊かと。
今回の30,100円キャッシュバックは2018年11月1日から11月30日までです。

以前はキャッシュバックの受け取り自体が5ヶ月後という特典もありました。
現在は9ヶ月後に振込が行われます。

この様にその時のキャンペーンによって条件やもらえる時期などに大きく違いがあり
混乱をしやすいというのもデメリットに感じます。

一番大きな問題点はキャッシュバック金額が変わること。
高くなればいいのですが、安くなる可能性もあるのです。

コロコロと変わる条件なので申込みのタイミングにも十分気を使う必要がある
というのがとてもデメリットに感じました。

以前のキャッシュバックはもっと早くもらえた

ちなみに以前行っていた@niftyのキャッシュバックキャンペーンは業界でも
かなり早い段階で受取可能ということで注目されていました。

振込口座指定のメールは今と同じ4ヶ月目に届くのですが、そこから振込までが
とても早く翌月には振込日時の確認メールが届きます。

そして5ヶ月目でキャッシュバックの受け取りができるという特徴が@niftyの
WiMAX2+サービスにはありました。

しかもキャッシュバックの適応条件にはFlatツープラスの3年契約も含まれていて
今よりも適応条件が広かったようです。

ただ注意点としては通常プラン変更は月ごとに行えるのですが@niftyでは
プラン変更をするとキャッシュバックが適応されなくなりました。

まあキャッシュバックの受け取り自体が5ヶ月目とかなり早いのでそれまでの
限定で縛りがあるという感じですが。

他のプロバイダではFlatツープラスからギガ放題、その逆へのプラン変更でも
問題なくキャッシュバックの受け取りができます。

今ではキャッシュバックの対象がギガ放題プランのみなのでこの問題は
無くなったというのもちょっとしたメリットになるのでしょうか?

振込口座指定は@nifty入会直後に出来る

@niftyのキャッシュバックに関して、ちょっとした裏技的な情報も見つけました。
そちらを紹介したいと思います。

WiMAX2+加入後、4ヶ月目に振込口座確認のメールが@niftyでもらったメアドに
届く、と説明があります。

でもこのメールは振込口座の指定ができるようになるというメールではありません。
振込口座の登録はしていますか?という確認のメールです。

メールには会員サイトの個人情報の記入ページに直接移動できるURLがあるのですが
このメールが来る前に振込口座の指定をすることは出来るのです。

実はこの振込口座の指定は@niftyの会員になった時にすぐに登録できます。
郵便で@niftyから会員IDとパスワードが届くと思います。

そちらの説明にもあるのですが、そこにもQRコードで会員サイトに行くことが出来て
個人情報登録をすぐに行うことができます。

つまり@niftyの会員サイトに入れるようになった時点ですぐに登録しておけば
確実にもらい忘れを防ぐことも出来るのです。

入会直後にすぐ振込口座の指定をする必要はありませんが、忘れないうちに
会員サイトで口座指定をするほうがおすすめです。

@niftyのWiMAX2+に口座振込で加入する方法がある

@niftyのWiMAX2+サービスは現在新規加入申し込みで支払い方法に
口座振替を選ぶことが出来ません。

以前は口座振替でも新規加入申し込みができたのですが、現在申込み手続きには
口座振替という支払い方法が無くなっています。

でも口座振替でWiMAX2+サービスの支払いをすることはできます。
それに新規加入申し込みをすることも出来るのです。

それはすでに他のサービス申し込みをしていて、その支払い方法に口座振替を
使っている場合は新規加入でも受付をしてもらえます。

例えば現在@nifty光を契約していて、その支払い方法が口座振替だった場合に
新しくWiMAX2+の申込みをします。

通常の申し込みではなくサポートセンターへ電話連絡して申し込みをする場合に
そのまま新規加入受付をしてもらえます。

この時にWiMAX2+も現在使っている@niftyの支払いとまとめて決算にすると
WiMAX2+の支払いも口座振替になるのです。

普通の申し込みでは口座振替を選ぶことが出来ませんが、すでに@niftyのユーザーで
支払い方法が口座振替なら問題なく申し込みができる様になっています。

支払いが口座振替の場合は振込口座指定の確認メールが来ない

新規加入時に支払い方法が口座振替になっていて、すでに引き落としが可能な状態なら
キャッシュバックはそのまま利用中の口座に振り込まれます。

つまり振込口座の確認のためのメールが届かないのです。
会員サイトで振込口座を見ればすでに使っている口座が記入されているはず。

かなり条件が限定されますが、口座振替の@niftyユーザーが新しくWiMAX2+に
加入してキャッシュバックを受け取れる場合は確認メールが来ません。

どんな場合でも必ず確認メールが来る、というわけではないのでそこには注意が
必要になります。

キャッシュバック以外にも@niftyではキャンペーン展開をしている

@niftyでは復活した高額キャッシュバックキャンペーンが注目されていますが
一応それ以外にもキャンペーンの展開が行われています。

2ヶ月目と3ヶ月目の月額料金割引もキャンペーン特典の一つです。
そして更にお得に使えるキャンペーンもあります。

ただ月額料金割引キャンペーンはキャッシュバックと一緒に使えません。
使えるのは3ヶ月目までの割引キャンペーンのみです。

そしてこの3ヶ月目までの割引はギガ放題3年の契約をした場合のみです。

キャッシュバックとどちらかを選ぶ月額料金割引キャンペーンは
この3ヶ月目の割引が終わった後に更に割引を受けられる特典です。

契約期間中ずっと月額850円の割引が受けられるという特典です。
つまり3ヶ月目までも更に安くなるというかなりお得なキャンペーンです。

利用開始月は0円なので変わらず。
2ヶ月目と3ヶ月目は更に割引されて月額2,820円で使えるようになります。

そして4ヶ月目以降37ヶ月目まで月額3,500円という安い金額になります。
割引の総額は3年間で30,600円分です。

月額料金割引もキャッシュバックと同じギガ放題3年契約をした場合のみ

キャッシュバック金額よりも高額の割引になる月額料金割引ですがやはり適応条件が
ちょっと厳しい印象です。

公式サイトで見るとキャッシュバックの適応条件と同じギガ放題3年契約のみ
割引対象となっていました。

まあキャッシュバックと選べる特典、と言っているので同じ条件なのは当然
といえば当然ですが。

ただしこちらの注意点としてはキャッシュバックと違って受け取りまでの期間がない
という代わりに適応期間中のプラン変更などが出来ません。

キャッシュバックの場合、9ヶ月後に振込されてしまえば適応条件に合わなくなっても
キャッシュバック後なので大きな問題にはなりません。

でも月額料金割引は36ヶ月ずっと続くので途中で対象外プランに変更してしまうと
かなり大きな負担になってしまいます。

元々厳しい@niftyのキャンペーン適応条件が更に厳しくなる、という印象です。

サポートの面で@niftyは評判がいい

実際に@niftyでWiMAX2+を使っている人の評判を調べてみると、キャッシュバックが
無くなっているときにもそれなりに評判がいいことがわかります。

理由としてサポートがしっかりしている、という意見が多く見られました。
まあ中にはサポートセンターの対応に不満を持っている人もいるのですが。

サポートの対応に関しては概ね良好、という印象があります。
かなりしっかりと対応してもらったという意見は多く見られました。

ただ電話による勧誘をしていることで嫌悪感をあらわにしている人も多いです。
確かに@niftyの別のサービスの部署から勧誘が来るのはちょっと嫌な感じです。

古くから回線サービスの提供をしているのでサポート体制はかなり万全で
色々なケースに対応してもらうことはできます。

サポートの人の対応力にもよるのですが、老舗プロバイダのサポートなので
安心して任せることが出来ると思います。

ただし@niftyからくる電話勧誘には注意が必要です。
場合によってはかなりしつこく勧誘をしてくることもあるとか。

特に最近では電気や保険のサービス提供もしているので、そちらから勧誘の電話が
かかってくることもあるとか。

一応はっきり断ればそれほどしつこくなくなるという意見もあります。
@niftyからの電話だからといって油断するのは止めましょう。

@niftyの口コミサイトでは情報の新しさに注意

口コミを見ていて思ったのですが、@niftyの口コミサイトの中にはかなり情報が
古いサイトも多く混じっていました。

例えば@niftyでは2017年後半から口座振替での新規加入申込受付を基本的には
行っていません。

上記のようなすでに@nifty会員の場合以外では口座振替での新規加入が出来ません。
それなのに口座振替でのキャッシュバックの情報を記載しているサイトも有りました。

それにサイトによってはキャッシュバック金額が大きく違っているという場合も。
この辺りは@niftyのキャンペーンの変わり方の早さという問題もありますが。

つまり口コミサイトで紹介されているようなキャンペーンが現在行われていない
という可能性も@niftyの場合は多いのです。

特にWiMAX2+ではキャッシュバックでプロバイダを選ぶという人も多いです。
キャッシュバック金額にはかなり敏感になっているという人もいると思います。

現在は30,100円という高額キャッシュバックが利用できますが、それがいつまで
行われているかはわかりません。

@niftyでWiMAX2+の新規加入をする場合は必ず公式サイトで現在のキャンペーンを
確認してから申し込みすることをおすすめします。

知恵袋でも@niftyのキャッシュバックは評判がいい

ユーザーの質問サイト、知恵袋で評判を調べてみるとWiMAX2+プロバイダとして
@niftyをおすすめする人も多く見かけました。

その理由はキャッシュバックの受け取りがしやすいから。
特に振込口座指定に関しては多くの人が使いやすいと評価していました。

それに@niftyの場合は振込が失敗した場合、@niftyのメアドに振込口座確認の
お知らせメールが届きます。

何かの事情で金融機関の口座が利用できない、指定した口座番号が違っているなど
もう一度確認することをお願いするメールが届きます。

このメールの後にもう一度振込をしてもらうことができます。
それでも振込できない場合はキャッシュバックの権利を失うことになります。

他のプロバイダでは振込に失敗した後に再チャレンジしてくれることは少なく
その確認メールが届くというのもかなり珍しいです。

早くから振込口座の指定ができるということもあって、@niftyでは
キャッシュバックのもらい忘れが少ないという意見が多く見られました。

ただしキャッシュバックの金額に関しては他に高額のプロバイダも多いので
金額でおすすめする回答者はいないのですが・・・

@niftyの場合はタイミングが良ければ高額キャッシュバックが展開されていて
お得に使えるようになる可能性はあります。

ただし来月もそのキャンペーンが続いているという確証がないので気になる特典が
あるならすぐに契約することをおすすめします。

So-netでWiMAX2+を申し込むとキャッシュバックはもらえる?

