Broad WiMAXで利用できるキャンペーンにはどんな物がある?

Broad WiMAXのキャンペーンは基本的に他のプロバイダでも行われているもの

WiMAX2+の申込みをする時にどこのプロバイダを選ぶのか、とても悩むところです。
プロバイダによっては色々なキャンペーン展開もしているので、お得に使える場合も。

特に現金キャッシュバックは色々なものに使えるのでとても魅力的なのですが
その分だけ適応条件が厳しいなど気になる所も。

ほとんどのプロバイダでキャンペーン展開をしているのですが、その中で気になるのは
Broad WiMAXというプロバイダのキャンペーンです。

こちらのプロバイダは月額料金がとても安いことで有名なのですが、そこが
行っているキャンペーンにはどんな物があるのでしょうか。

ちょっと調べてみると、確かに多くのキャンペーンがBroad WiMAXでも展開されて
お得に使えるように見えました。

でもちゃんと調べてみると、どこでも行われているようなものがキャンペーンとして
宣伝されているという印象でした。

しかもプロバイダのキャンペーンではキャッシュバックが見当たらない、と
お得感ではちょっと他のプロバイダよりも少ない気もします。

Broad WiMAXのキャンペーン内容を詳しく調べてみたいと思います。

初期費用が無料になるキャンペーン

まずはBroad WiMAXで行っているキャンペーンの内容を確認していきます。
とても目立つ特典ではこの初期費用無料というキャンペーン特典があります。

Broad WiMAXではどんなプロバイダでも必要になる事務手数料の他に独自の
初期費用というコストが契約時に掛かります。

これが18,857円とかなり高額なことでも有名ですが、この初期費用が無料になる
というキャンペーンが展開されています。

これを適応させるだけで最初にかかる大きなコストが大幅節約されることに。
ただし適応には条件があります。

WEBからの申込みでクレジットカードでの月額料金支払いを申し込むこと。
2種類の有料オプションに加入することが条件です。

端末代金0円キャンペーン

WiMAX2+回線はモバイルルーターと言われる電波でインターネット接続をする
持ち運び可能なWi-Fiルーターを使って通信をしています。

プロバイダに契約するとこのモバイルルーターという端末を購入するのですが
その端末代金が0円購入できるというのがこちらのキャンペーンです。

スマホの場合を考えるとキャリアと契約した場合、スマホ本体端末を分割購入して
その月間支払料金を割引するという購入が一般的です。

この場合は実質0円購入と言われますが、Broad WiMAXの場合は端末本体の料金が
0円で購入できるのです。

つまり分割購入が終わるまでは自分の端末ではないということもなく、途中解約の場合も
端末本体は手元に残ることになります。

最新端末でも本体価格0円で購入できる、というキャンペーン内容です。

違約金負担キャンペーン

WiMAX2+回線は基本的に複数年契約で、契約期間は最近では3年が主流です。
この契約期間の途中で解約した場合に解約違約金を取られることになります。

まあWiMAX2+の場合はモバイル通信なので引っ越しをしても使える場合も多いので
あまり途中解約になることも少ないのですが。

でもBroad WiMAXでは現在使っている他社のWiMAX2+回線から乗り換えた場合に
そのプロバイダに支払う違約金を肩代わりしてくれるという特典を展開しています。

例えばキャッシュバックをもらって、後は月額料金が高い状態のプロバイダから
Broad WiMAXに乗り換えたいという場合にもこれなら損をしません。

こちらのキャンペーンを使えばBroad WiMAXの事務手数料も0円になるという
特典も使えるのですが、違約金の上限は19,000円となっています。

端末を分割で支払っている場合、その端末の未払い代金も違約金には含まれないので
注意しましょう。

他のプロバイダでも普通にやっているキャンペーンが多い

プロバイダとして展開しているキャンペーンの内容はこのようなところです。
改めて見てみると、どの特典も他のプロバイで行われているという印象でした。

違約金の肩代わりというのはちょっと珍しい感じですが、Broad WiMAXのオリジナル
という感じでもありません。

端末代金0円はかなり多くのプロバイダで展開していますし、初期費用無料に関しては
他のプロバイダでは初期費用自体がありません。

この様にそれぞれのキャンペーンにもちょっとした注意点が見つかりました。
そこでキャンペーン適応の注意点を確認してみることにしましょう。

初期費用無料キャンペーンの注意点

Broad WiMAX独自のコスト、初期費用が無料になるキャンペーンは適応すれば
他のプロバイダと同様の契約時のコストに戻すことができます。

この初期費用があるとBroad WiMAXで契約して3年間で支払う金額の合計が
他のプロバイダよりも高くなってしまう可能性はとても高いのです。

月額料金の安さを利用したいなら是非ともこの初期費用は無料にしたいのですが。
問題点としては口座振替では適応されないことがあります。

最近ではWiMAX2+プロバイダの多くが契約時にクレジットカードでの支払いが
必須となっています。

つまり契約する時にクレジット番号を入れないと契約が出来ないのです。
現在口座振替に対応しているのは3つのプロバイダのみです。

その3つのうちの一つがBroad WiMAXなのですが、そこで契約する場合に
謎のコスト初期費用がかかるというのはちょっと・・・

ちなみに他に口座振替を行っているのはUQ WiMAXとBIGLOBEです。
初期費用がかかるならこちらで契約したほうが支払総額は少なくなります。

更に諸費起用を無料にするためには有料オプション2種類の加入も条件です。
安心サポートプラス月額550円とMy Broadサポート月額907円です。

一応これらのオプションは加入時に選択されていれば初期費用無料の適応が
できるということなので端末が届いたらすぐに解約しても大丈夫です。

結構条件が厳しく、余計なコストがかかるというのが初期費用無料キャンペーンの
注意点です。

端末0円キャンペーンの注意点

端末0円キャンペーンは特に条件もなく、Broad WiMAXで取り扱っている全ての
端末で適応することができるキャンペーンです。

現在Broad WiMAXで取り扱っている端末は全部で3種類。
W05とWX04とL01sです。

ホームルーターのL01sを始め、各製造会社の最新端末も対象になっているので
キャンペーンとしては問題ないと思います。

ただ、現状WiMAX2+のプロバイダで端末本体価格0円を行っていないという
プロバイダのほうが少ないです。

まあ実質0円購入というプロバイダもあるので、本体0円が普通とは言いませんが
やはりBroad WiMAX独自のキャンペーンという印象ではありません。

最新端末のW05で使えるのは嬉しいのですが、それも他のプロバイダと同じです。
キャンペーンとして宣伝をする必要もないと思いました。

違約金負担キャンペーンの注意点

他社の解約違約金を負担して乗り換えができる、というのはたしかに魅力的です。
他社でキャッシュバックを受け取った後に乗り換えれば月額料金が安くなりますし。

解約違約金の上限も19,000円と一応最大の違約金支払いまで対応できるので
すぐに解約した場合でもユーザーの負担は最小限にできると思います。

注意点としてはこちらも新規加入になるので初期費用の18,857円が必要なこと。
これを無料にするにはクレジットカードでの支払いが必要なことです。

違約金負担キャンペーンで乗り換えた場合でも初期費用無料キャンペーンを使える
ということですが、当然条件は同じなので有料オプションの加入も必要です。

他社の解約違約金を負担してもらっても、それと同じかそれ以上の金額になる
初期費用を支払うなら結果として同じです。

初期費用無料キャンペーンも一緒に使わなければBroad WiMAXに乗り換える
メリットが無いので注意しましょう。

プロバイダ以外のキャッシュバックキャンペーン

もう一つ、Broad WiMAXではプロバイダが行っている以外のキャンペーンが
展開されていました。

それが特定サイトからの申込みでAmazonの商品券がもらえるという
キャッシュバックキャンペーンです。

商品券の金額は1万円分とかなり高額です。
しかもAmazon商品券なので使える商品はとても種類が多いです。

というかAmazonで取り扱っている商品の購入に使えるので、ほぼ現金と
同じ扱いができると思います。

Broad WiMAXではキャッシュバックキャンペーンがない、と言われていましたが
プロバイダの公式サイト以外を使えばキャッシュバックを利用することができるようです。

WiMAX比較.comと提携しているサイトからの申込みでキャッシュバック

Broad WiMAX公式のキャンペーンではありませんが、特定のサイトと提携して
Amazon商品券のキャッシュバックを行っているようです。

ちなみに提携しているのはWiMAX比較.comというサイトです。
Amazon商品券キャッシュバックに関する質問などはこちらに聞かないとわかりません。

一応WiMAX2+の申込みについてはBroad WiMAXのサイトを経由するので
問題なくBroad WiMAXのキャンペーンも併用できます。

つまり初期費用無料のキャンペーンを適応させないと普通に初回請求額に18,857円が
加算されるというわけです。

ちなみにキャッシュバックの条件は特定サイトから申し込みをするだけ。
他に条件もなく、端末が届いた次の日にはメールでクーポン番号が送られてきます。

それをAmazonアカウントで入力すればギフトポイントが1万円分加算されます。
それはAmazonでの買い物で自由に使えるポイントです。

当然ですがポイントを受けるためにはAmazonアカウントが必要です。
こちらのキャッシュバックを使うならアカウントも作っておきましょう。

初期解約制度はBroad WiMAX独自のキャンペーンではない

Broad WiMAXのことを調べていてちょっと気になったことがありました。
それが初期解約制度についてです。

通信販売などの購入時には一定期間の間に購入商品を返却して契約解除ができる
クーリングオフという制度があります。

ただこのクーリングオフは通信回線の契約申し込みには対応できませんでした。
そこで通信関係の契約に使える制度が出来ました。

それが初期解約制度です。
単純にインターネット回線のクーリングオフと思っていただければ。

Broad WiMAXの紹介サイトの中にはこの初期解約制度がBroad WiMAXの
キャンペーンの一つのような書き方をしているところがありました。

まあ確かにBroad WiMAXでは公式サイトでも初期解約制度について説明しているので
こちら独自のシステムと言う印象もあります。

ちなみに他のプロバイダではあまり初期解約制度を説明しているところがありません。
まあ普通は「解約できますよ」と宣伝はしないのですが。

この制度を使えるのはBroad WiMAXだけではない、ということをしっかりと
覚えておきましょう。

初期解約制度を使うための条件

初期解約制度を使うためには条件があります。
いつでも好きな時に解約ができるというわけではありません。

名前のとおりに初期だけ解約のために負担をかけないようにする制度です。
利用開始から8日以内にキャンセルの意思表示をする、というのが条件です。

WiMAX2+の場合は端末が届いてから実際にWiMAX2+回線を使えるようになって
8日目以内にプロバイダに解約の意思表示をします。

この時に初期解約制度を利用する、と伝えないと普通の解約手続きを取られます。
違約金が19,000円請求されるので注意しましょう。

また初期解約制度は意思表示を8日以内、ではなく解約手続きの終了が8日以内
ということになります。

プロバイダによっては手紙、書面での申し込みが必要という場合もあるので
郵送の時間がかかることも気をつけなければいけません。

Broad WiMAXの場合は確認措置ではなく端末の返却

初期解約制度を利用する場合、端末の支払いにも適応されるという状況があります。
これを確認措置と言いますが、Broad WiMAXの場合は端末は返却が必要です。

基本的にはスマホなど、キャリアの契約と同時に購入した端末の支払い義務のキャンセル
という意味が強い制度が確認措置です。

スマホの場合は電波が届かない、販売員の説明不足で解約することが確認できれば
購入する端末のキャンセルも無償で行えるという制度です。

まあこの場合は確認によっては端末購入後の利用価値がある、と判断されれば
端末購入のキャンセルは出来ないのですが。

ただBroad WiMAXの場合は端末本体0円購入をしています。
そのためか初期解約制度を使う時には端末と付属品は全て返却が必要です。

返却ができない場合は支払いが必要になるので、必ず付属品を含めた全てを
返却するようにしましょう。

キャンペーンではないがBroad WiMAX独自のサービスが店舗受取り

キャンペーン特典、というわけではないのですがBroad WiMAXでは独自の
珍しいサービスも提供しています。

それが端末の店舗受取りサービスです。

通常のWiMAX2+プロバイダではWEB申し込みなら2~3営業日後か随時
端末発送をする、つまり郵送でモバイルルーターが届くという形です。

プロバイダによっては即日発送をしてくれるところもありますが、即日発送でも
自宅に届くのは翌日以降です。

基本的にはBroad WiMAXも即日発送が一番早い方法なのですが、申込みの時に
店舗受取りを希望すると営業所での受け取りができるのです。

普通に店舗の展開をしているわけではないので受け取りセンターという専門店舗での
受け取りということになります。

そして受け取りセンターは東京に2店舗、渋谷と秋葉原。
埼玉の大宮に1店舗と大阪の梅田に1店舗の合計4店舗の展開がされています。

申し込み手続きが当日受け取りセンターの営業時間内に終われば、そのまま店舗で
端末の受け取りが可能です。

つまりどんなプロバイダよりも早い当日受け取りが可能なのがBroad WiMAXです。

まあ当然受取可能な時間内に受け取りセンターに行けなければ当日の利用は出来ません。
元々受け取り時間外の申込みなら翌日営業時間から受取可能です。

店頭受取の方法

では実際に店頭受取をする方法を確認してみましょう。
店頭受取をするためには申し込みの時点で店頭受取を希望する必要があります。

WEBからの申し込みをすると利用する端末や契約プランなどを決めてから
契約者の情報入力画面になります。

この個人情報入力画面に店舗受取りを希望する、という項目があるのでここに
チェックをしてから申し込みをします。

受取店舗なども間違いなく選ばれているかを確認しておきましょう。
後は契約完了のメールが来るのを待つだけです。

Broad WiMAXへの加入手続きが終了すると「お渡し準備完了メール」が届きます。
この後なら店舗での受け取りができるようになります。

ちなみに受け取りの時に店舗でモバイルルーターの開通手続きなどがあるので
15分程度の時間がかかります。

あまり受け取りセンターの営業時間ギリギリに行くと余計な時間がかかる可能性も。
できれば余裕を持って受け取りセンターに行きましょう。

店頭受取の注意点

店頭受取にも色々な注意点があるのですが、店頭受取を希望して5日間受け取りに
行かない場合は契約手続きをした住所に郵送されます。

この時に郵送手続きのメールも届くので確認しておきましょう。

それと口座振替でも店頭受取はできるのですが、口座振替に対応しているのは
秋葉原受け取りセンターのみです。

渋谷と大宮、梅田では口座振替で店頭受取が出来ないので注意しましょう。
当然ですが口座振替の場合は当日受け取りが出来ません。

まあこれは口座の審査があるので申し込み当日に審査結果がでない関係上
どうにも出来ないのですが・・・

それとBroad WiMAXで行っているタブレットPCセットキャンペーンを
使った場合も店頭受取が出来ません。

受け取りセンターでもらうことができるのはあくまでもモバイルルーター端末のみで
タブレットPCの受け取りが出来ないようです。

タブレットセットを申し込んだ場合は郵送での受け取りになるので、ある程度の
時間が必要になります。

Broad WiMAXの回線乗換サービス

こちらもキャンペーンとはちょっと違うのですがかなり特徴的なサービスがあります。
それが「ご満足保証」というサービスです。

Broad WiMAX契約中に引っ越しをして、移転先でも使おうと思っていたら速度が出ず
使いにくくなったので固定回線に乗り換えたい。

屋外での利用をメインに考えていたけど予定が変わり室内でネットを使いたいので
Broad WiMAXを解約して固定回線に乗り換えたい。

そんな状況の時にBroad WiMAXの解約違約金を払わずに固定回線など他の
インターネット回線に乗り換えができるというサービスです。

利用条件はBroad WiMAXの契約者で、乗り換え先はBroad WiMAXがおすすめする
回線を選ぶこと。

フレッツ光のコラボモデルなども多く、固定回線への乗り換えを考えるなら確かに
お得になりそうなサービスです。

ただしちょっと気になることも・・・

基本的にはBroad WiMAXからの申込みなのでキャンペーンに期待が出来ない

Broad WiMAXから乗り換えができる回線は光回線を含めてソフトバンクの
ホームルーターなど8種類の回線から選べます。

まあWiMAX2+回線を解約してLTEのポケットWiFiを契約するということは
あまり考えられないのですが。

光回線もソフトバンク光、So-net光、auひかりと色々な回線から選んで契約が
できる様になっています。

ただしこれらの契約は全てBroad WiMAXからの紹介ということになります。
つまり通常のWEB申込みではないのです。

これらの光回線は新規加入申し込みで色々なキャンペーンを展開しています。
場合によっては光回線の工事費無料などの特典も利用できた時期がありました。

それらのキャンペーン特典はこの方法では利用することが出来ません。
プロバイダによってはできると思いますが、かなり厳しい状況です。

つまり普通に解約して違約金以上のキャッシュバックをもらって新規契約をしたほうが
お得になるという可能性も。

それに他の回線契約をしてから8日以内に更に別の回線に乗り換えると
無料になったはずのBroad WiMAXの解約違約金が請求されます。

細かい条件もあるようなので、こちらの乗り換えキャンペーンを使う方法は
あまりおすすめできないと感じました。

Broad WiMAXのキャンペーン特典の利用方法がわからない

知恵袋を見てみると多くのユーザーがBroad WiMAXの違約金肩代わりの
キャンペーンの利用方法を質問していました。

確かにわかりにくいと思うのですが、それはBroad WiMAXに確認を取るほうが
確実だと思います。

乗り換えた後に必要書類の提示を求められて、質問サイトでの書類を見せたら
肩代わりしてもらえなかったということも考えられます。

まあBroad WiMAXはサポート電話に繋がりにくいという評判も多いのですが。
これはちゃんとBroad WiMAXに確認を取るべきだと思います。

それに多くの方が月額料金の安さに魅力を感じているようですが、それも
初期費用の支払いを0円に出来た場合です。

初期費用を払った場合、他のプロバイダのキャッシュバックや月額料金割引のほうが
支払総額が安くなるという状況です。

Broad WiMAXの場合は利用できるキャンペーンを全て上手に使ってこそ安くなる
という印象のプロバイダです。

キャンペーンの適応条件の確認をしっかりとして、ちゃんと適応させることが
Broad WiMAXを使う場合の注意点だと思います。

Broad WiMAXってプロバイダの評判はどう?