現在So-netではWiMAX2+新規加入のキャッシュバックがないけどお得

以前はWiMAX回線への新規加入といえば高額キャッシュバックが利用できる
というプロバイダがとても多くありました。

短期契約で各プロバイダのキャッシュバックをもらい続けるだけでかなり儲かる
と言われるほどでした。

最近ではそれほど多くのプロバイダでキャッシュバックキャンペーンを展開する
ということが少なくなりましたが・・・

So-netでは一時期止めていたキャッシュバックを復活させたのですが
最近またキャッシュバックを止めたようです。

ではSo-netはWiMAX2+の申込みはおすすめできないのか、というと
そうでもありません。

現在行われているSo-netのキャンペーンはキャッシュバックを利用するのと
変わらないほどお得になる特典が展開されているのです。

では本当にキャッシュバックよりもお得にWiMAX2+が利用できるのか。
現在のSo-netのキャンペーンを確認してみることにしましょう。

So-netの現在のキャンペーンは月額料金割引

現在So-netで行われているキャンペーン特典は月額料金割引です。
毎月の月額料金をお得にするキャンペーンとなっています。

キャッシュバックと違って申し込み申請がいらず、入会申込みをすれば
自動的に適応されます。

まあ一応キャンペーン特典の利用条件として契約時に決算方法の確定がされている
という条件がありますが。

つまり申込みの時に支払い方法が決まっていて、支払いができるという確認が
出来ていることが条件になります。

はっきり言うと利用可能なクレジットカードでの支払いで申し込みがされている
ということです。

元々So-netでは支払い方法がクレジットカードのみなので普通に申し込みをすれば
問題なくこの条件はクリアできます。

つまりキャッシュバックと違って誰でも自動的に適応されるのが割引特典で
これがとてもお得になると注目されています。

以前はSo-netでもキャッシュバックが行われていた

でも以前はSo-netでも高額キャッシュバックのキャンペーン展開がされていて
そちらもかなり注目されていました。

ちなみに最高金額は4万円を超える金額のキャッシュバックが受け取れたとか。
他のプロバイダと比べてもかなりの高額キャッシュバックでした。

ただSo-netは元々ずっとキャッシュバックを展開していたプロバイダではなく
月ごとにキャンペーン内容が変わることも多くありました。

最初にWiMAX回線を提供していた頃はやはりキャッシュバック特典がありましたが
その後一度キャッシュバックを止めていた時期も長いです。

その後またキャッシュバックが使えるようになり、それがかなりの高額だったので
注目されていました。

まあキャンペーン期間は最初から告知されていましたので、その告知通りに
キャンペーンを終了しただけかもしれません。

当然またキャッシュバックを利用できるようになる可能性もありますが、私は
今回の月額料金割引も十分におすすめできるキャンペーン特典だと思います。

So-netの月額料金割引は契約期間ずっと安い

では現在利用できるキャンペーンの月額料金割引を詳しく確認してみます。
キャンペーン内容は名前のとおりに月額料金の割引ができます。

特徴としては契約期間中、ずっと月額料金の割引が適応されるということ。
他のプロバイダのキャンペーンとはちょっと違うと思います。

多くのプロバイダのキャンペーンでは契約期間中の何ヶ月かの月額料金が割引される
という場合が多いのです。

例えば最初の2ヶ月間だけかなり安い月額料金になって、その後はそれなりに安く
最後の1年位はほとんど割引がないというキャンペーン特典もありました。

でも現在行われているSo-netの割引キャンペーンは3年間の契約期間中ずっと
月額料金の割引が適応されます。

しかもずっと同じ料金で使えるのでかなりの料金割引に期待ができるのです。
一応契約できる2種類のプラン、どちらにも適応されます。

キャッシュバックのような申し込みも必要なく、契約後すぐに特典が実行される
というのも嬉しいところです。

月額3,380円ならキャッシュバックと同じくらい安い

そんなお得になるSo-netの現在のキャンペーンは月額料金がかなり安くなっています。
ギガ放題プランが契約期間中ずっと月額3,380円という安さです。

ギガ放題プランとはWiMAX2+回線の特徴的なプランで、月間のデータ通信容量に
上限がありません。

以前のような月間7GB上限やスマホのように契約したデータ通信容量上限が無いのです。
ただし直近3日間で10GBまでという制限があるのですが。

よほど無茶な使い方をしなければ3日で10GBというデータ通信をすることは無いので
基本的にあまりデータ通信容量を気にせずにネットができるという魅力があります。

So-netでは通常このギガ放題プランは月額4,879円、まあ長期契約割があるので500円
割引されて4,379円というのが通常の月額料金です。

これと比べれば月額3,380円というのはどれくらい安いのかよく分かると思います。

ちなみにもう一つは上限7GBのFlatツープラスというプランですが、こちらは通常
4,195円から長期契約割で500円引きの月額3,695円です。

これがキャンペーン適応で月額2,780円になります。
こちらも契約期間中ずっと月額料金が変わりません。

これほどの割引ならキャッシュバックと比べても十分にお得に利用できる
という可能性は高いと思います。

So-netのキャンペーン適応の支払総額はとても安い

今回のSo-netのキャンペーンで実際に支払う月額料金の総額はいくらになるのか。
キャッシュバックをもらった場合と比べてみることにします。

今回のキャンペーンでは契約期間中の月額料金が全く変わらないので計算もしやすい
というメリットがあります。

ギガ放題プランなら月額3,380円が3年契約なので36ヶ月の121,680円。
これが契約期間中に支払う金額になります。

もしキャッシュバックをもらうならこの支払の金額が変わってくるはず。
今回は別のプロバイダのキャッシュバックで比べてみることにします。

以前のSo-netのキャッシュバック金額に一番近いのがGMOとくとくBBで
現在行っているキャッシュバックキャンペーンです。

そこでGMOとくとくBBの42,000円キャッシュバック特典の月額料金の
支払総額と比べてみることにします。

GMOとくとくBBでキャッシュバックを利用する場合、申し込み初月が1ヶ月目の
月額料金を使った日割り計算になります。

ただSo-netが初月無料なので今回はこれを無視して月額料金の総額を計算します。
1ヶ月目と2ヶ月目が3,609円で残りは4,263円という月額料金です。

これで3年契約をした場合、7,218円+144,942円の合計152,160円です。
ここからキャッシュバック金額を引けば110,160円になります。

キャッシュバックをもらってその全てを月額料金の支払いに使えばWiMAX2+を
トータル110,160円で使えるということになります。

今回のSo-netのキャンペーンを使った支払総額は121,680円なのでほとんど
この高額キャッシュバックを利用した場合と変わらなくなります。

キャッシュバックのほうがお得だが手間がかからない

実際に比べてみるとやはりキャッシュバックをもらってそれを全て月額料金の
支払いに使うほうが安くなるという結果でした。

ただし今回のSo-netの月額料金割引は新規加入申し込みだけで特別な申し込みが
必要ないというメリットもあります。

普通に申込みをするだけでほとんどのユーザーが自動的に適応されるので
キャッシュバックのようなもらい忘れがない、というのはかなり嬉しいところです。

それに今回比較に使ったGMOとくとくBBのキャッシュバックは契約する時に
選んだ端末でキャッシュバック金額が変わります。

そして現在最大金額がもらえる端末はW05の3年契約です。
つまりSo-netと違って最新端末のWX05ではないのです。

契約期間は同じですが、2018年11月発売の最新端末でもSo-netの月額料金割引は
しっかりと適応されています。

選べる端末が最新機種、というメリットも考えるとかなりお得なキャンペーンは
So-netの月額料金割引という印象になります。

ちなみにGMOとくとくBBでもキャッシュバック特典を使わない場合は
最新端末のWX05を選ぶことが出来ます。

以前行われていたSo-netのキャッシュバックはお得だった

現在のキャンペーン特典がとても使いやすくお得なのがわかったので、過去に
So-netで行われていたキャッシュバックについても調べてみます。

かなり昔から通信関係のサービス提供をしているSo-netではWiMAX2+回線での
キャッシュバックも古くから行われていました。

一度止めてしまったキャッシュバックですが、再度復活をしてキャンペーン展開を
されていました。

一番新しいキャッシュバックキャンペーンでは以前のようにかなり高額の
キャッシュバックが行われていました。

その金額は40,700円ととても魅力的な金額です。
当時のプロバイダでは一番の高額、と言われるほどの金額でした。

ただその後にGMOとくとくBBが更に高額のキャッシュバックを展開したので
そちらの印象のほうが強いという方も多いかと。

それくらいの高額キャッシュバックもSo-netでは展開されていたので今でも
So-netのキャンペーンがお得に使えるという印象が強いユーザーも多いかと。

でもそんなユーザーの意見を改めて調べてみると不満点も多くありました。
それがキャッシュバックの受け取りについてです。

So-netのキャッシュバックは受け取りが面倒

高額キャッシュバック40,700円が展開されていたときの特典受け取り方法を
ちょっと確認してみました。

キャッシュバックの受け取りは約1年以上かかります。
まずは契約11ヶ月目にSo-netのメアドにキャッシュバックの案内というメールが来ます。

こちらにはキャッシュバック振込のための口座を指定する案内が書かれています。
このメールから口座指定のサイトに移動して口座を指定する必要があります。

このSo-netのメアド宛に来る、というのが不満点になっていました。
WiMAX2+申込時に使っていたメアドではないことが問題のようで。

通常WiMAX2+回線を申し込む人は別に海鮮を使っている、またはスマホなどの
キャリアメールを基本的に使っている場合が多いです。

モバイルルーターを作る時に入会したプロバイダのメールをメインに使う
という人がとても少ないのです。

まあ一般的にWiMAX2+を契約する時にメールでのやり取りが必要なので普通は
他にメアドを持っていると思います。

この普段使っていないメアドに届くメールが重要、ということがキャッシュバックの
もらい忘れにつながるという意見が多いのです。

確かに忘れやすいという意見はよくわかります。
できれば契約時に使った連絡用メールに送ってほしいという意見も納得です。

キャッシュバック口座指定に期限がある

キャッシュバックについての不満点はもう一つ、口座指定に期限があることです。
メールが届いてから45日以内に口座指定をしなければいけませんでした。

キャッシュバックのシステム的なものでしょうが振込口座を指定するのが遅れてしまうと
キャッシュバック自体が無くなってしまいます。

メールが届いているのに気が付かいない、という危険性がこのキャッシュバック自体の
消失という大きな問題になるのです。

まあこれがわかっているならメールが届くことを忘れないようにする、という努力が
必要だと思いますが・・・

メールが届くのが11ヶ月後というかなり長い期間というのも問題があるかと。
確かにほぼ1年後の予定など忘れていますよねえ。

So-netのメールでも転送サービスが使えるはずなので、それを使っていれば
いつものメアドに転送してもらうという事もできたのですが。

今後またSo-netがキャッシュバックを開始して、同じようなシステムでの
手続きが必要な場合はもらい忘れをなくす工夫をしておきましょう。

現在のSo-netは選べる端末が少ない

では現在So-netで行われているキャッシュバックではないキャンペーンについての
注意点なども確認してみましょう。

一応最新端末のWX05まで選んで利用することができる様になっています。
どの端末を選んでも端末代金0円、送料無料で契約できます。

ただし対応端末を調べてみるとWX05とW05、ホームルーターのL01sの3種類。
他の端末が無いという状態です。

取り扱い端末はプロバイダによって違いますが、他のプロバイダではWX04や
WX03まで選ぶことが出来るプロバイダもあります。

So-netの公式サイトを見ても今回のキャンペーンの対応端末はWX05とW05
ホームルーターのみとなっていました。

最新端末が選べるので良いのですが、ちょっと選択肢が少ないという印象です。
これに関してはちょっと気になることもありました。

口コミではSo-netのキャンペーンでWX04クレードルセットがあった

ちょっと調べてみると口コミの中にはSo-netの新しいキャンペーンで
WX04のクレードルセットがお得、という意見がありました。

WXシリーズの特徴としてクレードルに室内用のアンテナを増設している
つまり室内でクレードルと一緒に使うと電波の受信が良くなるという特徴が。

ただしクレードルは別売りの3,000円という値段なので、屋外で使うのがメイン
というユーザーはあまり購入をしていませんでした。

でもSo-netの新しいキャンペーンでこのクレードルセットのWX04が
利用できるというのです。

一応口コミではWX04はクレードルセットで本体0円購入可能だったようで。
つまりクレードルセットでも0円という超お得価格でした。

まあ単純に考えればWX04の在庫が無くなったということでしょうか。
こちらもぜひ復活して欲しいキャンペーンではあります。

過去にSo-netのキャンペーンを利用していると対象外

今回のキャンペーンの注意事項を確認してみると気になる項目があります。
それが過去にSo-netモバイルWiMAX2+キャンペーン利用者が対象外ということです。

今回のキャンペーンに限らず、過去にSo-netからWiMAX2+への申込みをして何かの
キャンペーン特典を受け取っているなら対象外になるということです。

それとギガ放題とFlatツープラスの2年契約でもキャンペーンが適応されないこと。
今回月額料金が安くなるのは3年契約が条件になっているようです。

公式サイトを見ると3年契約のみ、という印象が強いのですがSo-netではそれぞれの
プランの2年契約も提供しています。

ただ今回の特典利用ができない場合の支払総額を計算してみると、4,379円が24ヶ月で
総額105,096円になります。

ギガ放題プランで計算した場合の金額ですが、あまりキャンペーン適応の3年契約と
金額が変わらないという状況です。

3年契約がどうしても嫌だ、出来ないという人以外はSo-netでWiMAX2+に加入するなら
3年契約をおすすめします。

So-netは有料オプションサービスも充実

キャッシュバックがなくなりましたがSo-net自体はかなり評判のいいWiMAX2+の
提供プロバイダという評判です。

ではどんなサービスが使えるのか、有料オプションサービスについても確認してみます。
特に評判がいいのはウイルス対策ソフトの12ヶ月無料利用でした。

オプションサービスの一つにウイルス対策ソフトのカスペルスキーの利用権があります。
月額500円で端末5台までの保護ができるサービスです。

カスペルスキーはパソコン、スマホ、タブレットPCなど端末を選ばずにインストールが
できるという魅力あるウイルス対策ソフトです。

通常は月額500円必要なのですが、新規加入特典として12ヶ月0円で利用可能になります。
モバイルルーターでネット接続するにはやはりセキュリティソフトは重要です。

これを12ヶ月も無料で使えるというサービスには多くのユーザーが注目をしている
というところでしょうか。

他にも安心サポートなどもあり、パソコンのトラブルに関してもしっかりと
サポートを任せることができます。

元々So-netはサポートセンターの対応にも評判がいいのでこれらのオプションサービスも
安心できるという意見が多く見られました。

まあ基本的には初心者に向けてのサポート、という印象ですが。
使う場合でも安心はできると思います。

WiMAX2+端末の無償アップデートができる

今回新しく発売になったWX05のようにWiMAX2+端末は新しい端末が発売され
性能の良い商品が出るということがよくあります。

スマホの場合なら契約期限に機種変更というのが一般的ですが、WiMAX2+の場合は
基本的に解約してプロバイダと再契約する時にキャンペーンを使って0円購入します。

でもタイミング的に解約できるまで時間がかかるという場合も。
最近では3年契約というプロバイダも多くなっていますし・・・

そんなときでもSo-netなら1年10ヶ月目以降は無償で端末の変更が可能です。
まあ最新端末WX05は2,000円必要なようですが。

これは元々UQ WiMAXが行っているサービスで、特定プロバイダではそのサービスを
受けることができる様になっています。

So-netはこのUQ WiMAXのサービスが利用できるプロバイダなのでSo-netと
契約をしたままUQ WiMAXの機種変更サービスを使えるのです。

機種変更後も以前の契約が継続されます。
途中解約で違約金が必要になるということはありません。

ただし機種変更後6ヶ月以内にWiMAX2+の解約をする場合は端末代金も請求される
という最低利用期限みたいなものはあります。

乗り換えをする時には自分の契約期間の残りと6ヶ月の最低利用期限を考えて
申込みをしましょう。

キャッシュバックはないけどSo-netのWiMAX2+はおすすめしやすい

ここまで色々とSo-netのWiMAX2+サービスを調べてきましたが、おすすめできるか
という意見には賛成できると思います。

確かにキャッシュバックという魅力的な特典はなくなりました。
でも月額料金割引はそれに匹敵するようなお得なサービスです。

実際にキャッシュバック受け取りの手間などを考えるととても簡単で、契約してから
すぐにその効果を実感できるという魅力もあります。

過去にSo-netのキャンペーンを使ったことがない、という条件もありますが
これは一応抜け穴もあります。

So-netではキャンペーンの利用を会員IDで管理しています。
つまり以前のIDを使わずに申し込みをすれば初めてと判断されます。

So-netで他の通信サービスも利用しているなら別IDにするために退会する
という方法が難しいと思いますが。

今回の月額料金割引キャンペーンが利用できるなら、キャッシュバックをしている
プロバイダよりもおすすめしやすいと思います。

知恵袋でもSo-netのキャッシュバックは魅力的

ユーザーの質問サイト、知恵袋などを見てもSo-netのキャッシュバックは
魅力的に思えたようです。

こちらではかなり古い質問も見られるのですが、So-netのWiMAX2+加入に
外部サイトを利用するとキャッシュバックが多くなることに対する質問でした。

最近では公式サイト以外ではあまりキャッシュバック特典が利用できないので
このような質問が少なくなったのですが・・・

今の状況で考えるなら確実に公式サイトから申し込みすることをおすすめします。

外部サイト、特に加入代理店サイトからのWiMAX2+申し込みはトラブルが多く
キャッシュバックの受け取り方法もかなり複雑です。

特に今のSo-netへの加入を考えるなら月額料金割引なので公式サイトからの
申し込みをおすすめします。

最新端末が発売されたばかりの状況ならキャッシュバックよりも月額料金割引
という方が最新端末に対応している可能性は高いです。

特別な申し込みがなくても適応されるSo-netのキャンペーンはキャッシュバックに
匹敵するくらいお得に使えると思います。

DTI WiMAX2+でもキャッシュバックって使える?

公式サイトでは現在キャッシュバックが行われていないDTI WiMAX2+

どこでもインターネットが使えるようになるモバイルルーターは今とても注目される
アイテムの一つとなっています。

モバイルルーターの中でも月間データ通信容量の上限なしというプランの提供を
行っているのがWiMAX2+です。

こちらは多くのプロバイダから提供されていて、どこのプロバイダを選ぶのかは
ユーザーにとっての悩みの一つだと思います。

プロバイダ選びの一つの目安になるのがキャッシュバックで、以前はこの特典が
利用できるプロバイダがかなり多くありました。

最近では減っているのですが、それでも高額キャッシュバックが利用できる
プロバイダはまだあります。

そんなキャッシュバックがあるWiMAX2+のプロバイダとして注目されていたのが
DTI WiMAX2+というプロバイダなのですが・・・

2018年11月現在、公式サイトではキャッシュバックが無くなってしまいました。
まあちょっと変わった形で行われてはいるのですが。

現在のDTI WiMAX2+のキャンペーンについてちょっと確認してみました。

以前はDTI WiMAX2+では3万円キャッシュバックが利用できた

まずは多くのサイトでも注目されていたDTI WiMAX2+のキャッシュバックが
どんなものだったのかを調べてみました。

公式サイトのプレスリリースのバックナンバーを調べてみると2018年1月までは
30,000円というかなり高額のキャッシュバックが展開されていたようです。

期間延長のお知らせが発表されていたことがわかりました。

受け取り方法なども確認してみると、契約から11ヶ月後にDTIのメアドに
振込先の確認メールが届きます。

振込のシステムに楽天銀行のサービスを使っているようでメール自体は
楽天銀行から届くようです。

そのメールの指定アドレスに行き、振込先の銀行を指定すれば翌月末日までに
指定口座に振込が行われるというキャンペーンでした。

ただしこちらのキャッシュバックは現在行われていません。
ちょっと違う形のキャッシュバックが公式サイトで展開されていました。

NTTグループカードで支払うと毎月500円のキャッシュバック

以前のようなキャッシュバックではなく、毎月500円がキャッシュバック
つまり割引になるというキャンペーンがDTI WiMAX2+で開催されていました。

条件はNTTグループのクレジットカードを使ってDTI WiMAX2+の月額料金を
支払うこと。

元々DTI WiMAX2+では支払い方法がクレジットカードのみです。
この支払のカードをNTTグループのカードにすると500円キャッシュバックされます。

それが1年間ずっと毎月の割引なのでトータル6,000円のキャッシュバックになります。
まあ1年間は毎月500円割引されるということですが。

条件がNTTグループのクレジットカードを使うことなので新規加入時にカードを
登録する必要はありません。

契約後に支払いに利用するクレジットカードを変更することでも適応可能です。
その場合は契約期間も考えて行うことをおすすめします。

クーポンサイトでポイントによるキャッシュバックもある

もう一つ、DTI WiMAX2+の公式サイトではないのですがクーポンサイトの
Eクーポンでもキャッシュバックを行っていました。

それがEPARK会員になると利用できるポイントのキャッシュバックで
Eクーポンサイト内で使えるポイントをキャッシュバックしてもらえます。

こちらのクーポンサイトからDTI WiMAX2+に加入することでEPARK会員がもらえる
ポイントを受け取ることが出来るようになります。

これが1,500ポイントを10回、3ヶ月毎にトータル15,000ポイント還元という
キャッシュバックです。

ポイントは1ポイント1円、Eクーポンサイト内で現金と同じ様に使えます。
ただし有効期限付きのポイントです。

また最初にポイントがもらえるのは6ヶ月目で、以降3ヶ月毎の10回なので
最後のポイントは33ヶ月後にもらえるということに。

DTI WiMAX2+は3年契約なので36ヶ月、ポイントをもらうために契約延長は
必要ないのですが・・・

現金キャッシュバックに比べるとかなり見劣りする印象です。
一度にもらえるのも1,500ポイントなのでちょっと微妙な感じです。

公式サイトではないのですが一応料金などはDTI WiMAX2+と変わらず
契約当初の無料期間がないくらいでしょうか。

現在のDTI WiMAX2+のサービス内容は普通のプロバイダ

では現在行われているDTI WiMAX2+のサービス内容を確認してみます。
キャッシュバックはNTTグループカードの500円のみですが他はどうなのでしょうか。

まず提供しているのはギガ放題プランとモバイルプランの2種類。
どちらも契約年数は3年契約です。

ギガ放題プランは他のプロバイダでも提供されているWiMAX2+回線の特徴といえる
月間データ通信容量上限なしというプランです。

ただし混雑解消のために3日間の合計が10GB以上のデータ通信をすると
速度制限がかかる、完全無制限ではないサービスです。

もう一つのモバイルプランはスマホのデータ通信と同じ、月間7GBという
通信上限があるプランです。

当然7GB以上の通信をすれば速度制限がかかり、解除方法がないので
その月の締め日まで通信速度が遅いままになります。

選べるプランはこの2種類だけですがWiMAX2+プロバイダとしては一般的で
基本的にはギガ放題プランがあれば問題ないと思います。

DTI WiMAX2+の月額料金はそれなりにお得

次に契約するユーザーが最も気になる月額料金についても調べてみます。
DTI WiMAX2+ならお得にWiMAX2+回線が使えるのでしょうか?