Broad WiMAXは月額料金の安さが魅力でサポートに不満が多い

モバイルルーターは今とても注目されているインターネット通信の一つです。
屋外でも気軽にインターネット接続ができるようになるアイテムとして人気です。

テレビCMでも多く見る事ができるようになり、知名度も上がってきて多くの
プロバイダからサービス提供が行われるようになりました。

特にWiMAX2+回線はかなり多くのプロバイダから提供されている回線なので
どこのプロバイダを選ぶのかはとても重要になります。

プロバイダによってサービス、というか月額料金などの違いがあるので
お得なプロバイダで契約するとかなり便利に安く使えることができるようになります。

そんなWiMAX2+提供プロバイダの一つ、Broad WiMAXはかなり安い月額料金が
魅力のプロバイダなのですが・・・

このBroad WiMAXの評判はどうなのでしょうか?
実際に使ってみたユーザーはBroad WiMAXをどう思っているのでしょうか。

ちょっと調べただけでも意見は色々で、確かに安く使えるという意見もあるのですが
サポートに不満を持っているという意見も多く見られました。

そんな意見を確かめるためにBroad WiMAXについてもっと詳しく確認して
評判を確かめてみることにしました。

Broad WiMAXの月額料金は業界最安値クラス

まずはBroad WiMAXというプロバイダの特徴について確認していきましょう。
大きな特徴としては月額料金が業界最安値クラス、と宣伝していること。

実際に月額料金を確認してみると、確かに契約してから2ヶ月分くらいの
月額料金は2,726円とかなり安い金額で使うことが出来ます。

現在では少なくなりましたが、WiMAX2+のプロバイダはキャッシュバックを
展開している所も多くありました。

新規加入特典としてキャッシュバックを受けられるという魅力があるのですが
Broad WiMAXでは現在キャッシュバックを行っていません。

その代りに月額料金がとても安く、その魅力に惹かれてBroad WiMAXを選ぶ
という人も多いようです。

Broad WiMAX独自の初期費用がかかる

もう一つ特徴的なものとしてはBroad WiMAX独自の初期費用というコストが
新規加入時に必要になります。

他のプロバイダでも回線契約をするので事務手数料3,000円が必要になります。
これはBroad WiMAXに限らずどこのプロバイダでも同じです。

でもBroad WiMAXの場合はこれに加えて初期費用18,857円が必要になります。
一応キャンペーンの適応で初期費用無料という特典もあるのですが・・・

はっきり言って何に使われるのか分からない初期費用というコストがかかるので
この部分はちょっと評判が悪いです。

当然返却されるなどありませんし、支払うならせっかく安い月額料金の魅力も
あまり無くなってしまいます。

Broad WiMAXを使うならこの初期費用をどうするかが大きな問題になりそうです。

契約期間は3年間限定

最近ではかなり多くのプロバイダが行っているのですが、WiMAX2+回線の契約期間が
3年間限定になっています。

Broad WiMAXも昔は2年契約が出来たのですが、現在は3年契約のみ取り扱いを
行っている状況です。

これに関してはWiMAX2+で現在2年契約ができるところのほうが少ないので
Broad WiMAXの特徴というわけでもないのですが。

人によっては「2年契約が出来ないことが嫌」という意見もあったので一応
Broad WiMAXの特徴として書いておきます。

Broad WiMAXは口座振替に対応している

こちらも最近少なくなっているのですが、支払い方法に口座振替を選ぶことが
できなくなっています。

まあWiMAX2+回線の特徴として契約してからすぐにインターネット接続ができる
という魅力があります。

当然インターネット回線に接続するためにはモバイルルーター端末が必要になり
端末はWEB契約なら郵送されることになります。

でも郵送するには契約が終了、または支払い方法の確定が行われないと
端末発送が出来ないというプロバイダは多いです。

そこですぐに端末発送をするために支払い方法の確定がすぐにできる
クレジットカードでの支払いに限定するプロバイダも増えています。

口座振替だとどうしても口座の審査があるので時間がかかり、最短でも
1週間近くの期間が発送までにかかるということに。

今では口座振替に対応しているプロバイダはかなり少なくなっていますが
Broad WiMAXはそんな口座振替対応プロバイダの一つです。

クレジットカードを使いたくない、持っていないという人にはとても嬉しい
Broad WiMAXの口座振替への対応です。

Broad WiMAXの評判を確認してみる

大体の特徴がわかったところで、実際にBroad WiMAXへの評判について
確認をしてみることにしましょう。

大まかに口コミ評価などを調べてみると、やはり最初のとおりに月額料金が安い
という意見が多く見られました。

その他にも細かな意見は多くあるのですが、サポートに関しての不満を言う人も
多く見られました。

こちらも際し余に調べたとおりですが、やはりサポートに関する不満を持つ人は
とても多くありました。

まあその分Broad WiMAXに加入したことがある人も多い、ということかも。
ただしサポートダイヤルに関する不満はかなり多いようです。

それぞれの評判について詳しく見てみることにしましょう。

月額料金が安いから契約期間中の支払総額が安くなる

キャッシュバックはとても魅力的なのですが、もらうまでに時間がかかります。
そして受け取り方法を間違えるともらうことが出来ません。

特に講座の指定をしなければいけないのですが、その指定する期間が決まっていて
それを過ぎると権利が失効するというプロバイダが多くあります。

お得なキャッシュバックを受け取ることが出来なかった場合、それは大きな
ダメージになりトータルの支払総額にも影響があります。

それを考えるとBroad WiMAXのように月額料金が安くなるプランを選ぶほうが
簡単にお得になる、という意見が多く見られました。

確かにキャッシュバックと違ってBroad WiMAXの場合、通常の月額料金が
安くなるので何もする必要がありません。

契約の時点で将来的な支払総額が安くなる方が簡単で便利です。
そういう意味ではBroad WiMAXの月額料金割引はとても魅力的だと思います。

実際に使ってみて月額料金が安いことに評判がいいというのもよくわかります。

サポートダイヤルに繋がらない

もう一つの意見が「サポートダイヤルに繋がらない」ですが、こちらも多くの
ユーザーが口コミで書いていました。

とにかく繋がらない、電話で待たされることが多いという意見が多くかなり評判が
悪いという印象です。

理由として考えられるのが、以前はオプションの解約にもサポートダイヤルに
連絡をする必要があったためという意見も。

単純にモバイルルーターのトラブルだけではなく、オプションとして加入した
契約の変更なども全てサポートダイヤルでの対応でした。

現在では一応会員専用サイトでのオプション解約などもできるので多少は
混雑が解消されていると思うのですが・・・

ただ、何度もWiMAX2+回線を乗り換えながら使っているという人の意見では
他のプロバイダに比べてもBroad WiMAXは電話が繋がりにくいようです。

インターネット初心者でサポートが必要と思う人におすすめしにくいというのが
正直な感想です。

Broad WiMAXの初期費用について

Broad WiMAXの特徴的な「初期費用」についても評判を聞いてみました。
こちらもやはりかなり評判が悪くなっていました。

まあ確かに他のプロバイダでは無い出費が必要、というのは評判も悪くなります。
しかもその徴収理由がイマイチはっきりしないというのも・・・

一応プロバイダでは説明文章なども発表していますが、他のプロバイダでは
必要ない出費をさせられるというのはどうにも嬉しくはありません。

ただ現在はキャンペーンとしてこの初期費用0円特典の利用ができるという
サービスも行われています。

初期費用がなくなればトータルコストは月額料金が安い分だけBroad WiMAXの
魅力もとても高くなります。

ただしこの初期費用無料キャンペーンの適応条件がまたちょっと問題ありのようで。
条件を詳しく確認してみましょう。

口座振替では初期費用無料にならない

まず初期費用無料特典の条件としてWEB申し込み限定でクレジットカードでの
支払いを希望しているユーザー、とあります。

つまりBroad WiMAXの特徴の一つ、口座振替に対応しているという特徴が活かせない
キャンペーンということです。

WEB申し込み限定というのは普通のことなので良いのですが、支払い方法が
クレジットカード限定というのは厳しいところです。

更に指定の有料オプションへの加入、という条件もあります。
こちらも有料なので不満を持つ人も多い原因になっています。

指定されているのは2種類のオプションで、安心サポートプラスと
My Broadサポートの2種類です。

まあこちらは契約してからすぐに解約をしても問題ないので必要なければすぐに
有料オプション解約手続きを取りましょう。

ただし申込みの時にこれらのオプション加入をしないと初期費用が無料にならない
ということには注意が必要です。

初期費用の受け取り方でBroad WiMAXの評判が変わる

一応キャンペーン適応ができれば初期費用は0円になります。
でもこの初期費用の考え方が人によって大きく違うというのが興味深いところです。

人によっては最初から0円にできるコストをわざわざユーザー負担にする理由が
わからない、それを割引してもお得に思えないという意見がありました。

確かに他のプロバイダでは払わなくても良い料金がBroad WiMAXにあって
それを割引してもお得に思えないという意見には賛成できます。

でも別の人の意見では「キャンペーン適応ができれば18,857円がなくなるのはお得」
という評価をしている人もいました。

こちらの考え方ではプロバイダを利用するためにかかる費用がキャンペーン適応で
なくなるならそれは費用負担の分だけお得になる、という印象のようです。

つまり初期費用がある事自体に不満がある人は評判が悪くなり、初期費用の割引が
適応されることに納得できる場合は評判が良くなるようです。

まあ私の意見としては初期費用のような余分なコストがなく月額料金を安くしてくれる
プロバイダが一番いいと思います。

Broad WiMAXは解約違約金が高い

Broad WiMAXの評判を調べていて気になったのが「解約違約金が高い」という評判で
実際にどれくらいなのかを調べてみることにしました。

Broad WiMAXは3年契約のみの取り扱いなので基本的に3年未満で解約する場合には
契約解除手数料という料金が発生します。

これが契約からの日数で変わって、契約から12ヶ月以内に解約した場合には19,000円
というかなりの高額料金が発生します。

一応一般的なWiMAX2+プロバイダの場合は違約金が9,500円程度と言われています。
これに比べると確かにかなり高いという印象です。

ちなみに13ヶ月目から24ヶ月目までに解約した場合は違約金14,000円になります。
25ヶ月目以降に解約した場合9,500円の違約金となります。

キャンペーン違約金が発生する場合もあり

Broad WiMAXの解約違約金を見ると確かに一般的と言われるプロバイダの解約金では
高いと思います。

ただこの違約金の金額はBroad WiMAXだけが採用しているわけでもなく、他にも
これくらいの金額の違約金が必要になるプロバイダはあります。

だから良い、というわけではないのですがBroad WiMAXだけが高いわけではないので
違約金が高いという評判になる理由とは思えません。

そこで更に調べてみると、実際に途中解約した人の口コミでは違約金が3万円近く
支払わされたという意見がありました。

1年以内に解約してもそれほど高くないのに、そんな違約金になった理由を探してみると
キャンペーン違約金が発生した可能性というのがわかりました。

Broad WiMAXの会員規約にあるのですが、キャンペーン適応した人が2年以内に
契約解除した場合はキャンペーン違約金の9,500円を請求するとありました。

多分ですが初期費用0円割引のキャンペーンを適応させた場合に2年以内の契約解除を
行うとこのキャンペーン違約金が発生する、ということではないでしょうか。

確かに通常の違約金に加えて、キャンペーン違約金も請求されるならBroad WiMAXは
解約違約金が高いと思います。

初期契約解除制度を上手に使う

今では全国的にかなり広い地域で使えるWiMAX2+回線なら引っ越しなどでも
回線解約をしなくて済むというメリットもあるはず。

それでも契約してすぐに解約が必要というのは回線接続が出来ないなど使えない
という状況になっているからだと思います。

確かにネット接続できない回線に料金を支払い続けるのはもったいない話です。
でもそんな時には初期契約解除制度を使いましょう。

初期契約解除制度とは簡単に言うとクーリングオフのインターネット回線契約版です。
クーリングオフ制度の対象にはインターネット回線が含まれていません。