ギガ放題プランはDTI WiMAX2+の公式サイトから申し込みを知ら場合、最初の
2ヶ月間は月額料金0円で使えます。

3ヶ月目は月額2,590円とかなりお得な料金なのですが、この割引は最大3ヶ月
つまり3ヶ月目で終了します。

その後4ヶ月目から36ヶ月目までは月額3,760円です。
最初の割引と比べてしまうとちょっと高くなるな、という印象です。

でも一般的なWiMAX2+のギガ放題プランは割引なしの場合は月額4,880円という
料金なのでこれに比べるとかなり安くなっています。

そしてモバイルプランの場合は契約からずっと変わらない月額料金というのが
DTI WiMAX2+の特徴です。

公式サイトでは契約1ヶ月目からずっと3,500円と説明されていますが、キャンペーンで
最初の2ヶ月間の月額料金0円という割引が適応できます。

公式サイトの最大2ヶ月間0円キャンペーンは期限がわからない特典なので
いきなり終了している可能性もありますので注意が必要です。

キャッシュバックなしでもお得に使える可能性がある

では他のプロバイダのキャッシュバックを使った場合と月額料金を比べてみます。
現在も高額キャッシュバックを行っているGMOとくとくBBと比較してみましょう。

まず月額料金ですが契約初月は1ヶ月目の月額料金を元にした日割計算です。
1ヶ月目と2ヶ月目は割引が適応されて3,609円です。

その後3ヶ月目から36ヶ月目までは4,263円になります。
この金額で初月をフルに使ったとして計算してみます。

3,609円x3ヶ月+4,263円x33ヶ月で10,827円+140,679円の151,506円が
3年間で支払う総額になります。

現在GMOとくとくBBでは41,000円のキャッシュバックが利用できるので
適応させた場合はそれを引いて110,506円。

これを1ヶ月ごとの支払いに分割してみると毎月の負担は3,070円程度です。
さすがに高額キャッシュバックをもらえれば安く使うことが出来るということに。

ただし同じギガ放題プランを使った場合でもDTI WiMAX2+なら月額料金は
3,760円なのでそれほど大きな違いはありません。

更に2ヶ月分0円を還元してみると36ヶ月の支払いは2,590円に3,760円の33ヶ月
トータル126,670円です。

この金額で毎月の負担を出してみると3年間毎月3,520円程度になります。
キャッシュバックを適応させずにこれだけ安く使えるということです。

キャッシュバック適応のGMOとくとくBBに迫るくらいの月額料金なので申し込みなど
いらない分だけ使いやすいという印象です。

クーポンサイトよりも公式サイトのほうがおすすめしやすい

実際にキャッシュバックを適応させてみるとやはりキャッシュバックをもらったほうが
安く使えるというのはわかりました。

ただキャッシュバック金額を全てWiMAX2+の月額料金に使った場合のことなので
普通に月額料金を支払うことを考えれば十分にDTI WiMAX2+は安いです。

では現在DTI WiMAX2+で使えるクーポンサイトのキャッシュバックを使えば
更にお得になるのでしょうか?

ポイント還元とはいえ確かに現金の代わりに使えるポイントがもらえるのは
お得に感じると思います。

ではDTI WiMAX2+もクーポンサイトから申し込みをするほうが良いのか
と言われると私はちょっと疑問を感じます。

その理由はクーポンサイトでは2ヶ月間の無料期間が無いこと。
更にクーポンサイト内のみのポイント還元ということが気になります。

公式サイトから申し込みをすれば2ヶ月間の月額料金が0円になります。
これがかなり大きな魅力に感じるのです。

3ヶ月目までの割引はクーポンサイトでも使えるので安くなるという意味では
問題ないのですが・・・

単純に「無料」という響きがとてもいいというだけです。
私は無料が大好きです(笑)

後はEクーポンをよく使うという方ならポイント還元のキャッシュバックでも
問題はないと思います。

これは私自身があまりEクーポンを使わないので魅力を感じない、というだけなので
よくサイトを使うなら問題なくおすすめできます。

DTI WiMAX2+で申し込みをするとDTI Club Offが使える

DTIの公式サイトから申し込みをする場合のメリットとしてはもう一つ、DTI会員の
特別なサイトが使えるという魅力があります。

それがDTI Club Offというサイトです。
こちらでは宿泊費の割引や入場料の割引などが利用できるサービスです。

公式サイトの説明をそのまま使わせてもらうと「全国の宿泊施設やレジャー施設
スポーツクラブ、インテリアの購入、レストランや居酒屋の飲食など」がやすくなります。

特別優待価格で特定の施設の利用、飲食店の食事代などが割引できるようになります。
ある意味DTIのクーポンサイトというところでしょうか。

利用条件はDTIが提供しているサービスの契約をしていること。
会員サイトから使っているサービスを選べば会員としてサイトにアクセスできます。

当然DTI WiMAX2+も対象サービスになっているのでDTIの会員サイトから
アクセスすることが出来るようになります。

クーポンなどの割引に興味があるならこちらもおすすめできるサービスです。

キャッシュバックがない今、DTIを選ぶメリットはあまり感じない

月額料金だけを考えるなら確かに安く使えると思います。
ただやはりキャッシュバックという魅力はとても高いのが現実です。

そしてDTIの公式サイトではキャッシュバックに変わるようなお得なキャンペーンを
見つけることが出来ませんでした。

現状DTIをわざわざWiMAX2+のプロバイダとして選ぶという魅力が無いと
感じてしまうのです。

確かに色々なサービスがあるので、使っても大きな問題はないと思います。
でも契約するという魅力が少ないというのも事実です。

まあ昔よりもかなりサービス内容は良くなっていると思うのですが。
以前は今よりもかなりおすすめしにくいプロバイダと言われていましたから。

以前のDTIはWiMAX2+をおすすめしにくいプロバイダだった

口コミを調べてみるとキャッシュバックがあったときでもDTI WiMAX2+は
あまりおすすめしやすいプロバイダではなかったようで。

実際にキャッシュバック30,000円というのはかなり魅力的に思えるのですが。
それ以上におすすめしにくいところがあったと言われています。

では口コミでキャッシュバック30,000円以上におすすめしにくいと言われていたのは
どんなところなのでしょうか。

まず気になったのが最新端末を選ぶことが出来なかったこと。
当時の最新端末は2018年1月発売のW05という機種です。

多くのプロバイダはこの機種が発売されてからすぐに使うことができる様になり
プロバイダによっては最新端末も本体0円購入が可能でした。

でもDTI WiMAX2+でW05を選ぶことが出来る様になったのは2018年9月を
過ぎてからのようです。

半年以上も当時の最新端末を選ぶことが出来なかったというのはやはりおすすめは
しにくいプロバイダだと思います。

現在はW05とWX04、WX03とホームルーターのL01sを選べます。
この時点ではあまり問題はないのですが・・・

実は2018年11月に新しいWiMAX2+端末のWX05が発売予定です。
発表されている性能は最新端末にふさわしく期待できるものでした。

これがいつ選べるようになるのか、という疑問もDTI WiMAX2+では出来てしまいます。
最新端末が選べないのではやはりおすすめはしにくいと思います。

DTI WiMAX2+はauスマートバリューの対象外

端末利用以外にも一つ、他のプロバイダで利用できるサービスが使えないという状況が。
それがauスマートバリューの対象外ということです。

このauスマートバリューとはauスマホの利用者が他のサービスを使う場合に
スマホの割引がされるというサービスです。

提供元のauが行っているサービス利用はもちろん親会社が同じKDDIのWiMAX2+も
対象になりました。

つまり他のプロバイダでWiMAX2+を契約するとauスマートバリューを使うことが
出来るのでauスマホを持っていれば月額料金割引を受けられます。

でもなぜかDTI WiMAX2+はauスマートバリューの対象外なのです。
つまりauスマホの割引ができなくなっています。

ドコモやソフトバンクのスマホなら問題ないのですがauスマホを使っているユーザーが
DTI WiMAX2+を選ぶ理由が無くなってしまうのです。

一般的なWiMAX2+プロバイダならauスマホユーザーにはおすすめしやすいのが
普通なのですが・・・

キャッシュバック30,000円があってもauユーザーには確かにおすすめできません。

DTI WiMAX2+のモバイルプランは事務手数料が高い

ちょっと地味なことですが最後に一つ、DTI WiMAX2+で契約できる通常のプラン
モバイルプランは事務手数料が5,500円と高くなっています。

WiMAX2+は回線契約なので契約をするための事務手数料がかかります。
これはどのプロバイダでもどの回線でも同じです。

ただ他のプロバイダはギガ放題プランと一般的なプランのどちらでも事務手数料は
変わらず3,000円です。

でもDTI WiMAX2+ではなぜか上限7GBのモバイルプランの事務手数料が高く
ギガ放題は他のプロバイダと同じという状態です。

まあWiMAX2+回線を選ぶのにわざわざ上限がある通常プランを選ぶ人は
かなり少ないと思いますが。

サブ回線として安いプランを選ぶつもりという方もいると思います。
そんな人には事務手数料が2,500円も高いDTI WiMAX2+はおすすめしにくいです。

これらの意見があったのでキャッシュバックが高くてもDTI WiMAX2+は
おすすめしにくいと言われていました。

キャッシュバックに関する不満も多少あった

更にDTI WiMAX2+の口コミを調べてみるとキャッシュバックに関する不満を
挙げている人も見つかりました。

一つはキャッシュバックをもらえるまでの時間が長いこと。
もう一つ、キャッシュバックの受け取り方法が分かりにくいということ。

以前行われていたDTI WiMAX2+のキャッシュバックは契約して12ヶ月目に
楽天銀行からくるメールに返信して口座を指定するという方法でした。

つまり契約を12ヶ月続ける必要があること。
その頃にDTI加入時にもらったメールボックスを確認する必要があること。

これが面倒くさい、忘れやすいという不満が多く見つかりました。
まあ確かに1年後のキャッシュバックは忘れやすいとは思います。

それとキャッシュバックのためのメールの送信先を選べないというのは
不満が出やすいところだと思います。

特にWiMAX2+はモバイル回線なのですでにメアドを持っている人が使う
ということも多いのです。

そのために新しく作ったメールボックスを使わないという場合も多く
そこをわざわざ確認している人は多くはないと思います。

キャッシュバックという重要なメールだからこそいつも使っているメアドに
届けて欲しいという意見にはとても共感できます。

ただ受け取り方法が分かりにくい、というのはちょっとわかりません。
キャッシュバック口座指定の方法はとてもわかり易いと思うのですが。

メールから指定のURLに移動してキャッシュバック受け取り口座指定がわからない

DTI WiMAX2+のキャッシュバックは楽天銀行のサービスを利用していました。
当然メールが楽天銀行から届いて、手続きも楽天銀行のサイトで行います。

届いたメールには手続きをするためのサイトに移動できるURLが貼り付けてあって
それをクリックするだけでサイトに移動することができます。

後はサイト内で自分名義の口座を指定、口座番号等の入力をすれば翌月末日には
キャッシュバックがもらえるという方法でした。

注意点としてはWiMAX2+回線の契約者名義と銀行口座の名義が同じ名前であること。
違う名前の口座には振込ができないというところでしょうか。

それとメールが届いてから45日以内に口座の指定をしなければいけないことも
不満点として上げる人が多かったところです。

DTIのメアドを確認するのが遅れてしまうと期限内に口座の指定ができずに
キャッシュバックの受け取りが出来ない、という不満があるようで。

指定口座の問題で期限が切れてしまうということもあり、期限付きの口座指定には
多くのユーザーが不満を持っていたようです。

現状もあまりDTI WiMAX2+はおすすめしやすくはない

ではキャッシュバックが無くなっている現在、DTI WiMAX2+はおすすめしやすい
プロバイダなのでしょうか。

まあ一応NTTグループのクレジットカードを使えばキャッシュバックがあるので
完全になくなったとは言いにくいのですが。

でもキャッシュバックがあるからおすすめ、とはやはり言いにくいというのが
正直なところです。

今でもやはりauスマートバリューの対象にはなっていません。
これだけでもauユーザーにはおすすめできません。

契約年数が3年限定なのは他のプロバイダも同じなのであまり気になりません。
ただしモバイルプランの事務手数料が高いというのはデメリットに思います。

ギガ放題プランは月額料金が安く使いやすいのですが、それだけなので
他のサービスも考えるなら別のプロバイダのほうがおすすめしやすいです。

高額キャッシュバックが無くなったために今のDTI WiMAX2+はとてもおすすめが
しにくいプロバイダになった、という印象です。

クーポンサイトをよく使うというなら公式サイト以外からの加入もおすすめですが
これはかなりユーザーが限定されると思います。

個人的な感想としては他のサイトをおすすめします。

質問サイトでも現在のDTI WiMAX2+に関する質問は少ない

ユーザーの質問サイトを見ても現在のDTI WiMAX2+に関する質問をしている人が少なく
ユーザーにもあまり興味を持たれていないという印象です。

ただ以前の質問を見てみるとキャッシュバックのメールが来ない、月額料金が高く
乗り換えを考えるなどの意見がありました。

以前のキャッシュバックが行われていた時期にはDTIはかなり注目されていた
プロバイダだったことは間違いないようです。

ただ現在のキャッシュバックがない状態ではあまりユーザーとしても注目が
されていないという印象になりました。

最新端末が利用できないという状況はWiMAX2+プロバイダとしてはとても厳しく
ユーザーの関心が離れてしまったということでしょうか。

そして現状ではキャッシュバックもないのでプロバイダの選択肢になりにくい
という状況と思われます。

確かに現在のDTI WiMAX2+をおすすめできるか、と言われるとかなり微妙ですが。
まずは最新端末が選べるのかを確認したいところです。

端末購入は本体0円購入ができるプロバイダなので、最新端末が選べるようなら
考えても良いのかもしれません。

BIGLOBE WiMAX2+で利用できるキャッシュバックはお得?

BIGLOBE WiMAX2+は色々な状況でキャッシュバックが使えるプロバイダ

以前はWiMAX2+のプロバイダといえば大きなキャンペーン展開をしている
という印象がありました。

特にキャッシュバックは高額で、どこを選んでもかなりお得になるという印象でしたが
最近では新規加入特典自体がとても少なくなっています。

そんな中で今でも高額キャッシュバックを行っているWiMAX2+プロバイダがあります。
それがBIGLOBEです。

キャッシュバック特典が使えるプロバイダがとても減っている中で、今でも
最大現金30,000円のキャッシュバックが展開されています。

キャンペーン特典だけを見るとかなり魅力的なのですが、このキャッシュバックは
どんな状況でももらうことが出来るのでしょうか?