でも実際に消費生活センター等に寓せられる意見が多く、ネット回線でも使える
クーリングオフと同じ制度が出来ました。

それが初期契約解除制度です。
8日以内なら解約違約金を支払わずに契約解除ができます。

WiMAX2+回線のピンポイント測定などで回線状況を確認した後でも、電波の関係上
周囲のビルなどの位置によって電波が届かないという状況になる場合もあります。

その時には契約書面の受領日を初日とする8日目までに解約の意思を相手に伝えると
無償で解約手続きができる、という制度です。

こちらは改正電気通信事業法で決まっているのでプロバイダはどこでも適応させる
義務があるのです。

8日間というかなり短い期間制限がありますが、違約金が高いプロバイダなら
これらも上手に使うようにしましょう。

3年契約しか出来ないBroad WiMAXは不利か?

Broad WiMAXの評判の中に「3年契約しか出来ないので不満」という意見があり
確かに2年契約をしたいという意見にも賛成できます。

ただ3年契約しか出来ないことは2年契約ができることに対してそれほど大きな
不利になるのでしょうか?

選択肢が少ない、という意味では魅力がないと言えます。
ただ3年契約というのはそれほど大きなデメリットになるか、と言われると・・・

3年契約が不利な理由として多く見られたのが最新端末に乗り換えるタイミングが
変わってしまうという意見です。

現在WiMAX2+対応端末は大体2年周期で新作の発表があります。
今まではその新作発表のタイミングで乗り換えをする人が多くいました。

WiMAX2+プロバイダの場合は新規加入のキャンペーン特典として最新型でも
端末本体0円購入というのが一般的です。

つまり2年契約なら最新端末が発表されたタイミングで乗り換えができて
すぐに最新端末を使えるようになる、ということのようです。

でも現状は1つ前の端末でも十分にネット接続が出来て、ファームウェアの
アップデートで最新端末と大きく変わらない性能にすることもできます。

最新端末である魅力はあまり感じないのですが・・・
まあ最新端末のほうが性能がいい、というのは間違いないのですが。

端末の発売時期だけを考えるならあまり大きな振りになると思えませんでした。

3年契約をするメリットもBroad WiMAXにはあまりない

ただしBroad WiMAXの場合は3年契約をするメリットもあまり感じなかったというのが
正直な感想です。

他のプロバイダでは3年契約の場合にキャッシュバック金額が増えるなどのメリットが
あるのですがBroad WiMAXの場合は元々キャッシュバックがありません。

ハイスピードプラスエリアモードというauのLTE回線に接続するオプションが
無料で使えるという特典がありますが、これは他のプロバイダでも行われています。

ちなみにハイスピードプラスエリアでのネット接続をすると通信量にかかわらず
その月の支払いに1,005円が加算されます。

このオプション料金が無料になるのはたしかに魅力的ですがハイスピードプラスエリアは
パケット通信が無制限ではなく7GB以上使うと速度制限されます。

しかもWiMAX2+回線の月間パケット通信容量上限なしプランを契約していても
WiMAX2+回線がLTE回線と一緒に速度制限されるというかなり厳しいオプションです。

WiMAX2+回線での接続ができないときのサブ回線としてはかなり優秀ですが
こちらをメインにすることはないので、必須のオプションという訳でもありません。

Broad WiMAXの場合は月額料金の割引も少ないので3年契約にする魅力というのも
実はあまりありませんでした。

違約金がかからずに解約できるタイミングは3年に一度

3年契約をする場合の一番のデメリットは違約金が発生せずに解約ができるタイミングが
3年に一度しか無いということです。

基本的にWiMAX2+回線は同じプロバイダを使い続けても大きな魅力がないので
契約期間毎に他のプロバイダに乗り換えるというのが普通です。

使っている端末も3年使えばバッテリーパックもへたってきますし・・・
月額料金の割引などもなくなるので乗り換えはとてもいいタイミングになります。

これが3年契約の場合は3年に一度しかありません。
タイミングを逃してしまうと次に違約金が発生しないのは3年後です。

特にBroad WiMAXは契約からすぐの解約で違約金が高いので解約タイミングを
間違えるとかなり大きな出費になってしまいます。

契約開始月を忘れないことと、契約更新月のタイミングを間違えないこと。
3年契約の場合はこれがとても重要になります。

間違えられないという意味ではかなり不利な状況になると思いました。

違約金負担のお乗り換えキャンペーンは便利

Broad WiMAXが行っているキャンペーンでも特徴的なのが他社のWiMAX2+から
Broad WiMAXに乗り換える場合に解約違約金をBroad WiMAXが負担する特典です。

これが違約金負担のお乗り換えキャンペーン、という特典で他のプロバイダから
Broad WiMAXに乗り換える場合にかかる違約金を肩代わりしてくれます。

他のプロバイダでも当然複数年契約をしている場合には途中解約で違約金が
発生することになります。

それをBroad WiMAXが負担するのでこちらに乗り換えてもらうという
キャンペーン特典です。

乗り換えと言ってもBroad WiMAXには新規加入するので色々な特典を
併用することができます。

しかもキャッシュバックをもらった後なら月額料金が高くなるだけのプロバイダより
Broad WiMAXのほうが月額料金も安くなるという魅力があります。

しかも事務手数料が0円、端末も最新端末を本体0円購入可能とかなりお得な印象です。
ただ注意するべきこともありました。

違約金の負担には上限がある

Broad WiMAXに乗り換えるための違約金なら全て負担してくれる、というわけでもなく
上限が19,000円までと決まっています。

そしてこの負担金額には端末購入代金が含まれないので分割で端末購入をしている場合
分割の残高は自分で支払うことになります。

それにBroad WiMAXの特徴でもある初期費用はやはり必要で、キャンペーンを使えば
0円になりますがこちらもやはりクレジットカード申込みのみ対応です。

どんな状況でもお得になる、と言うわけでもないので契約内容と違約金の金額には
十分に注意をしておきましょう。

質問サイトで見たBroad WiMAXの評判

知恵袋など質問サイトでもBroad WiMAXに関する質問や評判を見られました。
こちらでも安い月額料金から申し込みをしたいが評判が気になる、という人が多いようで。

実際に回答者の評判を見てみると、使っている人だけではないのかあまり良い評判を
聞くことはありませんでした。

まあ使ったことがある人でもサポートダイヤルが繋がらない、というかなりの悪評を
回答している人もいるのですが。

特に以前はBroad WiMAXの加入代理店がかなりあくどい電話勧誘をしたことがあり
その評判が根強く残っているという印象です。

実際に今でも初期費用やその無料キャンペーンの適応条件など不満に感じている
ユーザーが多いというのも事実ですが。

条件さえ整えば月額料金の安さを十分に実感できるけど、それを実感できるのは
かなり限られたユーザーだけ。

これが私のBroad WiMAXについての評判、というところでしょうか。

Broad WiMAXで申し込みをする場合に口座振替は使える?

Broad WiMAXで口座振替の支払いは安くないのでおすすめしない

最近ではかなりユーザーも増えてきたのがモバイルルーターです。
利用可能地域も広くなり、かなり多くのプロバイダでサービス提供されています。

一般的になってきたのと引き換えにサービス提供の便利さから支払い方法に
口座振替が選べるプロバイダが少なくなってしまいました。

理由としてはモバイルルーターは回線工事が必要なく、契約後すぐにインターネットに
接続できるというメリットがあります。

それを最大限に活かすためには契約手続き後すぐに端末発送をすることが必要で
そのためには支払い方法の確定がすぐにできるクレジットカード支払いが便利です。

契約後すぐにインターネット接続ができるという特徴を活かすために多くのプロバイダで
契約申し込みにクレジットカードが必須、という状況になりました。

特にサービス提供しているプロバイダの多いWiMAX2+では、口座振替ができる
プロバイダがとても少なくなってしまいました。

そんなWiMAX2+提供プロバイダで今でも口座振替が使えるのがBroad WiMAXです。
クレジットカードを使いたくないと言うならとても便利なのですが・・・

私個人としては口座振替でWiMAX2+を使う場合にBroad WiMAXはおすすめしません。
理由はあまり安くならないから。

口座振替でもお得に使えるプロバイダは、まだまだ探せば見つかります。
Broad WiMAXをおすすめしない理由を説明したいと思います。

口座振替だと初期費用18,857円が高い

Broad WiMAXの特徴としては月額料金がとても安く、業界最安値クラスという
宣伝もされているほど魅力的な月額料金です。

それはたしかに魅力的なのですが、月額料金以外に何故か初期費用という料金が
必要になります。

他のプロバイダでも回線契約なので事務手数料は必要になります。
これはどこでも3,000円かかるのですが・・・

Broad WiMAXの場合はこの事務手数料の他に初期費用18,857円が必要です。
プロバイダの説明では回線契約に必要な費用ということですが。

一応Broad WiMAXではこの初期費用の料金を割引するキャンペーンも
展開されているのですが、その条件としてクレジットカード支払いがあります。

つまり口座振替で申し込みをすると事務手数料や消費税を含めて2万円以上の
料金がいきなり必要になるということです。

端末発送が代引きで手数料がかかる

Broad WiMAXで口座振替の申込みをした場合にお得にならないのが端末の
発送が代金引換になり、その手数料がかかること。

しかも端末の本体価格自体は0円なのに、この代引きの配送で初期費用と
事務手数料の支払いが必要になることです。

クレジットカードでの申込みなら初期費用はなし、事務手数料も最初の
月額料金引き落としと同時に支払いが可能です。

端末も代引きではないので代引き手数料がかかりません。
口座振替では端末到着と同時にかなり多くの出費があるのです。

支払いが必要という理由のわからない初期費用に加えて代引き手数料までかかる。
かなり理不尽な感じのする口座振替です。

端末の即日発送はクレジットカード申込みのみ

Broad WiMAXの特徴として端末の即日発送ができる、というのがあります。
申し込み当日に端末の発送手続きができるというものです。

WiMAX2+回線は端末が届けばすぐにでもインターネット接続ができるので
端末発送が早ければそれだけ魅力的です。

でも口座振替の場合は口座の審査があるので当然契約した当日に端末発送が
出来ないのです。

つまりBroad WiMAXに限らず即日発送のサービスはすぐに支払い方法の確定が
できるクレジットカード申込みのみです。

まあ口座振替でも完全に支払い方法の確定ができるまで端末発送をしない
というところは少ないので、1週間程度で手元に届く場合は多いです。

Broad WiMAXでもそれくらいの時間がかかると思いますが・・・
即日発送のサービスはクレジットカードでの申込みのときのみのサービスです。

実際に口座振替では他のプロバイダよりお得にならない

一応理由としてはいろいろと考えられるのですが、正直に言うと普通にお得にならない
という理由がとても大きいです。

Broad WiMAXの魅力としては月額料金が安く、お得に使えるというのが契約するときの
大きな理由になるはず。

そのお得になるという理由が口座振替ではなくなってしまうのがかなり大きなダメージで
口座振替のプロバイダとしてBroad WiMAXを選びたくない理由です。

確かに口座振替でも月額料金が変わらず、一見するとお得に使えるように思えます。
でも色々なコストがかかって、実際にお得にならないのです。

では口座振替でBroad WiMAXに加入した場合の支払総額を確認してみます。

口座振替対応は月額最安ギガ放題プランのみ

口座振替に対応しているプランは月額最安ギガ放題プランです。
一応月額最安ライトプランでも対応していますが、今回はギガ放題プランで計算します。

Broad WiMAXでは月額最安ギガ放題プラン以外にもauスマホ割プランの提供が
行われていますが、口座振替に対応しているのはコチラだけです。

契約期間は3年間限定、月額料金も少し変わってきます。
実際に3年間に支払う金額を確認してみましょう。

まず月額料金は端末配送月が最初の1ヶ月目の料金の日割り計算。
2ヶ月目までは月額料金が2,762円です。

その後3ヶ月目から24ヶ月目までは3,411円、25ヶ月目から36ヶ月目までは4,011円
という月額料金になります。

これを計算すると5,524円+75,042円+48,132円の合計128,698円です。
3年間の月額料金だけを考えるとこの料金はかなり安いと思います。

ただしここに口座振替の場合は初期費用18,857円に事務手数料3,000円が加わります。
これが加算されるだけでも150,555円とあまり安くなくなります。

更に口座振替の場合は口座振替の手数料が毎月200円必要です。
これが36ヶ月で7,200円、合計すると157,755円まで上がります。

これに端末の代引き手数料と消費税、それに端末配送月の日割り計算の利用料金も
必要になります。

単純にこの金額の月平均の金額を出してみると約4,382円という計算になります。
他のプロバイダで加入してもこれほどの月額料金にはなりません。

これを考えるとかなり高くなってしまうので、私としては口座振替でのBroad WiMAXへ
加入申し込みをすることにあまり賛成出来ないのです。

口座振替対応のプロバイダが少ないのも事実

ただ現状としてWiMAX2+提供プロバイダに口座振替を行っているところが少ない
という事実もあります。

口座振替を使いたい時に選ぶことができるプロバイダが限られてしまうこと。
その中で月額料金を考えるとBroad WiMAXという選択肢になる人も多いのかと。