プロバイダによっては受け取りがとても大変、という噂も聞きますが・・・

そこでBIGLOBEのキャッシュバックについて調べてみると、確かに受け取りやすく
とても使いやすいという意見が多いことがわかりました。

それに条件に関してもかなり柔軟で、色々な状況でキャッシュバックが利用できる
という意見も多くあります。

口コミでも好印象なBIGLOBEのキャッシュバックについて、ちょっと詳しく
調べてみることにしました。

BIGLOBEは2年契約でもキャッシュバックが使える

まずは最近のWiMAX2+の契約内容について。
以前はスマホと同じ2年縛りが一般的でした。

モバイルルーター端末の新製品も2年毎に発表されていたので、タイミング的には
それほど問題なく2年契約が行われていました。

でも最近では各プロバイダが顧客の囲い込みをするためか、3年契約のプロバイダが
とても多くなりました。

3年契約をする場合のメリットもあるのですが、解約できるタイミングが延びる
というのはちょっとしたデメリットにも感じます。

そして多くのプロバイダではキャンペーンの適応条件に3年契約があるのですが
BIGLOBEのキャッシュバックは2年契約でも適応されます。

つまりBIGLOBEなら3年契約をしたくない、というユーザーでもキャッシュバックを
利用することが出来るのです。

キャッシュバック金額が変わる場合もある

契約期間にかかわらずキャッシュバックの利用ができる、というのは確かに魅力的で
とてもいいところだと思います。

でもBIGLOBEでは全ての新規契約者が同じキャッシュバック金額がもらえる
というわけでもありません。

キャッシュバックの金額は契約の内容によって変わる場合もあります。
最大30,000円、とあるのは30,000円が適応されない状況もあるということ。

まあキャッシュバックの適応条件はちゃんと公式サイトで説明がされています。
はっきり言えば口座振替の支払い方法を選ぶとキャッシュバックは15,000円になります。

確かに30,000円というかなり高額のキャッシュバックがもらえるキャンペーンですが
それには条件がある、ということも覚えておく必要がありそうです。

BIGLOBEはキャッシュバックと月額料金割引の特典を選ぶことが出来る

では実際にBIGLOBEが行っているキャンペーンの内容を確認してみます。
基本的にはBIGLOBEの公式サイトから新規加入申込みをした場合の特典です。

代理店やショップなどから加入申込みをした場合には適応されないので注意しましょう。
キャンペーン特典はキャッシュバックと月額料金割引から選ぶことができます。

月額料金割引は最大総額62,570円の割引ができるキャンペーン特典です。
こちらは選んだプランなどで割引金額が変わります。

でも実はキャッシュバックを選んだ場合にも月額料金の割引はあります。
まあ割引総額はそれほど多くはないのですが。

金額だけを考えると月額料金割引のほうが金額が大きくなります。
でもキャッシュバックは現金でもらえるという魅力があります。

今回はキャッシュバックを利用する場合の条件などを確認してみましょう。

キャッシュバックはほぼすべてのBIGLOBE WiMAX2+プランに適応

キャッシュバック特典の適応条件を調べてみると、対応プランにはほぼ全ての
BIGLOBE WiMAX2+のプランがありました。

まあBIGLOBEではWiMAX2+は基本的にFlatツープラス ギガ放題が
2年と3年の契約期間で提供されています。

他にはFlatツープラスが3年契約のみの提供。
この全てでキャッシュバック特典を利用することが出来ます。

それぞれのプランを利用するためにはまた条件がありますが、基本的に
BIGLOBEで提供しているプランを選ぶ場合はキャッシュバックの適応があります。

ただし以前にキャッシュバックを利用されている場合には適応対象外です。
初回の新規加入者を対象にしたキャンペーン特典です。

でもBIGLOBEの場合は会員IDで新規加入者の管理をしているので、一度退会して
新しいIDで新規加入申し込みをすれば問題ないそうです。

他にBIGLOBEで回線サービスを利用している場合、例えば光回線も使っている
というなら会員をやめるというのは難しいと思いますが。

口座振替の場合はキャッシュバック金額が少なくなる

先にちょっと説明しましたが、BIGLOBEは今でも口座振替での新規加入申し込みに
対応しているプロバイダです。

クレジットカードを使いたくない、作ることが出来ないという方でも申し込みが
出来るのですがその場合はキャンペーン特典がちょっと変わります。

キャッシュバックの場合は金額が15,000円に、月額料金割引の場合は総額が変わります。
全体的に口座振替では特典内容がちょっと悪くなります。

キャッシュバックの適応条件は変わらず、どんなプランでももらうことができます。
2年契約でもちゃんと適応がされるのですが、金額はクレジットカードよりも低いです。

BIGLOBEが口座振替での新規加入をあまり望んでいない、ということでしょうか。
キャッシュバックのことだけを考えるならクレジットカード利用をおすすめします。

BIGLOBEのキャッシュバックは月額料金割引もある

キャッシュバックに関する細かな特徴も確認してみることにします。
まずは月額料金の割引について。

選べる特典でキャッシュバックを選んだ場合にも少しですが月額料金の割引を
利用することが出来ます。

まず契約した月、サービス開始月の月額料金は0円です。
翌月を1ヶ月目として2ヶ月目までは月額料金が3,695円です。

BIGLOBEでは2年以上契約すると長期契約割として月額料金が500円割引されます。
つまりほとんどの場合500円の割引が利用できます。

通常料金がギガ放題プランの場合、月額4,880円なのですが500円の割引があるので
月額4,380円になります。

キャッシュバックを利用した場合でも3ヶ月目から24ヶ月目まではこれと同額になる
500円の割引がついて月額4,380円になります。

24ヶ月目以降は長期契約割が適応されて月額4,380円になります。
この様にキャッシュバックを選んでも月額料金の割引が利用できるのです。

ちなみにこの割引、ギガ放題なら2年契約3年契約に関係なく適応されますが
Flatツープラスの通常プランでは適応されません。

まあ一応長期契約割の500円と同じ料金になるように割引されているのですが
月額料金が契約期間内変わらず3,695円で使えるというだけです。

キャッシュバックの受け取りは12ヶ月目

キャッシュバックの受け取りができるのは12ヶ月目、サービス開始月の翌月が
1ヶ月目なので実際には1年以上かかるということになります。

キャッシュバックは指定口座への振込という形でもらえるので、実際には
口座の指定ができる様になるのが12ヶ月目ということです。

そして口座を指定すれば銀行の翌営業日には振込が完了します。
口座指定からはすぐに受け取ることができます。

ただしこちらも口座振替の場合はちょっと変わります。
口座振替で申し込むと口座の指定ができるのは6ヶ月目になります。

クレジットカードよりも短い期間で口座の指定ができるのでもらえるまでに期間も
かなり短くなります。

まあ金額は15,000円と半額になるのですが。
もらえるまでの期間も半分なのでバランスは取れているように感じます。

BIGLOBEのキャッシュバック受け取り方法はマイページから

では実際にキャッシュバックを受け取る場合にはどうすれば良いのかも調べてみます。
WiMAX2+のキャンペーンでは、現在「指定口座受け取り」という方法になっています。

簡単に言えば口座をユーザーが指定してそこに現金で振込をしてもらうという
受け取り方法です。

この口座の指定ができる様になるのが12ヶ月目もしくは6ヶ月目ということです。
まずは指定できる月になるまで契約を続けることが条件でもあります。

ちなみに途中で月額料金の未払いがあるとキャッシュバックの権利がなくなる
という可能性もあります。

キャッシュバックの受け取りまで口座残高には注意をしましょう。

口座の指定ができる月になるとBIGLOBEからメールが届きます。
WiMAX2+加入時にもメアドをもらえるのでそちらにメールが届きます。

それとWiMAX2+加入時に連絡用のメアドとして登録したところにも届きます。
2通の同じ内容のメールが届くことになります。

このメールが届いたらBIGLOBEの会員専用サイトのマイページから
振込口座の指定が出来るようになります。

マイページの特典一覧に受け取り手続きへのボタンでキャッシュバック口座の指定

BIGLOBEの会員IDとパスワードを使ってマイページに入ったら特典一覧のページに
移動します。

この特典一覧のページにキャッシュバック口座指定の月になれば「受け取り手続きへ」
というボタンがあります。

これをクリックすることで外部ページに移動して振込口座の指定をすることに。
ただこの時に受取番号が必要になります。

受取番号は「受け取り手続きへ」というボタンの近くに記載されています。
外部ページに行く前にメモなどをして記録しておきましょう。

キャッシュバックの振込口座指定はイーコンテクスト社のCASH POSTという
ページを使って指定をすることになります。

こちらに振込を希望する銀行の口座番号等を入力します。
すべての必要事項の入力が終われば振込口座の指定は完了です。

BIGLOBEのマイページの特典一覧でも口座指定の完了が確認できるかと。
ただし口座番号等の間違いがあれば同じメアドに連絡が来ます。

その場合はもう一度口座指定の入力をやり直すことに。
問題なければイーコンテクストから「口座指定結果通知メール」が届きます。

これでキャッシュバックを受け取る準備は整ったことになります。

キャッシュバックは早ければ翌日、遅くても数日後

振込口座の指定が終われば後はBIGLOBEからキャッシュバックの振込を
待つだけということに。

では振込はどれくらいで行われるのでしょうか。
一応BIGLOBEの説明では口座指定完了から数日後、とされています。

土日祝日の振込はないのでタイミング的な問題もありますが、早い場合は
翌日に振込がされていたという口コミもありました。

口座の指定が終われば振込自体はかなりすばやく行ってもらえるようです。

振込されたかの確認もマイページの特典一覧で確認ができます。
振込されればこちらに振込完了と表示されます。

ただし振込先の金融機関の営業との兼ね合いもあるので、マイページで
振込完了していれば必ず終わっているということではありません。

一応通帳記入などをして確認をしてみましょう。
キャッシュバックに関する質問もBIGLOBEのサイトからメールで質問もできます。

口座指定はメール受け取り翌日から45日以内に行う

キャッシュバックの受け取り自体は口座指定の手続きだけなのですが、この手続には
期限があります。

キャッシュバックの口座指定ができる様になった月のはじめにBIGLOBEからメールで
お知らせが来ますが、このメールを受け取った次の日から45日以内というのが期限です。

45日を過ぎてしまうとキャッシュバック受け取り口座の指定ができなくなります。
期間延長などの措置がないので忘れずに受取口座の指定をするようにしましょう。

メールが届く前でもBIGLOBEの会員サイトでは指定可能月までの期間を確認することが
できる様になっています。

特典一覧のページには口座指定前なら指定可能になるまでのカウントダウンがあり
そちらで後どれくらいかかるのかを確認することができます。

事前に口座指定をする事はできませんが、メール受け取りのアドレス指定や
マイページでの確認など忘れないようにする方法はたくさんあります。

BIGLOBEはキャッシュバック金額も大きいので受け取り忘れのないように
しっかりと確認をしておきましょう。

キャンペーンについてのBIGLOBEの口コミは良好

BIGLOBEでキャッシュバックを受け取ったことがあるというユーザーの評判も
調べてみることにします。

ツイッターなどの口コミ評価を調べてみると、多くのユーザーがBIGLOBEの
キャッシュバックについて好印象を持っていました。

その理由は「受け取りのミスが少ないから」という理由が多く、もらい忘れが
少ないという状況がよくわかります。

他のプロバイダのキャッシュバック受け取りと比べてもBIGLOBEはわかりやすく
あまり間違えがないという印象です。

特にメールでのお知らせが自分で使っているメアドを指定できるというのは
とても評価が良かったです。

WiMAX2+を作った時に自動的にできるようなメアドを使うというユーザーは
とても少ないのでそちらに届いたメールを確認するのは大変です。

でもBIGLOBEでは自分がいつも使っているメアドにキャッシュバックの
確認メールを送ってもらう設定をすることが出来ます。

かなり地味なサービスですが、これがとても便利で評判が良かったのです。
確かにもらい忘れはかなり少なくなるかと。

後は会員ページで振込口座指定までの時間が確認できるというのも評判が良かった
サービスの一つです。

ただWiMAX2+のプロバイダは固定回線と違ってあまり会員ページで確認をしない
というユーザーも多いのですが。

キャッシュバック特典受け取りに関してはかなり評判がいいと言う印象です。

キャッシュバックを何度も受け取ることができる

もう一つ、BIGLOBEのキャッシュバックに関して気になる口コミが。
それが何度もキャッシュバックを受け取ることができる、という方法です。

基本的にBIGLOBEのキャッシュバックはWiMAX2+に新規加入した人に向けて
行われる特典の一つです。

キャッシュバックを受け取ってから自動更新で再契約した時には当然受け取りは
出来ません。

では一度解約して再契約した場合はどうなのでしょうか?
これも一応過去に受け取りがあるとキャッシュバックの適応がされません。

でも前に説明したとおりにBIGLOBEでは新規加入特典の管理を会員IDで
行っているのです。

つまり同じ会員IDのユーザーが解約再契約しても新規加入とはならないので
キャッシュバックを受け取ることが出来ません。

でも一度会員を退会して、新しくBIGLOBE会員として登録した場合には
会員IDが別になるので新規加入者として扱われるのです。

つまりこの新しい会員IDでWiMAX2+に加入すればまたキャッシュバックを
受け取ることが出来るようになります。

問題点としてはWiMAX2+以外のインターネットサービスもBIGLOBEで
行っている場合です。

固定回線のプロバイダとしてBIGLOBEを使っている、特に光コラボを
BIGLOBEで行っているなら気軽に退会、再入会が出来ません。

格安SIMを使って割引を受けているという場合も会員を辞めることが
難しいと思います。

ある程度状況が限られてしまう方法ですが、一応BIGLOBEでもこの方法を
黙認しているので使っても問題はないようです。

月額料金割引はBIGLOBE会員でも問題なし

ちなみに選べるキャンペーンのもう一つ、月額料金割引に関しては退会する必要がなく
BIGLOBE会員のまま何度でも利用することが出来ます。

キャッシュバックと違ってこちらは過去に同じキャンペーン特典を利用していても
問題なく使うことが出来ます。

つまりWiMAX2+の新規加入特典として月額料金割引を選んで契約期間が終了。
違約金なしの期間内に解約して、同じIDでWiMAX2+の契約をしても大丈夫なのです。

問題なく月額料金割引キャンペーンが利用できるので、一度キャッシュバックを受けて
解約して月額料金割引を再度WiMAX2+契約をして使うのがおすすめです。

BIGLOBEではモバイルルーター端末が実質0円

キャッシュバックの受け取り以外でもちょっと気になることがありました。
それがBIGLOBEのモバイルルーター端末の取り扱いについてです。

公式サイトでも端末は送料無料と説明されていますが、端末代金に関しては
0円購入可能と説明はされていません。

調べてみるとBIGLOBEでは端末は19,200円を分割購入して、分割代金分を
割引する実質0円購入でした。

つまり毎月800円の24回払いの分割購入をしているのですが、BIGLOBEで
800円の割引を行っていて実質的な負担をなくしています。

まあ実質0円購入なら普通は問題ないのですが、何かの理由で途中解約する場合に
ちょっと問題があります。

24ヶ月契約すれば問題ないのですが、それ以前に解約した場合は分割購入の代金が
足りず未払い料金が発生してしまいます。

この分割料金未払い分は解約時に一括払いが必要になります。
例えば18ヶ月で解約した場合は未払いの6ヶ月分、4,800円の支払いが必要です。

途中解約ではちょっと面倒なことになるので注意しましょう。

BIGLOBEの2年契約は最新端末を選べない

キャッシュバックキャンペーンは契約年数にかかわらず利用することが出来ます。
ただ契約年数によって選べる端末の種類が変わるのには注意が必要です。

現状ではFlatツープラスは2年契約が出来ません。
ギガ放題プランを選んだ場合のみ2年間の契約が出来る様になっています。

ただBIGLOBEでは2年契約をする場合に選ぶことが出来る端末が限られます。
現在はWX03のみ選ぶことが出来ます。

BIGLOBEが提供しているモバイルルーター端末はW05とWX04、WX03です。
これとホームルーターのL01sがあります。

この中で2年契約の時に選べるのはWX03のみとなります。
ホームルーターのL01sも2年契約では選ぶことが出来ません。

現状WiMAX2+の最新端末はW05ですが、こちらは3年契約をするときのみなので
最新端末を使いたい時には自動的に3年契約になります。

また2年契約のないFlatツープラスではWX03を選ぶことが出来ません。
まあWX03を選んだ場合は事務手数料3,000円が無料になるという特典もありますが。

キャッシュバックでは契約年数を気にする必要がないのですが端末選びの時には
契約年数での制限があるので注意しましょう。

BIGLOBEはキャッシュバックの受け取り方法が変わる

知恵袋を見ていてちょっと気になったのがBIGLOBEのキャッシュバック受け取り方法。
これがよく変わっているようです。

以前はBIGLOBEから送られてくるアンケートに回答することでキャッシュバックを
受け取ることが出来たようです。

他にも古くからサービスを行っているプロバイダなので、色々とキャンペーンの
内容や受け取り方法が変わってきているようで。

古くからあるプロバイダということで信頼と安心感があり、サポートなどが
とても充実しているのはBIGLOBEのメリットと言えます。

ただしキャンペーン内容や受け取り方法などが変わることも多いので、契約前に
きちんと公式サイトなどを確認することが必要になると思います。

BIGLOBEでは公式サイト上でチャットによる質問も受け付けています。
疑問点があれば申し込み前に質問することができます。

サポートセンターなどもかなり充実しているのでこちらを利用してから
契約することをおすすめします。

後は質問回答者の意見を見てもBIGLOBEのキャッシュバックはもらいやすい
という意見を見かけました。

クレジットカード支払いという条件もありますが、高額キャッシュバックを
利用できるBIGLOBEはWiMAX2+プロバイダとしておすすめしやすいです。

BIGLOBEではWiMAX2+の申し込みを口座振替で受け付けている?

キャンペーンを気にしないならBIGLOBEのWiMAX2+口座振替はおすすめ

モバイルルーターのWiMAX2+は全国広い地域で使えるのでとても便利です。
人によっては固定回線の代わりに使っているという人もいるとか。

一時期はかなり大きなキャンペーン展開もしていて、お得に使えるモバイル通信として
とても注目されていました。

ただ最近ではちょっと気になる特徴もあります。
それが新規加入申し込みにクレジットカードが必要になっていること。

今でもWiMAX2+の提供をしているプロバイダはかなり多いのですが、そのほとんどが
新規加入申し込みでは支払い方法がクレジットカード限定です。

口座振替で新規に申し込みが出来るプロバイダがかなり少なくなっています。
現状ではUQ WiMAXとBIGLOBE、Broad WiMAXのみです。

この中でBIGLOBEは今でもキャッシュバックなどお得なキャンペーン展開を
行っていておすすめできるプロバイダなのですが・・・

口座振替の場合はこのキャンペーンがちょっと微妙な感じになってしまいます。
まあプロバイダとしてはBIGLOBEをおすすめできるのですが。

ではBIGLOBEのWiMAX2+申し込み、口座振替ではどこが微妙なのか。
詳しく解説してみたいと思います。

プロバイダは口座振替よりもクレジットカードを使って欲しい

そもそもなぜ現在では口座振替に対応しているプロバイダが少ないのか。
プロバイダとしては口座振替よりもクレジットカード支払いをしてほしいからです。

その理由は支払い方法、というかクレジットカードという支払い方法のリスクの少なさ。
口座振替では料金未払いのリスクをプロバイダが直接背負うという感じになります。

以前は多くのユーザーが口座振替だったのであまり気にならない、というか選択肢が
他になかったという実情もあります。

でも口座振替の場合、もし料金未払いの場合はその負担は直接プロバイダにかかり
プロバイダとしてリスク管理がしにくいという事になります。

一応契約時に口座が健全に使われているか、という確認をします。
審査をして問題ないと判断された場合に契約が出来るのは今も同じです。

ただこの場合の審査は口座の支払いに滞りがないか、という簡単な審査のみで
個人信用情報機関などに確認をするという状況はほとんどありません。

つまり通りやすい審査でもあります。

一方のクレジットカード支払いはまず信販会社が代金を肩代わりしてプロバイダに
支払いをすることになります。

ユーザーは信販会社に支払いをするという形なのでプロバイダとしてはユーザーが
未払いでも代金の徴収は信販会社からできることになります。

信販会社はこのリスクを回避するために事前に厳しい審査をするわけです。
金融ブラックならカードが作れないというのもよくわかります。

この様にプロバイダは料金未払いのリスク軽減のためにもクレジットカードでの
新規加入申し込みを推奨しているというわけです。

まあ支払い方法の確定が速いのでWiMAX2+の場合はすぐに端末発送ができる
というメリットもありますが。

どっちにしてもWiMAX2+プロバイダはクレジットカードでの申し込みを推奨するので
口座振替に対応するところは少なくなっているのが現状です。

BIGLOBEの口座振替申し込みはそれほど魅力がない

ではBIGLOBEでの口座振替のWiMAX2+申し込みはどうなのでしょうか。
今でも口座振替でキャッシュバックなどの特典が使えるプロバイダはあまりありません。

それを考えるとBIGLOBEはかなりお得なプロバイダという印象ですが・・・
実際には口座振替の場合はキャンペーン特典がちょっと変わってしまうのです。

現在BIGLOBEでは新規加入キャンペーンとして現金キャッシュバックがあります。
30,000円というかなり高額のキャッシュバックをもらうことができます。

でもこれはクレジットカードでの新規加入申し込みの場合で口座振替の場合には
金額が15,000円と半額になります。

そして月額料金割引の特典を選ぶこともできるのですが、こちらもクレジットカードは
値引き総額最大62,570円なのに対して口座振替は46,970円です。

まあ実際問題としてプロバイダではあまり口座振替での新規加入申し込みに
力を入れていないということだと思います。

BIGLOBEでもそれは同じで現状口座振替で申し込みができる、ということだけでも
かなり使いやすいと思うしか無いかと。

キャッシュバックなどのキャンペーンが目当てならやはりクレジットカードでの
新規加入申し込みをおすすめします。

BIGLOBEの口座振替でのキャンペーン特典の内容

先ほど簡単に説明しましたが、BIGLOBEでは口座振替でも新規加入申し込みの
キャンペーン特典が利用できます。

選べるキャンペーンとしてキャッシュバックか月額料金割引のどちらかを選んで
利用することが出来るキャンペーンの展開をしています。

キャッシュバックの場合はどのプランを選んでも変わらず、口座振替での
申し込みなら15,000円です。

月額料金の割引は選んだプランによって変わりますが、最大で総額46,970円の
割引を受けることができます。

それぞれのキャンペーン特典をもう少し詳しく調べてみることにします。

BIGLOBEのキャッシュバックは6ヶ月目にもらえる

キャッシュバック特典はWiMAX2+プロバイダなら以前はかなり一般的でした。
高額キャッシュバックも多かったのですが、最近ではあまり見かけなくなりました。

BIGLOBEでは今でもキャッシュバックが利用できるプロバイダとしても人気があり
しかも一応口座振替でも利用できる特典なので注目されています。

まあ以前よりも多少金額も上がったので口座振替でも申し込みをしやすくはなった
と思います。

基本的な対象者は今までにWiMAX2+新規加入でキャッシュバックを受け取ったことが
無いというユーザーです。

まあBIGLOBE会員での管理なので新しい会員IDになれば利用することが出来ますが。
口座振替の場合はサービス開始の翌月を1ヶ月目とした6ヶ月目。

ちなみにクレジットカードの場合は12ヶ月目なので半分の期間でキャッシュバックを
もらえるということになります。

振込口座の指定はBIGLOBEの公式サイトから

キャッシュバックは直接口座に振込をする形でもらえるのですが、その口座指定が
できる様になるのが6ヶ月目ということです。

会員サイトで指定までの期間の確認ができますが、口座指定ができる月になると
BIGLOBEからメールが届きます。

このメールには口座指定の方法が書かれていますが、指定方法は会員サイトから
接続して外部サイトでの銀行口座入力という方法です。

口座指定のメールが届いてから45日以内に口座指定をしないとキャッシュバックを
もらうことができなくなるので注意しましょう。

口座指定のメールはBIGLOBEでもらったメアドの他に新規加入申し込みの時に
登録したメアドにも届きます。

キャッシュバックのもらい忘れが少ないというのもBIGLOBEの魅力と言われていて
確かに確認メールがわかりやすいのは嬉しいところです。

口座振替の場合は6ヶ月目という短い期間でもらえるのもわかりやすいです。
まあ金額はクレジットカード申込みの半額なのですが。

BIGLOBEの月額料金割引は口座振替でも対応可能

もう一つの新規加入特典は月額料金割引です。
毎月の月額料金をかなり割引してもらえるという特典です。

BIGLOBEでは契約できるプランがFlatツープラス ギガ放題の2年と3年。
後はFlatツープラスというデータ通信容量上限7GBの3年契約プランです。

基本的には契約するプラン、ギガ放題とFlatツープラスで割引率が変わります。
契約年数による月額料金割引金額の違いがありません。

それと過去に月額料金割引のキャンペーンを利用した方でも再度利用することが
出来るので乗り換えでまたBIGLOBEの契約をした方にもおすすめです。

割引は最大46,970円とかなり大きな割引金額なのでお得感はとても高く
金額だけ見るとキャッシュバックよりも高いというキャンペーンです。

実際にどれくらいの金額で毎月つかうことが出来るのか、それぞれのプランの
月額料金を調べてみます。

ギガ放題プランは口座振替でも2年間の割引が大きい

まずはFlatツープラス ギガ放題プランの場合。
契約した月の月額料金は0円です。

翌月を1ヶ月目として2ヶ月目までは月額3,145円で利用可能です。
割引のないギガ放題プランが月額4,380円なのでかなり安くなります。

ただこの金額は2ヶ月目までで3ヶ月目からは月額3,830円になります。
まあこちらでもかなりのお得感はあるのですが。

そしてこの金額で24ヶ月目まで利用することが出来ます。
つまりギガ放題の2年契約なら最後までこの金額で使うことが出来ます。

3年契約の場合と解約せずに契約更新をした場合、25ヶ月目からは
月額料金の割引がなく4,380円になります。

まあ一応長期契約割引として500円の割引が行われているのですが
これはどんな状態でも適応されるので割引という感じがありません。

つまりキャンペーンで割引されるのは24ヶ月目までで、それ以降は
キャンペーン以外で適応される割引のみということになります。

そのまま契約を続けても割引があまり無いので一度解約して再契約
または別のプロバイダに乗り換えるほうがおすすめです。

BIGLOBEの月額料金割引は2年目まで

もう一つのFlatツープラスプランの月額料金割引も確認してみます。
こちらは2年契約がなく3年契約のみのプランです。

こちらは通常料金が月額3,695円でデータ通信容量の上限が7GBです。
7GBを超えた通信をした場合には速度制限がかかります。

月額料金割引キャンペーンではこちらを選ぶことも出来ますが、割引金額は
ちょっと少なめです。

契約初月、契約した月の月額料金は0円と変わりませんが1ヶ月目から
24ヶ月目までの割引が同じで、月額3,145円になります。

25ヶ月目から36ヶ月目までは割引がなく3,695円の月額料金です。
3年契約の3年目は全く割引のない状態での支払いということに。

元々WiMAX2+を使うのにデータ通信容量の上限があるプラン、ということで
BIGLOBEでもあまり多くの方が加入しないと言われているプランです。

そのためなのかキャンペーン特典としてもあまり魅力を感じないという印象が
強く感じられてしまいました。

BIGLOBEでWiMAX2+を口座振替の申込みはWEBが便利

ではBIGLOBEで口座振替を使ってWiMAX2+の新規加入申し込みをするには
どうすれば良いのでしょうか。

実際に申し込みをする場合の方法を確認してみることにしましょう。
申込み方法自体は口座振替でも一般的な方法が使えます。

WiMAX2+プロバイダへの申込みは基本的にサイトからの受付が多いです。
一部店頭での受付も行っていますが、私としてはあまりおすすめしません。

例えば家電量販店ではWiMAX2+を始めとしたモバイルルーターの申込みが
店頭で行われています。

こちらを使えば申込み当日に在庫のあるモバイルルーターなら受け取ることができます。
つまり申込み当日にネット接続が出来るようになります。

でも店頭での申込受付は基本的にクレジットカードでの支払い限定です。
口座振替で申し込みができる家電量販店窓口というのは聞いたことがありません。

それにBIGLOBEの場合公式サイトからの申込みで上記のキャンペーン特典が
利用できるようになります。

家電量販店では独自のキャンペーン展開をしていることもありますが
公式サイト以上のお得なキャンペーンは聞いたことがありません。

それに店頭でBIGLOBEへの加入申し込みができるところはありませんし。
やはりWEBからの申込みをおすすめします。

ちなみに申込み方法としては電話での申込みもできます。
場合によってはキャンペーンの特典も利用できる可能性はあります。

ただ私はやはりWEBからの申込みをおすすめします。
その理由は口座振替の手続が簡単になるからです。

通常は口座振替申請申込書の返送が必要

ではBIGLOBEでWiMAX2+の口座振替での支払いを使った申し込みをする手順を
改めて確認してみましょう。

公式サイトで申し込みをすればキャッシュバックなどの特典が使えるので
今回は公式サイトからの申し込みをする、という場合の手順です。

公式サイトならWEBからの申し込みをする、というボタンがあると思います。
それをクリックすればすぐに端末を選ぶ画面に行くことができます。

つかう端末と対応したプランを選んで契約年数などを選ぶと個人情報の入力と
支払い方法を選ぶ画面になります。

ちなみにすでにBIGLOBE会員担っている、他の回線サービスを使っている場合
個人情報の入力などが必要なくなります。

支払い方法と一緒にキャンペーンで利用する特典も選ぶことになります。
キャッシュバックと月額料金割引の好きな方を選びましょう。

そして支払い方法ではちゃんと口座振替がありました。

契約までの連絡は会員になることでもらえるBIGLOBEのメアドを使うことは
当然出来ますが現在自分が使っているメアドでも行えます。

そちらを使う場合はメアドを正しく入力しましょう。
これが間違えていると後の連絡ができないので慎重に。

利用するオプションなどの選択が終わればとりあえずの申し込み手続きは終了で
口座振替の場合には支払い方法確定の書類が届くのを待ちます。

普通はこの書類を返送して口座振替の手続をすることになります。
BIGLOBEの場合は届いてから10日以内の返送が必要だそうです。

BIGLOBE会員新規加入なら契約確認書類と一緒に口座振替の書類も送付される

クレジットカードなら申込み後すぐに支払い方法の確定が行われて端末の発送
という手順になります。

そして契約確認書類だけが送付されるのですが、口座振替の場合はこれと一緒に
口座振替に必要な書類が送られてきます。

ちなみに契約確認書類はWiMAX2+の回線契約だけではなくBIGLOBE会員の
契約についての書類もあります。

BIGLOBE会員IDや初期のパスワードなどが書かれている重要な書類なので
大事に保管しておきましょう。

そして一緒に送られてきた口座振替の支払い方法登録申込書に記入して返送する。
書類が届いた後に審査をして口座振替での支払いが確定するというのが手順です。

BIGLOBEの場合は支払い方法登録申込書に会員IDとパスワードなども
記入する必要があります。

自動引落に利用する銀行の口座番号や印鑑などもきちんと確認しましょう。
これらに不備があると審査が始まらず支払い方法確定までに時間がかかります。

通常この書類の郵送期間も含めて大体2週間程度で支払い方法の確定がされて
端末発送という形になります。

ただBIGLOBEの場合はこれより簡単に口座振替の登録をすることが
できる様になっています。

BIGLOBEはインターネットから申し込むと会員サイトで登録可能

BIGLOBEの場合はインターネット上から申込みをして支払い方法の
申込みをしていれば会員サイトから口座振替の申し込みができます。

契約確認書類が届いていることで会員IDとパスワードがわかります。
それを使ってBIGLOBEの会員サイトにログインします。

口座振替を選んでいる場合は会員情報のWiMAX2+支払い方法が確定されていない
という状態になっているはず。

ここで支払い方法の登録をするというボタンがあるのでそちらから支払い方法を
確定させることが出来るのです。

クレジットカードでの支払いをWEB上で出来るのは当然ですが、BIGLOBEでは
口座振替もこちらから登録することができます。

実際にはBIGLOBEサイトから外部、つまり口座振替に使う銀行サイトに一時的に行き
そこで口座振替の手続をしてからまたBIGLOBEサイトに戻るという手順を取ります。