実際に大手プロバイダでも口座振替に対応しているところは少なくなっています。
特にWiMAX2+回線の支払いはクレジットカード必須というプロバイダもあります。

大手プロバイダになるとWiMAX2+以外にもインターネット回線接続サービスを
提供しているところは多くあります。

フレッツ光などの提供をしているプロバイダがWiMAX2+も提供しているという
場合も多いのですが、このフレッツ光は口座振替可能という場合も多いです。

最近までWiMAX2+でも口座振替を行っていた@niftyはフレッツ光の提供も
行われていますが、光回線の支払い方法には口座振替を選ぶことが出来ます。

でもWiMAX2+は2017年で口座振替の対応を終了しています。
現在は@niftyでWiMAX2+に加入する場合はクレジットカードが必須です。

今後もこのようなプロバイダが増えることは予想できるので、今でも口座振替に
対応しているBroad WiMAXは実はとても貴重なのかもしれません。

UQ WiMAXの口座振替での月額料金を確認してみる

今でも口座振替に対応しているプロバイダの月額料金を比べてみることにします。
UQ WiMAXで口座振替での申し込みをした場合の月額料金を計算してみます。

UQ WiMAXの特徴としては口座振替でもWEBサイトから申し込みができること。
一般的に口座振替の場合は必要書類の提出があるので郵送が基本です。

でもUQ WiMAXなら本人確認書類の写しなど全てをWEB上で行えます。
つまり免許書のコピーなどが必要ないのです。

そのために端末発送までの時間が他のプロバイダの口座振替よりも早く、最短では
3日後には発送されるということです。

プランに関してはBroad WiMAXと同じギガ放題プランの3年契約で計算します。
端末はW05を選んだ場合で計算してみます。

端末をW05にするのは他の端末の場合、UQ WiMAXではキャッシュバックの対象に
なっているためにちょっと金額が変わるためです。

ちなみにWX04ならキャッシュバックが5,000円、ホームタイプのL01sなら1万円の
キャッシュバックが行われています。

では実際にUQ WiMAXで3年契約をした場合の料金がどうなるのか。
計算してみることにしましょう。

UQ WiMAXで3年契約を口座振替で申し込んだ場合

まず月額料金ですが最初の3ヶ月は3,696円です。
日割り計算などされず課金開始日を含む月が1ヶ月目となります。

つまり月のはじめに申し込みをするほうが日数の無駄なく使えるということでしょうか。
契約期間は37ヶ月、3年後の契約した月までが契約期間になります。

3ヶ月過ぎた後は37ヶ月目まで月額4,380円です。
まずはこの月額料金だけを計算してみます。

11,088円+148,920円の合計160,008円が月額料金の合計です。
ただしこちらは端末代金が別に必要になります。

UQ WiMAXの場合は端末代金が本体0円ではなく割引されて800円です。
そして端末発送が代引になり、代引き手数料はユーザー持ちです。

それと事務手数料が必要なので3,000円かかります。
端末代金と事務手数料を加算すると163,808円になります。

ちなみにUQ WiMAXでは口座振替の手数料がかからないというメリットがあります。
つまり3年間の支払総額はこれに消費税と代引き手数料だけです。

月平均を出してみると約4,427円、契約期間が1ヶ月長いので月平均を出してみると
Broad WiMAXとほとんど変わらなくなりました。

つまり月額料金が魅力のBroad WiMAXですが口座振替の申込みではその魅力が
他のプロバイダと変わらなくなってしまうという状態になるのです。

サポートを考えるとUQ WiMAXのほうがおすすめ

月額料金がほとんど変わらないなら私としてはサポートのしっかりとしている
UQ WiMAXをおすすめします。

Broad WiMAXでもサポートダイヤルはあるのですが、あまり評判が良くなく
万が一の時を考えると本家と言われるUQ WiMAXのほうがおすすめです。

UQ WiMAXはWiMAX2+回線を提供しているUQコミュニケーションズが
行っているプロバイダなのです。

回線提供元が行っているプロバイダサービスなので本家、という言い方も確かに
合っていると思います。

最新端末にこだわらなければキャッシュバックも利用できるのでUQ WiMAXのほうが
口座振替でも申し込みがしやすいと思いました。

もう一つの口座振替対応プロバイダのBIGLOBEも調べてみた

一応現在口座振替でWiMAX2+の申込受付をしているプロバイダがあります。
それがBIGLOBEです。

現在ではこの3社だけがWiMAX2+申込みで口座振替を選ぶことができる
プロバイダなのです。

ということで最後の一つ、BIGLOBEで口座振替の申込をした場合も
確認してみることにしました。

BIGLOBEの場合は口座振替でもキャッシュバックか月額料金の割引を選んで
特典を利用することができる様になっています。

口座振替でもキャッシュバック、しかも15,000円というそれなりに高額の
キャッシュバックが利用できるのはちょっと嬉しいところです。

ただクレジットカードでの申込みならキャッシュバックが30,000円なので
半額まで下がってしまうというのはちょっとさみしい所。

一応月額料金割引もあるので、今回はBroad WiMAX似合わせて月額料金割引での
特典を利用した支払総額を計算してみます。

BIGLOBEの3年間の支払総額

月額料金割引は契約期間3年間で総額4万円以上と説明されていました。
まず契約した月は月額料金が無料になります。

契約プランはBroad WiMAXと同じギガ放題プランの3年契約で端末はW05。
BIGLOBEの場合は3年プランに対応している端末を選んだ形です。

契約した月は月額料金が無料、翌月が1ヶ月目になります。
そして2ヶ月目までの月額料金は3,145円とかなりやすくなっています。

3ヶ月目から24ヶ月目までは代引き手数料と端末代金の割引が含まれて
月額3,830円になります。

25ヶ月目から36ヶ月目までは長期割引のみで月額4,380円です。
合計金額を計算してみます。

6,290円+84,260円+52,560円の合計143,110円となりました。
これに事務手数料3,000円と端末代金4,800円がかかります。

更にBIGLOBEでは口座振替の手数料も必要で、毎月200円が加算されます。
3年間で7,200円となり、その全てを加算してみます。

合計158,110円が3年間の支払総額になりました。
こちらも消費税と代引手数料が別途かかります。

こちらも月平均を出してみると約4,391円とやはりBroad WiMAXとほとんど
変わらない料金になりました。

端末代金が実質0円なので途中解約の違約金が高くなる

BIGLOBEでもBroad WiMAXとあまり変わらない月平均の月額料金ですが
こちらは端末代金が本体0円購入ではありません。

月額料金割引金額の中に端末代金分割支払分の割引が含まれているので
途中解約した場合には未払い分の端末代金の支払いが必要です。

その分の解約違約金が高くなるので注意が必要です。

公式サイトの4万円以上の割引金額という説明も、この端末代金分の割引が
含まれているので実際にはそれほど安くならないという印象です。

キャッシュバックも15,000円なのでどちらが良いか、正直微妙なところですが。
ちなみに受け取りは6ヶ月後なので忘れにくく受け取りもしやすいです。

支払い方法を口座振替に変更する方法

Broad WiMAXに口座振替で申し込みをするのはおすすめできませんが、現在使っていて