インターネット上での取引サービスを行っている銀行のみだと思いますが、大手都市銀
またはネット銀行などはほとんどが利用できると思います。

銀行サイトでは口座振替に使う口座番号やキャッシュカードの暗証番号などを入力し
口座振替が利用できる手続きをすぐに行うことができます。

注意点としては銀行サイトで「収納企業に戻る」というボタンが最後に出ます。
これを押して元のBIGLOBE会員サイトに戻らないと正常に手続き終了が出来ません。

BIGLOBEサイトに戻ったところで口座振替の登録手続きが終了します。
これから審査に入って2~3日後に審査完了、問題なければ端末の発送です。

書類の郵送期間を考えるとかなり早く手続きができるのでこちらの方がおすすめです。
これが出来るのは公式サイトから口座振替を申し込みした場合なので注意しましょう。

BIGLOBEは端末発送が支払い方法確定後

WEB上から口座振替の登録をすればすぐに審査が始まって数日後には受付完了
というメールがBIGLOBEのメアドに届きます。

この支払い方法の登録が完了してからBIGLOBEでは端末の発送になります。
大体翌日には同じメアドに端末発送のお知らせが届くはずです。

一応通常営業日、つまり平日なら翌日ですが土日や祝日があるとその日には
発送されないのでちょっと時間がかかることになります。

ゴールデンウィーク等長い連休の前に申し込みをする場合はタイミングに注意が
必要になるかと。

端末発送がされれば後は通常配送と同じです。
地域にもよりますが翌日には端末が手元に届くと思います。

ちなみに発送完了メールには郵送に使っている業者と追跡番号が載っています。
これを使えば今どこにあるのかも確認ができます。

反映されるまでに時間がかかることもありますが、確認しておくと良いと思います。

BIGLOBEなら口座振替でも早く手元に届く

一般的に口座振替で回線契約をする場合、審査に時間がかかって実際に使えるまでに
かなり時間が必要と言われています。

確かに以前のWiMAX2+プロバイダでは早くても2週間、長い場合は1ヶ月程度の
時間が必要になると言われていました。

この時間がかかるという状況が口座振替に対応するプロバイダが減ってしまった
原因という意見もあります。

プロバイダによっては支払い方法の確定ができる前に端末だけ発送するという
リスクを背負うようなサービスを提供していました。

でもBIGLOBEなら口座振替の登録もWEB上で行うことができます。
書類郵送がないぶんだけすぐに審査が開始できるというメリットがあります。

口座振替に対応するプロバイダが少なくなった現在ではこの対応の素早さは
かなりおすすめできるポイントだと思います。

BIGLOBEで口座振替をする場合は余計なコストもかかる

実際にBIGLOBEで口座振替の手続きをする場合の手順を確認してみましたが
確かに口座振替としてはメリットが多いという印象でした。

ではBIGLOBEなら口座振替でも何も問題なく契約が出来るのでしょうか?
それに関してはちょっと疑問もあります。

それはBIGLOBEの場合口座振替にすると余計なコストが多く必要になる
という印象があるからです。

というか普通に口座振替の場合は手数料が毎月200円かかります。
まあこれはどこのプロバイダも一緒なのですが。

200円という金額自体はそれほど大きなものではないのですが、これが
契約期間中ずっと続くと考えるとかなり大きな出費になります。

3年契約がメインのBIGLOBEで毎月200円のコストがかかる場合
3年間では7,200円の出費になるわけです。

クレジットカードに比べるとこれだけ余計な費用がかかる、と考えると
口座振替のデメリットとしてはかなり大きなものだと思います。

それに口座振替では端末代金でもちょっとした費用が必要になります。

BIGLOBEは口座振替の場合端末発送が代引になる

クレジットカードの場合は端末の配送料はBIGLOBEが負担するので
0円で配送してもらえます。

でも口座振替の場合は端末が代引きでの発送になり、その手数料を含めて
端末料金4,800円がかかります。

端末到着の時にこの代金の支払いが必要です。
BIGLOBEの説明では端末は0円ということですが・・・

元々BIGLOBEは端末が本体0円購入ではなく実質0円購入です。
毎月の月額料金から端末購入代金分の割引をされているという状態です。

わかりやすく言うとスマホの本体購入と同じです。
端末の分割購入をしていて、分割回数と同じ期間契約していると0円で購入できます。

BIGLOBEの場合は800円の24回払い、つまり2年以内に解約すると端末の
未払い代金も請求されるということに。

口座振替の場合も、最初に支払った端末代金4,800円以上の割引をしているので
実質0円で購入できるという謎の説明をされます。

一応契約2年以上で途中解約をしなれば問題なく0円購入になります。
口座振替の場合は最初にかかるコストを忘れないようにしましょう。

質問サイトでも口座振替でかかる時間が気になる人が多い

知恵袋などの質問サイトを調べてみてもBIGLOBEでWiMAX2+に口座振替で
申込みをしたけどいつ使えるようになるのか、という質問を多く見かけました。

書類の不備や配送トラブルでもない限り、一般的には1週間程度で審査が終わり
端末到着までに2週間位かかると言われています。

普通にBIGLOBEで申し込みをすればそのくらいだと思いますが、WEBから申し込みを
行った場合にはWEBで支払い方法の登録ができます。

これを使えばもう少し早くWiMAX2+を使うことが出来るようになります。
まあ銀行口座に問題がなければ、という前提ですが。

ちなみに銀行口座の審査も気になるという人がいましたが、基本的には口座の利用者が
問題なく存在していて使われていることが確認されれば利用可能です。

口座残高などは審査の対象にならないらしく、残高500円の口座でも審査に通った
という回答者もいましたから。

BIGLOBEの場合、現状のキャンペーンでは口座振替にするメリットがあまりない
という印象です。

でもサービス自体はかなり充実していますし、インターネット上での申込みなら
時間もかなり短縮できます。

サービス面だけを考えるならBIGLOBEでのWiMAX2+申し込みはおすすめです。
口座振替での契約でも問題はありません。

BIGLOBEでWiMAX2+を契約した場合の評判は?

BIGLOBEはWiMAX2+プロバイダでは評判のいいプロバイダ

WiMAX2+の申し込みをする時にプロバイダを選ぶと思います。
選ぶ基準は人によって様々ですが、中でもBIGLOBEはかなり評判が良いと感じました。

元々BIGLOBEは大手企業から通信サービス部門だけが独立してできた会社です。
現在も大手KDDIの系列会社なので通信サービスに関しては安心できると思います。

そこが提供しているWiMAX2+のサービスなら安心できるというユーザーが多いのも
うなずけることなのですが。

実際に口コミなどで評判を確かめてみると、BIGLOBEに対して好印象を持っている
というユーザーが多いこともわかります。

では何故BIGLOBEのWiMAX2+サービスは評判がいいのか。
悪い評判や注意点などはないのか。

BIGLOBEのWiMAX2+サービスについてちょっと調べてみましょう。

BIGLOBEはWiMAX2+の料金がそれほど安くない

基本的にWiMAX2+というモバイルルーターは同じ海鮮を使っています。
回線はUQコミュニケーションズが提供する回線を使っているのです。

どこのプロバイダでも同じ海鮮を使っているので、基本的にプロバイダによって
通信速度が変わるということはないはず。

まあプロバイダの設備などによって多少変わる可能性はあるのですが。
それでも大きく通信速度が変わるということはありません。

ではプロバイダによって何が違うのか。
大きく違うのは回線以外のサービス内容です。

特に注目されるのはWiMAX2+を使う場合の月額料金です。
キャンペーンなどと組み合わせるとかなり変わってくる可能性があるのです。

ではBIGLOBEでWiMAX2+を使う場合の月額料金はどうなのか。
はっきり言うとBIGLOBEより安いプロバイダは多くあります。

特別高く設定しているというわけではないので、使うことに問題がある
というわけではありません。

ただ安いプロバイダを選びたい、という選択肢にはBIGLOBEが入りにくい
と思います。

ちなみに月額料金はギガ放題プランが月額4,380円でライトプランが月額3,695円。
これに割引が加わって安く使える期間ができます。

月額料金の基準となっているUQ WiMAXというプロバイダの月額料金が
ギガ放題プランで4,880円なので高くはないと思います。

ではBIGLOBEの評判に関わっているのはどんなことなのでしょうか。
月額料金以外のサービスなども確認してみます。

選べるキャンペーンや口座振替対応が魅力のBIGLOBE

口コミなどを調べてみると注目されているのはBIGLOBEのキャンペーン特典でした。
最近でも高額キャッシュバックが利用できるのがとても人気になっています。

以前はWiMAXといえば新規加入特典にかなり高額のキャッシュバックがもらえる
という印象でした。

最近はあまり多くのプロバイダで高額キャッシュバックを展開していないのですが
BIGLOBEでは今でもキャッシュバックをもらうことができます。

更にキャッシュバックだけではなく月額料金の割引と選んで特典を利用できる
というのが特徴なのでこれもかなりの評判になっていました。

他にも最近少なくなってしまったのが口座振替で新規契約が出来るプロバイダです。
今ではクレジットカード必須というプロバイダも多くなりました。

でもBIGLOBEではWiMAX2+の新規契約でも口座振替を使うことが出来ます。
対応プロバイダが少ない中でこれはかなり嬉しい特徴だと思います。

このようなプロバイダ独自のサービスの充実がBIGLOBEの魅力的なところとして
とてもいい評判になっているようです。

ではそれぞれの特徴的なサービスをもう少し詳しく確認していきましょう。

BIGLOBEのキャッシュバックはもらいやすいのが特徴

以前は多くのプロバイダで行っていたキャッシュバックですが、最近ではかなり少なく
金額も減ってしまっているのが現状です。

でも今でもBIGLOBEではWiMAX2+新規加入者向けにキャッシュバックキャンペーンを
展開しています。

金額は30,000円、契約した月の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目に受け取りが出来る
というキャッシュバックになっています。