支払い方法を口座振替にすると言うならそれほど問題はないかと。

まあ振替手数料の200円が毎月かかるので、せっかく安い月額料金の魅力が少しなくなる
という状態ですが。

支払方法の変更は会員専用サイトから簡単に行うことができます。
会員IDとパスワードで専用サイトにアクセスして、後は契約内容の確認をします。

支払方法の確認から、支払方法の変更を選ぶことができるのでそれを選んだら
確認画面から決定を押して内容変更の送信をします。

後はBroad WiMAXから口座振替に関する書類が郵送されるので、それを記入して
返送すると口座振替の手続が終了します。

口座振替で申し込みをした場合もこの書類での手続きが必要になるので、実際に
端末発送までに時間がかかることになります。

口座振替には審査が必要なので、時間がかかることを覚えておきましょう。

Broad WiMAXは口座振替に対応しているプランが少ない

Broad WiMAXではこの様にWEB上から口座振替の手続きができるのですが
実際に口座振替に対応しているプランがとても少ないのです。

というか月額最安ギガ放題プラン、月額最安ライトプラン以外では口座振替を
選ぶことが出来ません。

現在auスマホ割ギガ放題プランも提供されているのですが、こちらは
auスマートバリューへの加入が必須で、クレジットカード支払いのみです。

つまり支払い方法の変更はできるのですが、口座振替に対応しているプランを
契約していないと変更は出来ないのです。

実際にとても多くのプラン提供をしているBroad WiMAXですが、口座振替では
選択肢はほとんどありません。

この辺りも口座振替でBroad WiMAXをおすすめできない理由の一つです。

クレジットカード申込みならBroad WiMAXはおすすめできる

口座振替でのサービス内容はあまりおすすめできたものではありませんが
クレジットカードで申し込みをするならどうなのでしょうか。

クレジットカードの場合は普通に月額料金が安いプロバイダとしてそれなりに
おすすめしやすいのがBroad WiMAXです。

実際に口座振替とは違って初期費用の18,857円が無くなる可能性もあります。
事務手数料などを代引きと一緒に支払う必要もありません。

月額料金が安いのは事実ですし、他にも選べるプランが増えるというメリットもあります。
クレジットカードならそれほど悪くない、という気もしますが・・・

ただし初期費用がなくなるキャンペーンはちょっと注意が必要になります。
実は必要条件に有料オプションの加入が含まれているからです。

安心サポートプラスとMy Broadサポートの加入が必須

初期費用が無料になる条件としてWEBからの申込み、クレジットカード支払いという
条件以外に有料オプションの加入があります。

申込みの時に指定のオプションに加入するという選択をしていないと初期費用が
0円にならないので注意が必要です。

その加入条件になるオプションは安心サポートプラスとMy Broadサポートの
2種類の有料オプションです。

安心サポートは月額550円、My Broadサポートは月額907円のオプションです。
合計1,457円という中々の月額料金が必要になります。

これらのオプションサービスの内容も調べてみることにしましょう。

安心サポートプラスは水漏れまで含めた端末の保証サービス

安心サポートプラスは端末が故障した場合の保証サービスで、水漏れまで範囲に
含まれているサービスです。

それだけ読むとかなり良心的な保証ですが、実は全ての水漏れに対応できるのではなく
実際はプロバイダの判断に委ねられるのです。

つまりプロバイダが過失ではない水漏れだと判断した場合に修理代金の保証が
行われるということです。

それに通常の保証でもユーザーの加湿による破損などは保証対象外です。
落下などによる破損、故障は対象外になります。

基本的にこの保証では「説明書通りに使っていた時に故障した場合に保証」が
できるというサービスです。

一応水漏れにも対応してくれるのですが、確実に保証できるわけでもありません。
サービス内容としてはちょっと微妙な感じのする保証です。

遠隔操作を含めたパソコンなどのサポートとメールサービスがMy Broadサポート

My BroadサポートはBroad WiMAXが行っているトラブル解決サポートサービスで
同時にセキュリティの高いメールアドレスサービスも利用できます。

トラブルサポートは遠隔操作を含めた解決方法を365日いつでも受け付けることができる
というサポートです。

パソコンに限らず通信関係、インターネット接続などの疑問に対してもサポートを
受けることができるサービスです。

プリンターの接続などインターネット通信に関係ないことでも相談ができるので
パソコン初心者にはかなり安心できるサポートです。

ただ普通にパソコンが使える人には全く意味がないサポートです。
メールアドレスが使えるのは嬉しいですが、普通他のプロバイダのメアドがあるかと。

それに最近ではLINEがメインなのでプロバイダのメアドを使っていないという人も
多く、フリーメールで十分という人にはいらないサービスです。

初心者の方にはかなり安心ができるのでおすすめですが・・・
こちらもかなり微妙な印象がありました。

申込み後解約しても問題なし

ちなみにこれらのオプションサービスは申込時に加入することが条件なので、加入後に
有料オプションの解約をしても初期費用無料の適応がされます。

そして有料オプションは最低利用期間がないので契約後すぐに解約しても問題なく
余計な月額料金を払わないためにすぐに解約しても問題ありません。

まあサポートサービスなので契約を続けても問題はないと思いますが。
ちなみに故障修理はメーカー保証が使えるので1年間は無償修理が可能です。

メーカー保証はどこのプロバイダの契約でも問題なく使えるので、Broad WiMAXで
安心サポートプラスに加入する必要はほとんどありません。

故障のときにも全国のauショップで対応してもらえるので、こちらの持ち込めば
プロバイダに郵送などする時間も省くことができます。

ただしメーカー保証は1年間のみ、安心サポートプラスは契約している間ずっと
保証が受けられるという違いがありますが。

でも安心サポートプラスも利用できるのは半年に一度、保証を受けた後は6ヶ月間
保証の適応が出来ないので注意しましょう。

質問サイトの回答なども確認してみる

Broad WiMAXに関してはかなり疑問を持っている人も多いようで。
質問サイトでも口座振替に関する質問をしている人を見かけました。

そこで回答例も合わせて確認しておくので、疑問の解消に役立ててください。

口座振替の指定口座をWEB申込みで記入しなかったけど?

ネット上では申し込み手続きだけで口座振替に関する書類は後日郵送。
その書類に記入して返送してから審査が始まるので端末発送はちょっと遅い。

Broad WiMAXの初期費用って口座振替では無料にならない?

Broad WiMAXの初期費用が無料になる条件はクレジットカード支払い。
有料オプションの加入も条件だから口座振替では無料にならない。

Broad WiMAXに申し込んだら別の会社から引き落とされたけど?

口座振替では別会社のリンクライフが引き落としを行う。
通帳記入などで記載される引き落とし先は違うので注意。

月額料金の安さに惹かれてBroad WiMAXに申し込みを希望する人も多いのですが
初期費用がかかるというデメリットは十分に注意が必要です。

まあ口座振替に対応しているプロバイダ自体が少なくなっているのも事実ですが。
色々とお得に使えるプロバイダやその方法を調べることをおすすめします。