受け取りの手続きもそれほど複雑ではありません。
公式サイトからキャッシュバック振込口座の指定をするだけです。

口座指定ができる期間が決まっているのですが、その時期が近づくとBIGLOBEから
メールが届きます。

振込口座指定手続きのメールはBIGLOBEでもらったメアドの他に会員になる時に
申込みの連絡をとった登録メールにも届きます。

このメールが届いてから45日以内に手続きをすればいいだけです。
しかもBIGLOBEの会員サイトから手続き開始までの日数も確認できます。

もらい忘れが少ないキャッシュバックキャンペーンとしてもBIGLOBEは評判が
とてもいいプロバイダという印象です。

BIGLOBEは口座振替ではキャッシュバック金額が少なくなるのが欠点

ただし口座振替で新規加入申し込みを知ら場合にはキャッシュバック金額が変わる
というのがBIGLOBEの欠点です。

やはり基本的にはクレジットカードでの申込みを推奨しているのでしょうか。
口座振替の場合のキャッシュバックは15,000円と半額になってしまいます。

ただし受け取りは申込み翌月を1ヶ月目とした6ヶ月目、つまりクレジットカードの
半分の期間で受け取りが出来るようになります。

受け取り方法も同じなのでもらい忘れが少なく、しかも短期間でもらえるというのは
ちょっといい感じにも思えるのですが・・・

まあキャッシュバック金額はあまり気にしないというなら15,000円でも十分に高額で
嬉しい特典だと思います。

BIGLOBEなら月額料金割引でもお得

もう一つのBIGLOBE WiMAX2+の新規加入特典が月額料金割引です。
こちらは名前の通り、毎月の利用料金を割引してくれるキャンペーン特典です。

割引金額は契約期間によって違います。
また契約したプランによっても変わってきます。

まずは多くの人が契約するギガ放題プランで契約した場合の割引を見てみることにします。
契約してサービス開始した月は月額料金が0円です。

1ヶ月目と2ヶ月目は月額料金が2,695円、3ヶ月目から24ヶ月目までは3,380円です。
この後3年契約の場合は36ヶ月目まで4,380円です。

2年目までの割引がかなり大きくお得感がとても高いのが魅力のキャンペーンです。
ちなみに通常のFlatツープラスでも適応できます。

データ通信上限7GBのFlatツープラスはギガ放題と同じでサービス開始月月額0円です。
1ヶ月目から24ヶ月目までの月額料金は2,695円になります。

その後25ヶ月目以降は月額料金が通常の3,695円になります。
やはりこちらも2年間の割引がとてもお得になっています。

こちらも口座振替では割引率が変わる

やはりBIGLOBEは口座振替での新規申し込みを推奨していないように感じます。
月額料金割引も口座振替では割引率が変わってしまいます。

ギガ放題プランの場合、サービス開始月の0円は変わらないのですが2ヶ月目までの
月額料金が3,145円とちょっと高くなっています。

更に3ヶ月目から24ヶ月目までの月額料金も3,830円とちょっとだけ高いです。
25ヶ月目からは同じ4,380円なのですが・・・

これはギガ放題プランの場合ですが、Flatツープラスでも同じでした。
サービス開始月が0円で1ヶ月目から24ヶ月目までは3,145円です。

まあキャッシュバック金額が違うので当然といえば当然なのでしょうが。
ちょっと残念な印象になりました。

格安SIMと一緒に契約すればBIGLOBEは200円安い

選べるキャンペーンの他にどんな特典があるのかも確認してみます。
月額料金が安くなるキャンペーンでは格安SIMの割引がありました。

BIGLOBEでは格安SIMのBIGLOBEモバイルも行っています。
こちらのSIMカードの月額料金が割引になります。

月額200円と金額的には少ないと思いますが、格安SIMの月額料金で200円割引
というはかなりお得です。

BIGLOBE会員になれば使える特典なのでWiMAX2+のみの特典ではないのですが
色々なキャンペーンと併用できるのも魅力的に感じます。

まあ基本的にWiMAX2+のモバイルルーターを使っているなら端末のデータ通信は
ほとんど行わないと思います。

格安SIMをもしもの時のサブ回線として使うという方法でも安くサブ回線が持てる
ということになるのでおすすめしやすい使い方です。

ただし現在の端末を格安SIMに乗り換える、という場合はちょっと注意が必要です。
キャリアの端末でも割引できる可能性があるからです。

BIGLOBE WiMAX2+はauスマートバリューの対象

BIGLOBEは現在KDDIの系列会社です。
KDDIはauの親会社なのでBIGLOBEは同じ系列の会社ということになります。

つまりauとセットでつかう場合にも割引ができるプランがあります。
それがauスマートバリューというサービスです。

元々はauの端末と固定回線を同じユーザーが契約することでスマホの月額料金を
割引するという特典です。

これの回線にWiMAX2+も含まれているのです。
つまりWiMAX2+の契約をすればauスマホユーザーなら割引が受けられることに。

まあこれもBIGLOBEだけの特典ではなくUQコミュニケーションズ自体が
KDDIの系列会社なのでWiMAX2+加入なら多くのプロバイダで使えるのですが。

契約しているデータ通信容量によって割引金額が変わるサービスですが
スマホの月額料金が安くなるのはかなり嬉しいところです。

割引金額だけを考えるとauスマートバリューのほうが大きいのですが・・・
スマホの乗り換えにはこちらも合わせて考えることをおすすめします。

BIGLOBEでは今でも2年契約と3年契約を選べる

口コミ評価の中で気になるのは2年契約が選べることに注目されていることです。
今では多くのWiMAX2+プロバイダが3年契約をメインにしているためだと思います。

以前はスマホと同じ様に2年契約をすれば月額料金が割引など特典の利用ができる
というプロバイダが多くありました。

端末の発売時期も2年間隔だったのでプロバイダの乗り換えでモバイルルーターも
最新端末に交換するという方法が使えました。

でも最近ではプロバイダの顧客囲い込みとして契約年数を3年にするというところが
かなり多くなっています。

大手プロバイダでも3年契約のみに対応というところもあります。
契約期間が伸びる分だけキャンペーンなどの選択にも慎重になってきます。

ただBIGLOBEでは契約期間を2年と3年のどちらも選ぶことが出来ます。
大手プロバイダとしてはこのサービスが有るのはかなり嬉しいところです。

でも単純に2年と3年の契約、というわけでもありません。
それぞれに特徴というか注意点もあるのです。

契約期間によるサービス内容の違いを確認してみます。

BIGLOBEの3年契約はLTEが無料で使える

まずは3年契約をする場合の特徴について。
こちらは通常有料オプションになるLTE回線の利用が無料になります。

WiMAX2+ではauのLTE回線をつかうことが出きるモバイルルーターもあります。
これをサブ回線としてつかうサービスがハイスピードプラスエリアモードです。

通常の有料オプションとは違って事前申し込みは必要ありません。
ただ使った場合データ通信量にかかわらず月額1,005円が加算されます。

一度でもauのLTE回線に接続すればその月の月額料金にオプション料金として
加算されるという有料オプションです。

BIGLOBEで3年契約をした場合にこの有料オプションが無料になります。
つまりauのLTE回線に接続しても月額料金に加算されないのです。

ただしLTE回線は月間データ通信容量の上限が決まっています。
7GBを超えた場合にはWiMAX2+回線の方も速度制限を受けることになります。

これは月間データ通信容量上限なしのギガ放題プランでも変わりません。
そして普通のスマホのような解除のための追加料金制度などもありません。

ハイスピードプラスエリアモードを使う場合はデータ通信容量に十分な注意が
必要になります。

BIGLOBEで2年契約できる端末は1つのみ

次に2年契約をする場合の注意点について。
こちらの場合は対応端末が1つしかありません。

最新端末ではなくWX03というWXシリーズの前の型になります。
これ以外の端末は2年契約に対応していない、つまり選ぶことが出来ません。

そしてこのWX03という端末は上記のハイスピードプラスエリアモードに
対応していません。

端末自体がauのLTE回線の接続ができないのです。
つまりこちらの端末ではサブ回線のauのLTEが使えません。

まあ2年契約の場合はハイスピードプラスエリアモードが有料なのでその利用を防ぐ
という意味では効果的だと思います。

ただ最新端末が使えない、というのはかなり引っかかるところです。
特にモバイルルーターの性能は端末が新しくなるとかなり向上する傾向にあります。

実際に最新端末とこのWX03では通信速度が大きく変わってしまいます。
一応ファームウェアの更新で対応できるところもあるのですが・・・

2年契約での端末に選択肢がない、というのはかなり厳しい状況です。
やはりBIGLOBEでも3年契約推奨ということでしょうか。

BIGLOBEで使うならW05をおすすめ

ちなみに3年契約で使える端末は最新のW05とWX04、ホームルーターのL01sです。
この中なら私はW05をおすすめします。

基本的な性能はW05とWX04ではほとんど変わりありません。
キャリアアグリゲーションでLTEまで使った場合にW05がちょっと速度が速いです。

同じ回線を使うので利用できる地域などに違いはなく、ほとんど同じ感覚でつかうことが
出来ると思います。

ホームルーターは自宅で固定回線のようにつかう、ということで使い方が最初から
違うのでこちらは自宅専用で使う方におすすめです。

モバイルルーターとしておすすめしやすいのは発売時期がちょっとだけ新しい
W05の方です。

まあ実際にそれほど端末の性能自体に違いがありません。
付属品にクレードルがないのも同じです。

では何故W05をおすすめするのか、理由はクレードルを使った場合のメリットが
WX04にあるからです。

これでクレードルセットというなら私は間違いなくWX04をおすすめしますが
BIGLOBEではどちらもクレードルは別売で3,000円必要です。

WX04はクレードルにセットして使った場合に電波の受信感度が上がるという特徴が
あるのですが・・・

別売のクレードルをわざわざ購入してまでつかう機能というわけでもありません。
それならクレードル無しでつかう前提のW05のほうがいいかな、という程度です。

まあこの辺はデザインなどでも変わるので、基本的にはお好みで選んでいいと思います。

BIGLOBEのサポートは対応が良いと評判

BIGLOBEの評判を調べているとよく見かけるのがサポートの対応の良さです。
他のプロバイダではつながらない、対応が悪いという評判をよく見かけます。

でもBIGLOBEの場合はこのサポートがいいこともおすすめしやすいところとして
紹介している人が多いという印象でした。

実際に古くから通信サービスの提供をしているBIGLOBEではサポートセンターなどの
対応もかなり優秀と言われています。

大手プロバイダならではのサポート体制や電話対応は多くの方からも評判がよく
確かに魅力的に感じました。

まあ時間帯によっては繋がりにくいので、やはり他のプロバイダと同じ様に
酷評されるということもありますが。

一般的な評判としてはBIGLOBEのサポートはいいほうだと思います。

端末紛失でBIGLOBEサポートが教えてくれた方法

一つ面白い話を見つけることが出来ました。
それが端末紛失の場合の対応についてです。

基本的に端末を紛失した場合は他のプロバイダでは解約する必要があるという
対応を取ることも多いようで。

でもBIGLOBEのサポートに聞いたところ、まずSIMカードの再発行をして
なくしたSIMカードの機能を停止させます。

再発行したSIMカードは中古などで購入した同型機、つまり別の端末に挿して
つかうという方法をおすすめされたそうです。

まあ確かになくしたままでは端末を悪用される可能性もありますし、まずは
再発行手続きというのはわかります。

その後で中古端末で使える、とおすすめされるのはさすがというか太っ腹と言うか。
大手プロバイダならではの余裕を感じました。

まあSIMカードの再発行に手数料2,000円が必要ですし、中古端末購入の代金も
必要になります。

途中解約を迫られることを考えればこれくらいの出費のほうが安いと思います。

端末の故障はBIGLOBEではなくauショップへ

もう一つ、端末が故障した場合について。
端末が故障したらBIGLOBEへ連絡と思うのですが実はauでの対応をおすすめします。

理由は端末にはメーカー保証がついているので1年間なら無償で交換をしてくれる
という可能性があるから。

WiMAX2+プロバイダの場合は独自に保証サービスなどを提供しているところも
多くありますがほとんどが有料オプションです。

以前はキャンペーン特典利用の条件として有料オプション加入にも保証オプションが
よく使われていましたが・・・

新品で購入するWiMAX2+のモバイルルーターはメーカー保証がついています。
そのために1年間は故障してもメーカー修理を受けることができます。

その窓口になっているのがauショップなのです。
ちなみにauユーザーではなくても問題なく修理対応をしてくれます。

1年間のみという期間限定なのですが破損等ユーザーの不注意で起きた故障ではなく
自然故障ならメーカー保証が使えます。

モバイルルーターが動かなくなった時にはBIGLOBEではなくまずはauショップに
持っていってみることをおすすめします。

BIGLOBEの解約違約金

ちなみにBIGLOBEでWiMAX2+を契約して、途中解約した場合の違約金についても
調べておきました。

契約して12ヶ月目までに解約した場合には19,000円の違約金が必要になります。
契約した月に解約をしても同じ金額が必要です。

契約が2年目、24ヶ月目までになると違約金も14,000円になります。
3年契約の場合は25ヶ月目以降は9,500円です。

これは選んだプランによって変わらず、ギガ放題でもFlatツープラスでも同じです。

またギガ放題とFlatツープラスは月ごとにプラン変更ができます。
この場合は解約違約金が発生しません。

データ通信を多く使いそうな時にギガ放題プランに変更する、使わない時には
Flatツープラスプランにするなどの使い方ができます。

ただし3年契約を2年契約にする場合は一度解約して再契約になるので途中解約の
違約金が発生することになります。

乗り換えや解約は契約更新月に行えば違約金が発生しません。
2年契約は24ヶ月目、3年契約は36ヶ月目が更新月になります。

BIGLOBEの解約違約金は安くないので解約のタイミングには十分に注意しましょう。

BIGLOBEでもモバイルルーター端末は実質0円購入なので注意

BIGLOBEでの契約をする場合の注意点としてモバイルルーター端末の購入があります。
基本的には本体0円購入が可能なのですが・・・

元々WiMAX2+プロバイダは本体0円購入を行っているところが多く、かなり多くの
プロバイダでは端末購入代金を気にせずに契約が出来ます。

BIGLOBEでも基本的には端末代金を気にする必要がないのですが、BIGLOBEの場合
本体0円購入でないということに注意が必要です。

まあスマホの購入と同じで端末は分割購入です。
ただし分割購入代金と同額の割引を毎月受けることができます。

BIGLOBEの場合は月額800円の24回払いでの端末購入になります。
そして24ヶ月は800円の割引を受けることができます。

これで実質0円購入ということになるのですが・・・
途中解約では未払い料金の支払い請求があります。

途中解約では端末未払い料金の一括払いが必要

BIGLOBEの場合は端末購入が実質0円のために途中解約の場合には端末未払い分の
料金請求も行われます。

端末はどれを選んでも800円が24回払いなので不足分の料金がわかりやすいです。
1年契約後に解約なら800円の12回、9,600円の一括払いが必要になります。

ちなみに口座振替の場合は端末購入にもちょっと影響があります。
最初に代引きで端末が配送され、その際に端末代金の一部を支払います。

代引き手数料と端末購入の頭金を合わせて4,800円が必要です。
これが端末配送時に業者に支払う必要があります。

口座振替の場合は最初に端末をもらうときにも代金が必要になるというちょっと
面倒くさい方法になっています。

まあBIGLOBEでは口座振替にも対応、とありますが手続きが面倒になるので
やはりクレジットカードのほうがいいのかなあ、という印象ですね。

質問サイトでもBIGLOBE契約で悩む人は多い

色々とBIGLOBEでのWiMAX2+契約について調べてみましたが、やはり契約に関しては
悩んでいる人が多いという印象です。

実際にユーザーの質問サイトでもWiMAX2+を契約する時にどこのプロバイダにするか
悩んでいるという質問を見かけました。

特殊なところではBIGLOBEを店頭で申し込む方法がないか?という質問が
ありましたが・・・

現状のWiMAXプロバイダとしてBIGLOBEはおすすめしやすいと思います。
高額キャッシュバックも行っていてお得感も高いです。

店頭では申し込む方法もありませんし、公式サイトから申込みをしたほうが
キャンペーンが使えてお得になります。

端末発送までのタイミングもそれほど遅くないですし、一応口座振替にも対応していて
支払いの選択肢があるというメリットも。

まあ口座振替はあまりおすすめできないという状況なのですが。
色々な選択肢が選べるというのはやはり大きな魅力だと思います。

総合的に見てもWiMAX2+の契約をする場合にBIGLOBEはおすすめできるプロバイダ
という印象でした。

WiMAX2+新規加入特典のキャッシュバック、特典利用のメールが来ない場合の対処方法

WiMAX2+のキャッシュバックはメールが届くアドレスに注意が必要

最近でもWiMAX2+の新規加入特典ではキャッシュバックが利用できます。
以前はかなり多くのプロバイダで高額キャッシュバックが利用できました。

新規加入特典として現金キャッシュバックがもらえる。
その魅力はとても高く、今でも多くの方が利用していると思います。

ただ最近のキャッシュバック特典は、受け取るためにプロバイダからのキャッシュバック
口座指定メールを受け取ることが必要です。

そしてこのメールに返信、または記載のURLに行って振込口座の指定をしなければ
キャッシュバックの受け取りができないのです。

ではこのメールが来ない場合にはどうすれば良いのか。

本当にメールが届いてないならプロバイダに連絡する必要があるのですが。
それ以前に自分の確認ミスということも考えられます。

キャッシュバックの案内メールはプロバイダ毎に届くメールアドレスが違い
確認しなければいけないところが違うのです。

どこのメアドにキャッシュバック関係のメールが届くのか。
それを分かってからメールの確認をする必要があります。

GMOとくとくBBの場合、GMOとくとくBBのメールアドレスに届く

最近ではかなり高額キャッシュバックを行っていることで有名なGMOとくとくBB
というプロバイダがあります。

こちらはキャッシュバックの受け取りが難しいことでも有名なプロバイダでもあります。
こちらの場合を確認してみることにしましょう。

キャッシュバックの確認メールが届くのは端末発送月を含む11ヶ月後。
つまり契約成立した月を含めた11ヶ月後ということです。

1月に契約をすれば11月にメールが届くという説明です。
ただし実際にメールが届くのは月の後半が多いようで。

口コミを見てみると11ヶ月目の最後の日にメールが届いたという人もいました。
まあ一応、月の中頃と説明しているようですが。

ちなみにGMOとくとくBBではメールが届いた月の翌月末日までに振込口座の
指定をしなければキャッシュバックの受け取りができなくなります。

振込口座の指定に期限があるので注意しましょう。
まあ他のプロバイダでも口座指定までの期限はありますが。

そしてこのキャッシュバックに関するメールはGMOとくとくBBに加入する時に
一緒に作ったBB会員のメールアドレスに届きます。

新規加入申し込みの連絡に使った、自分が使っていたメアドではなく、新しく
GMOとくとくBBで作ったメールアドレスに届くのです。

多分、新しく加入したプロバイダのWEBメールを使う人は少ないと思います。
確認するメアドを間違えないようにしましょう。

BIGLOBEは2つのメアドに同時に配信される

GMOとくとくBBと同じ様に今でも高額キャッシュバック特典を利用できるのが
BIGLOBEのWiMAX2+です。

以前はアンケートに答えることでキャッシュバック受け取りができたようですが
最近はGMOとくとくBBと同じで振込口座指定の確認メールが届きます。

ただしBIGLOBEの場合は端末発送をして海鮮開通をした翌月を1ヶ月目として
12ヶ月目に会員サイトから振込口座の指定ができるようになります。

つまり申し込みからは13ヶ月目に振込口座の指定をします。
一応確認メールが来るのですが、メールが届かなくても会員サイトから入力できます。

ちなみにキャッシュバックに関するメールはBIGLOBEに入会する時に使った
メアドとBIGLOBEで新しく作ったメアドの両方に届きます。

会員サイトから連絡用メールとして自分の好きなアドレスの指定もできるので
メールが来ない、という状況は少ないかと。

まあそれ以前に会員サイトではキャッシュバックの受取口座が入力できるまでの
期限のカウントダウンも確認できます。

こまめに会員サイトにアクセスしていればメールを待つ必要もないので忘れることも
少ないと思います。

メールが届くアドレスの確認をしてみる

キャッシュバックのメールが届かない、という状況になったと思ったらまずは
メールが届くアドレスの確認をしてみましょう。

多くの場合、メールが届くと思っているアドレスを勘違いしていて違うメアドで
メールの確認をしているという状況です。

後はメールが届く時期の勘違い。
特に契約した時と料金が発生してからが勘違いしやすいです。

1ヶ月目がいつなのか、そこから何ヶ月目にメールが来るのかの確認もしましょう。

GMOとくとくBBのキャッシュバックの受け取り方法

では実際にキャッシュバックの案内メールが来ない、見つからないと口コミでも
かなり有名なGMOとくとくBBの場合を見てみましょう。

キャッシュバックのメールが来ない、と思われるときの状況はいろいろ考えられますが
やはり多くの場合は確認するメアドが間違っているようです。

それに大量のメールに埋もれてしまって見つからない。
メール配信をやめたらキャッシュバックのメールも来なかった。

後は単純にキャッシュバックのメールが来る時期を忘れてしまったということも。
それぞれの状況の対処方法も考えてみることにします。

カレンダーなどに記入しておく

キャッシュバックの口座指定メールはGMOとくとくBBの場合11ヶ月後に届きます。
これまでの期間が長いので忘れやすいという口コミも多く見られました。

そこでカレンダー、スケジュール帳などにキャッシュバック受け取りができる時期を
記入しておくという方法です。

まあ11ヶ月先になるとほとんどの場合は来年のカレンダーが必要になります。
でもスマホなどのスケジュール管理なら十分にできる範囲です。

いつも使うパソコンのカレンダーに記入しておくなど忘れないように記載しておく
というのが効果的な方法です。

メールの転送サービスを使う

GMOとくとくBBでは新規加入人作ったとくとくBB会員専用メールアドレスに
キャッシュバックの口座指定メールが届きます。

こちらのメアドはメーラーに設定することが出来ず、わざわざWEBメールとして
公式サイトからアクセスする必要があるというとても使いにくいメアドです。

メールを確認するのも大変なので公式サイトからメールの転送サービスを使って
いつも使っているメアドに転送してもらうという方法もおすすめです。

会員サイトから転送先のメアドを指定すればGMOとくとくBBのメアドに届いた
メールを指定したメアドまで転送してもらえます。

ただこちらの問題点はGMOとくとくBB会員のメアドにはGMOからのお知らせ
というか宣伝メールが大量に届きます。

多い時には1日に数通のメールが届くので毎日かなりのメールを確認することに
なってしまうというデメリットも。

この大量の宣伝メールが届くのはキャッシュバックの確認メールを気付かせなくするため
という意見の人もいるほど大量のメールが届くのです。

まあ元々1日に大量のメールを確認している人ならあまり問題ないと思いますが。
WEBメールでの確認よりもこちらの方がまだやりやすいと思います。

使っているメールによっては迷惑メールに送られてしまう場合も

メール転送をする場合、使っているメールサービスによってはやはりメールが
届かないという事態になる場合も。

それはGMOとくとくBBからのメールが迷惑メール扱いになっていて通常の
メールボックスに届いていないという場合もあるためです。

GMOとくとくBBからくるメールのドメインが一般的な.jpや.comではないので
フリーメールなどでは迷惑メールと判断されてしまうことも。

迷惑メールの受け取りを拒否している、すぐに消去してしまうという設定なら
GMOとくとくBBからのメールが届かなくなってしまいます。

この場合はGMOとくとくBBのメールドメインと迷惑メールの除外設定するなど
対策が必要になります。

特にYahoo! などのフリーメールを使っている場合は迷惑メールに振り分けられる
ということが多いようなので注意が必要です。

本当にキャッシュバックメールが来ないならお客様センターに相談

11ヶ月を過ぎてもGMOとくとくBBからメールが来ない、受信ボックスを探しても
メールが見当たらないというならGMOとくとくBBに確認をしてみましょう。

公式サイトからお客様センターに相談するという項目を選ぶとメールで
お客様センターと連絡をすることが出来ます。

こちらにキャッシュバックについてのメールが来ない、と相談してみます。
もしまだメールが送信されていなければ後どれくらいで発送されるか教えてもらえます。

すでにメール送信がされているなら記載内容と同じものがお客様センターからの
メールで記載されるのでそこから口座指定の手続きを行うことができます。

電話に関しては繋がりにくいという口コミも多いのですが、こちらはメールでの
やり取りができるので多少はストレスが無いかと。

GMOとくとくBBからのキャッシュバック確認メールは月末に届く

実際にGMOとくとくBBからキャッシュバック確認のメールがいつ届くのかを
調べてみました。

色々な口コミを見てみると早い人でも月の中頃、16日にGMOとくとくBBからの
振込口座指定のメールが届いたという報告がありました。

ただこれはかなり稀な方で、多くの口コミでは月末近くに届いたという報告です。
しかも中には11ヶ月目の末日の23時くらいに来たという口コミも。

振込口座の指定は期限があり、翌月末日までに講座の指定が必要とありますので
12ヶ月目の頭に確認するほうが良いという意見にも賛成です。

11ヶ月目に毎日メールを確認するよりも12ヶ月目の頭に確認すればメールがあるはず。
そこから手続きをしても有効期限内にはできるはずです。

まあGMOとくとくBBから本当にキャッシュバック確認のメールが来ていれば
という前提なのですが。

12ヶ月目頭からお客様センターに連絡をしても有効期限には間に合うと思います。
キャッシュバックの確認メールは月末のほうがお多いということを覚えておきましょう。

キャッシュバックの権利がなくなっていないか確認

今回は特に口コミなどで評判の悪かったGMOとくとくBBのキャッシュバックの
受け取りメールについて確認してみました。

でも他のプロバイダでもやはり同じで、キャッシュバック確認のメールが来ない
と思ったらまずは届くメアドの確認と送信時期の確認をしましょう。

どこのメアドあてに来るのか、勘違いしているということも多くあります。
ただしそれ以前にキャッシュバックの条件を満たしていないということも。

最近では少ないのですが指定の有料オプションに加入していない。
気をつけるのは月額料金の支払いが滞っていないか。

プロバイダによってはキャッシュバックまでの期間、月額料金の支払いの遅延があった
というだけでもキャッシュバックの受け取りができなくなります。

当然ですが月額料金の未払いがあればキャッシュバックを受け取る権利が無くなります。
口座指定のメールは絶対に来ません。

キャッシュバックの条件や受け取り方法は再確認するようにしましょう。

質問サイトでもメールの送信時期が気になる

質問サイトを見てもキャッシュバックの確認メールがいつ届くのか、気になっている
という方を見かけました。

まあキャッシュバック口座の入力には期限があるので焦る気持ちもわかるのですが
メールはプロバイダによっていつ送られるのかが大きく変わります。

特にGMOとくとくBBでは月のはじめに送られることはまずありません。
12ヶ月目まで待つくらいの気持ちのほうがいいと思います。

ただしメールが届くアドレスを間違えないようにしましょう。
プロバイダによって届くメアドの設定が違うので、いつものメアドに届く場合も。

そして本当に届いていないならプロバイダに確認をしましょう。
電話以外にもメールやチャットでサポートしてくれるところは多くあります。

高額キャッシュバックのキャンペーンなら受け取りができないときのダメージは
かなり大きくなります。

勘違いがないようにしっかりと受け取り方法やメールの宛先などを確認しましょう。

WiMAX2+のキャッシュバックでAmazon商品券がもらえる?

WiMAX2+新規加入特典としてAmazon商品券がキャッシュバックされる

ちょっと前まではWiMAX2+のプロバイダでは多くのところでキャッシュバックの
キャンペーン特典が展開されていました。

新規加入特典として新規ユーザーを増やすためのキャンペーンが展開されていて
その特典として高額キャッシュバックを受け取ることが出来ました。

最近ではかなりキャッシュバックキャンペーン自体が落ち着いていて、一部の
プロバイダのみのキャンペーンとなっています。

でもまだ高額キャッシュバックを行っているプロバイダもあり、新規加入特典は
WiMAX2+プロバイダ選びにはとても重要な要素になっています。

そんなキャッシュバックキャンペーンの中にAmazonの商品券でのキャッシュバックが
利用できるという噂があるのですが・・・

実はプロバイダのキャンペーンではなく、独自サイトからの加入をした場合に
利用できる特典としてAmazon商品券でのキャッシュバックがありました。

公式サイトではないところのキャッシュバックは本当に使えるでしょうか。
それにAmazon商品券のキャッシュバックが使えるのはどこのプロバイダなのか。

対応しているのはBroad WiMAXというサイトでした。

Broad WiMAXは月額料金が安いことで注目のプロバイダ

まずはBroad WiMAXについて詳しく確認してみましょう。
こちらはWiMAX2+提供のMVNOとしてはそれなりに注目されています。

特徴としては他のプロバイダよりも月額料金が安いこと。
最初の2ヶ月間だけを見れば月額2,726円です。

これはギガ放題プランという月間データ通信容量の制限なしプランなのですが
全く割引のない月額料金は4,880円です。

これだけを比べるとかなり安く使えるというプロバイダに思えるのですが
実際には3ヶ月目から24ヶ月目までは3,411円です。

更にBroad WiMAXは3年契約のみなので25ヶ月目から36ヶ月目までの月額料金も
必要になります。

まあそれでも割引があり、月額4,011円で利用できるのですが。
確かに月額料金は安く、お得に感じる利用料金です。

でも問題点として謎のコスト、初期費用があるというデメリットも。
こちらを無料にするキャンペーンも確認してみます。

初期費用無料には有料オプション加入が必要

Broad WiMAXの説明では通信関係の安定性を高めるために初期費用として
18,857円が必要になるそうで。

ちなみに他のプロバイダでも必要になる契約に関する事務手数料3,000円とは
別のコストで、Broad WiMAXでも事務手数料は必要です。

他のプロバイダにはない初期費用ですが、キャンペーンとして無料になります。
ただし条件としてはクレジットカード契約必須、有料オプション2個の加入があります。

有料オプションはMy Broadサポート月額907円と安心サポートプラス月額550円。
一応加入時のみ確認なので契約後すぐに解約しても初期費用無料は適応されます。

でも安心サポートプラスには無料期間がないのですぐに解約しても550円がかかります。
当然解約しなければ毎月月額料金の支払いが必要です。

それにBroad WiMAXは数少ない口座振替対応のWiMAX2+プロバイダですが
口座振替では初期費用無料が適応されません。

月額料金が安い、という宣伝の割にはコストが非常に多く安くならないという印象の
プロバイダでした。

Amazon商品券はWiMAX比較.comというサイトの特典

公式サイトでは行っていないAmazon商品券のキャッシュバックですが、これは
WiMAX比較ナビというサイトが行っているキャッシュバックです。

公式サイトからではなく、WiMAX比較.comが開設している特別サイトからの加入で
もらえるようになるキャッシュバックということです。

一応特設サイトを一度通ってから公式サイトに接続されているので加入申し込み自体は
Broad WiMAXの公式サイトで行っているようです。

そして特設サイトを使ってBroad WiMAXに加入した場合のキャッシュバックは
Amazonギフト券で10,000円分をもらうことができます。

公式サイトではキャッシュバックを行っていないBroad WiMAXですが、こちらを使うと
10,000円というかなり大きなキャッシュバックがもらえます。

確かにキャッシュバックがない、と言われていたBroad WiMAXとしては選ばれやすい
というメリットは有るのですが。

このAmazonギフト券のキャッシュバックについても確認をしてみましょう。

キャッシュバックまでの時間は最短

こちらのキャッシュバック、特徴としては受け取りまでの時間がとても短いということ。
他のプロバイダのキャンペーンと比べてもすぐに受け取ることができるのです。

ではどのようにしてキャッシュバックを受け取るのか、受け取り方法を確認します。
基本的には普通のBroad WiMAXへの加入申し込みと同じです。

特設サイトを通してBroad WiMAXへの加入申し込みをするのですが、その時に
連絡用にメアドを登録します。

申込確認や端末発送確認などの連絡メールがこちらの登録したメアドに届きますが
WiMAX比較.comからの申し込みメールも届きます。

メールにはAmazonギフト券に関するURLが貼り付けてあるので、そちらから
ギフト券キャンペーンへの申し込みをします。

その後、サイトがBroad WiMAXへの加入確認が出来た時にAmazonギフト券の
番号が書かれているメールが同じメアドに届きます。

そのギフト券番号を自分のAmazonアカウントで入力すればAmazonの買い物で
使えるポイントが10,000円分加算されています。

最短即日、遅くても3日後にはAmazonギフト券の番号が届きますので、入力すれば
すぐにでも買い物に利用できます。

キャッシュバックとして即日受け取りというのは最短だと思います。

Amazonアカウントがないと使えない

すぐに使えるというメリットは有るのですが、基本的にAmazonでの買い物に
使うことが出来るというポイントでのキャッシュバックです。

まあAmazonの取扱アイテム数はとても多いのでなにか買い物をする時に使えば
ほとんど現金と同じ感覚で使えるのは嬉しいところです。

ただAmazonのアカウントが必要で、ポイントを現金にすることは出来ません。
Amazonアカウント作成に料金はいりませんが手続きは必要です。

今までもAmazonでの買い物をしている人には何の問題もないのですが
買い物をしたことがないという人にはちょっと使いにくいかも。

WiMAX2+に加入するのだから、これからネット通販の利用頻度も高くなる
と考えるならアカウントを作っても問題ないと思います。

Amazonギフト券と言っても商品券のような現物が届くわけではないので
そこは注意しましょう。

JP WiMAXでもAmazonギフト券のキャッシュバックがある

ちょっと調べてみるとAmazonギフト券でのキャッシュバックを行っているのは
他のプロバイダでもありました。

それがJP WiMAXというプロバイダです。
あまり聞いたことがないのですがかなり新しい新規参入プロバイダのようです。

しかもこちらのJP WiMAXでは公式にAmazonギフト券のキャッシュバックを
展開していました。

つまりWiMAX比較.comのサイトを通らなくてもAmazonギフト券の受け取りが
できる様になっています。

まあ受け取り方法などBroad WiMAXと同じでメールで届くURLにアクセスして
Amazonギフト券キャンペーンの申込をする必要があります。

ついでに受け取りも同じで加入確認後に入力コードが書かれたメールが来るので
それをAmazonアカウントに入れるというのも同じです。

全く同じキャンペーンを行っているJP WiMAXとはどんなプロバイダなのか。
提供されているサービスを確認してみましょう。

月額料金がそれなりに安いJP WiMAX

JP WiMAXで提供されているのはギガ放題プラン3年契約のみ。
7GB上限のライトプランは選べませんでした。

月額料金は最初の3ヶ月は2,800円、3ヶ月目から24ヶ月目は3,500円です。
25ヶ月目から36ヶ月目までは4,100円となっていました。

月額料金だけを見るとBroad WiMAXよりも少し高いという印象です。
まあ月額4,880円に比べるとずいぶん安くなっているのですが。

そして事務手数料3,000円の他には初期費用などもなく、端末代金も0円でした。
端末送料も無料なので初期にかかるコストはかなり安いと思います。

ただちょっと気になることもありました。
特に途中解約の場合は注意が必要になりそうです。

解約違約金が高く、端末は実質0円

3年契約のみのプランですが、途中解約した場合の違約金が高くなっていました。
1年未満で解約すると違約金が30,000円必要です。

通常3年契約の違約金は高いところでも19,000円なのでかなり高額の違約金が
必要になってしまいます。

しかも1年後から3年目までも違約金が25,000円とかなり高額です。
一般的には3年目は解約しても9,500円の違約金です。

更に端末0円と説明されていますが、月額料金からの割引があるので実際には
毎月1,600円の支払いが行われています。

まあ端末は2年未満の契約で解約した場合には返却すれば未払い分の料金を
請求されません。

2年以上契約してから解約した場合も返却の必要がありません。
ただそれなら端末0円ではなく実質0円購入と説明して欲しいところですが・・・

途中解約のリスクがとても高いという印象のJP WiMAXでした。

途中解約しないならJP WiMAXのほうが加入しやすい

Broad WiMAXとJP WiMAXはどちらもAmazonギフト券がもらえるキャッシュバックを
利用できるプロバイダです。

同じキャンペーンなので、このキャンペーンを使う時にどちらを選べば良いのか。
私個人の感想としては加入しやすいのはJP WiMAXです。

Broad WiMAXは初期費用が高く、無料にするために有料オプションの加入が必要で
かなり面倒くさいという印象です。

JP WiMAXの場合は途中解約のリスクはありますがキャッシュバックの条件には
有料オプションの加入などもありません。

選べるプランが少ないというデメリットもありますが、単純にギガ放題プラン以外を
選ぶ必要な無いかなと考えられるのであまり気になりませんでした。

キャッシュバックに関しては他のプロバイダのほうがおすすめしやすい

Amazonギフト券という珍しいキャッシュバックを行っているプロバイダですが
単純にキャッシュバックという特典を考えると他のプロバイダのほうがおすすめです。

確かに受け取りまでの時間が早く、受け取り方法の失敗も少ないというメリットは
あるのですがAmazon限定のポイントのキャッシュバックです。

家電量販店のポイント加算とあまり変わらないという印象なので、買い物以外に
あまり使いみちがないというのは正直厳しいです。

口コミやユーザーの質問サイトを見てもキャッシュバックに関する質問は
そのほとんどが高額キャッシュバックを行っているプロバイダについてです。

回答者もAmazonギフト券のキャッシュバックをおすすめする人は見かけません。
やはりちょっと使いにくいところがあるかと。

それにBroad WiMAXとJP WiMAXもあまりおすすめしやすいプロバイダではなく
実際にキャンペーンでもっと安く月額料金を抑えられるプロバイダがあります。

つまりキャッシュバックが微妙で月額料金も最安値ではないというかなり微妙な
キャンペーン特典になってしまっているのです。

受け取りが難しくなりますが高額キャッシュバックが利用できるプロバイダ。
3年間ずっと月額料金が変わらない安いけどキャッシュバックがないプロバイダ。

おすすめしやすいのはこのどちらかのキャンペーンを展開しているところです。